ひよっこネタバレ7週41話42話【三男が時子に告白

ひよっこネタバレ7週41話42話の内容です。

ひよっこの7週 41話と42話を簡単にネタバレします。

時子を励ますために、三男は捨て身の言葉を時子に投げ掛けます。

きっと三男に感動させられること間違いなしでしょう。

幼馴染みトリオが再会を果たしている頃、奥茨城村でも、
3人の母親達が谷田部家に集結し、それぞれの子供達の話をしながら、
涙を流すのでした。

お母さん達の子供を思う姿に感動しそうな回になりそうですね。

では、ひよっこ 7週 41話のネタバレです。
************************

前回に続き、みね子が時子に元気になってもらいたいために
計画したことで、みね子、時子、そして三男の幼馴染み3人は、
みね子と時子の仕事がお休みの日曜日に日比谷公園で
再会することになりました。

みね子が時子を励まそうと三男を呼び出したことも、
三男がどうにかこうにか休みを取ったことも、
みね子と三男は時子には黙っていました。

しかし時子は、2人が自分を心配してくれているという
優しい気持ちを全部わかっていました。

時子は幼馴染みの2人に心から感謝します。

そして、夢を諦めかけそうになっている時子に対して三男は、
時子は女優になれっこないから、夢などさっさと諦めて俺の嫁になれ、
と挑発します。

三男は時子にこれを言えば、再び夢に向けて奮起すると
思ったからです。

しかも、時子が奮起すれば自分と結婚する道が絶たれるかもしれないことも
承知で時子を応援したのです。

そんな自分の恋心よりも時子の夢を応援しようとする三男の姿勢に、
みね子は感動するのでした。

ここまでが41話のネタバレで、

次から42話になります。
**************

みね子、時子、三男の幼馴染みトリオが久しぶりの再会を
果たしていたのと同じ頃、舞台は変わって奥茨城村に暮らす
3人の母親達は谷田部家に集まっていました。

3人の母親達はそれぞれの我が子のことについて話していました。

時子が幼い頃にしたイタズラのこと、三男が東京の職場で
苦労しているだろうけれども、手紙にはそのことを一切書かず、
心配させないように元気でやっていると書かれていたこと。

そして、のんびりしていて決してしっかり者ではなかったみね子が、
今では谷田部家の大黒柱である父に代わって立派に谷田部家の
生活を支えるために働いていることを話します。

美代子、君子、きよの3人の母親達は、それぞれの
子供のことを思い、涙を流すのでした。

*********************

ここまでが、ひよっこ 7週 41話と42話のネタバレでした。

ネタバレにあるように、ひよっこ 7週41話と42話では、
幼馴染みトリオが再会を果たします。

三男はお米屋さんからどの様にして休みをもらうのか、
楽しみですね。

そして、時子に対する三男の叱咤激励。

聖火リレーの開催を兄に交渉した時と同じくらい、
もしくはその上をいく三男の格好良い姿が描かれるのではないでしょうか。

いつか時子と結ばれると良いなと思いながら、三男を応援したいと思います。

一方で、奥茨城村に舞台は移り、3人の母親達が子供達のことを
話し合っています。

どんな昔話が出てくるのでしょうか。

そして、もうお馴染みになってきたきよの三男を思っての
涙を見ることができそうです。