ひよっこネタバレあらすじ8週45話46話【向島電機の業績不振

ひよっこネタバレ8週45話46話の内容です。

ひよっこの8週 45話と46話を簡単にネタバレします。

楽しみにしていた海水浴ですが、当日は生憎の大雨でしたが、
みね子達は映画を観て、その後晴れ間が出始めたため
海に行き、その日を満喫します。

一方、米屋で働く三男は何とかお盆休みを取り、奥茨城村に帰省します。

それぞれのお盆休みを終えて、夜風の冷たい秋になった頃。

向島電機の業績不振により、みね子達はお給料を
下げられてしまうことになります。

三男の帰省に喜びながらも、美代子や君子の前では
その態度をどうするのか、柴田さんのきよの演技が楽しみです。

一方で、物語は悲しい展開に進んでいこうとしているようです。

では、ひよっこ 8週 45話のネタバレです。
************************

お盆休みになり、みね子達が楽しみに計画していた海水浴当日。

その日は残念ながら朝から土砂降りの雨でした。

落ち込む面々でしたが、海水浴の代わりに映画『ウエストサイド物語』を
映画館で観て休みの日を過ごすことにしました。

映画を楽しんだみね子達が映画館を出ると空は晴れてきていました。

幸子が今から海に行くのはどうかと提案し、みね子は
その夏の一日を思い切り楽しむのでした。

その頃、三男は奥茨城村に帰省する日を心待ちにしていました。

米屋の店主の善三と娘のさおりは三男の帰省に難しい顔をしていましたが、
何とか三男はお盆休みを取って、奥茨城村の実家へと向かうのでした。

ここまでが45話のネタバレで、

次から46話になります。
**************

どうにかお盆休みを米屋から取ることができた三男は、
奥茨城村に帰ると早速、美代子にはみね子の近況を、
君子には時子の近況をそれぞれ報告しました。

みね子も時子も地道に元気で頑張っている子供達のことを聞かされ、
美代子と君子は涙を浮かべながら三男ときよにお礼を言うのでした。

そして月日は流れ、季節は秋になりました。

そんなある日、みね子達が動揺する事態が発生します。

向島電機が業績不振に陥ったことにより、向島電機で働く
みね子達のお給料が下げられてしまったのです。

不安な気持ちを抱きつつも、この苦境を懸命に働いて乗り越えようと
みね子達は前向きに誓い合うのでした。

*********************

ここまでが、ひよっこ 8週 45話と46話のネタバレでした。

感想:

ネタバレにあるように、ひよっこ 8週45話と46話では、
お盆休みに計画していた海水浴は残念ながら実行されませんでした。

しかしながら、仲間と映画を観たり、その後ではありますが、
海に行ったりと、みね子達は楽しい思い出をたくさん作ることでしょう。

今まで様々な困難を乗り切ってきたメンバーだからこそ、
大切な友情が芽生えたのだと思います。

しかし、彼女らに待ち構えるこれからの悲しい展開。

少しずつお別れの時が近づいてきているようです。

一方で幼馴染みトリオの中で唯一、三男だけがお盆休みに帰省します。

奥茨城村に帰省した三男に母のきよはどんな態度をとるのでしょうか。

また、三男からみね子と時子の様子を聞かされた美代子と君子によって
涙を誘われる回になりそうですね。