おんな城主直虎大河 ネタバレ36話予想【政次生きてる・霊で再登場?!

直虎大河ネタバレ36話予想の内容です。

現在、大河ドラマ直虎では35話までのネタバレが公開されています。

大河ドラマ直虎では、小野政次が亡くなり、直虎は意気消沈しています。

しかし、小野政次が亡くなるところは南渓和尚しか見ておらず、
処刑シーンも放送されないようです。

そのため、小野政次が実は生きているのではないかという説も
出ています。

 

そこで今回は、

・小野政次が死んでから35話までの気になるシーン

・政次が生きている可能性もあることを踏まえての36話予想

・虎松の話も36話以降関与するので虎松と家康との出会いについて

をまとめて大河ドラマ直虎 36話を
ネタバレ予想していきたいと思います。

37話以降でも高橋一生さんの再登場を待ってる反響は大きいですよね!!

では、大河ドラマ直虎 36話のネタバレ予想です。

************************

小野政次が死んでから35話までの気になるシーン

まずは政次が処刑されるまでの流れを紹介します。

徳川に向けて弓が放たれたことで、直虎か政次のどちらかか、
両方に騙されたと怒る近藤康用。

近藤に嵌められたことを悟った直虎は政次をどうにか逃がします。

実際は、井伊を手に入れたい近藤康用の自作自演でしたが、
近藤康用は直虎を牢に入れて、我々は騙されたと家康に言い張ります。

家康はすぐに掛川を攻めなければならず、井伊谷の出来事には
構っていられなかったため、直虎達のことは、近藤康用に任せました。

その頃、城から逃げた政次は、隠れ里にいました。

政次はなつに膝枕してもらうと、直虎や直親との思い出を語ります。

そして、なつは政次がこれから何をしようとして、もう戻ってこないことが
分かってしまいました。

政次はなつに優しく微笑み、それが永遠の別れとなりました。

一方、南渓は龍雲丸に頼んで直虎を助け出し、政次と直虎の2人を
気賀に逃亡させようとしますが、直虎が龍雲丸によって助け出される前に、
政次が直虎を助けるために近藤康用を襲い捕まってしまいます。

政次は自分から捕まりに来たようです。

政次は、自分が直虎を騙していたと語り、直虎は解放されました。

その後、政次のところへ直虎に頼まれた龍雲丸が助けにやってきますが、
龍雲丸が政次を逃がそうとしても政次は断りました。

自分と直虎だけが助かりたいなら逃げることはできるが、逃げれば、
井伊の者達の血が流れるからです。

しかし龍雲丸は納得できず、政次に井伊のために誰よりも奔走したのは
政次なのに、このまま井伊を乗っ取った挙句、罪人として裁かれても良いのか、
と怒ります。

すると、政次は笑みを浮かべながら、忌み嫌われ井伊の仇となることが
小野の本懐であるため、おそらく自分はこのために生まれてきたと答えます。

この言葉を聞いた龍雲丸はそれ以上、何もできませんでした。

龍雲丸の話を聞いた直虎は、飛び出して行こうとしますが、龍雲丸に止められます。

龍雲丸は直虎に、政次はそうしたくてしている、政次の井伊とは直虎のことで、
直虎を守ることを選んだ。だから、本懐だと言えるのだ、と伝えます。

龍雲丸の言葉に涙を浮かべた直虎のところに南渓が訪れて、
政次が磔にされることを知ります。

そして南渓は直虎に「せめて、ここで経でもやって読んでやってくれ」と言い残すと去っていきました。

しばらくして政次は牢から連れ出されます。

頭には直虎との思い出が駆け巡り、共に碁盤の前で策を練っていた
日々を政次は懐かしみます。

もうじき、陽の光の下で打てるようになると、碁盤の前で
最後に交わした直虎との会話を思い出し、目を閉じて
幸せな日々の空想を描きます。

そして政次は目を見開き、しっかりとした足取りで歩きました。

南渓が立ち去ってから、井戸端で直虎は一心に政次のためにお経を唱えていました。

すると突然、強い風が吹き、一粒の雨が落ちた瞬間、
直虎の数珠が切れます。

直虎は、もう政次がこの世にいないのだと予感しました。

ここまでが、政次が亡くなるまでの流れで、次からは、
政次が亡くなってから35話までの政次に関するシーンです。

南渓に命じられ、昊天と直之は隠し里の者たちに事の顛末を伝えます。

義兄は本望だったと、やっぱり一番政次のことを理解しているのはなつでした。

その後、政次の死が認められないと精神崩壊していた直虎のもとに、
政次の辞世の句が届きます。

『白黒をつけむと君を独り待つ 天伝う日ぞ楽しからずや』

これを聞くと直虎は正気を取り戻します。

その後、昊天はこの歌の意味を、「あの世でゆるりと待っておるゆえ案ずるな」
と話しています。

直虎のもとに、隠し里にいる皆から手紙が届きます。

亥之助と直久は、小石を拾ってきて地面で碁を打ち始めますが、
2人の碁はとにかく進まず、考えてばかりで高瀬にまでバカにされてしまいます。

進まない理由は、2人とも政次に碁を教えてもらっていたため、
2人の手筋が同じだったからでした。

そのことが分かったなつは泣き崩れ、皆も泣きましたが、
全員が嬉しさも感じた。

その後、これまで避けてきた政次の話を皆ができるようになり、
政次のモノマネまでしている。

政次は亡くなっても皆の心に生き続けているのでした。

ここまでが、小野政次が亡くなってから35話までの政次に関するシーンでした。

政次追悼CD
▼NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 緊急特盤 鶴のうた Soundtrack

初回仕様のみ、透明三方背スリーブ仕様、写真集ブックレット封入

≫「おんな城主 直虎」 緊急特盤 鶴のうたサントラここから視聴も全曲可

☆購入した人のレビュー
政次が家臣に真相を明かし、家臣がそれに応える場面。
あのシーンにグッと来た人はこのアルバムは買いでさあ。

amazonさんの試聴では分かりやせんが、
収録曲の三曲目『おんな城主』の後半は、正にあのシーンに流れた曲。
おいらぁ番組を見ていてあのシーンのあまりのカッコ良さに不覚にも落涙してしまいやした。
セリフも良ければ演技も良い。そして、音楽も最高の選曲。
あの場面を思い出しながら、もう一度この曲を聴けば感動に包まれること請け合いでさあ。

近年稀に見る名キャラクターとなった小野但馬守政次。そしてその役を完璧に演じた高橋一生。
退場は胸をえぐられる程に残念ですがね、せめて、この音楽集を聴きながら
その死を悼みつつ、存分に思いにふけることに致しましょうや。

▼大河直虎サントラ
大河ドラマのサントラはハズレが全くございませんね。特に今年はピアノが中心のメインテーマで、作曲した菅野よう子さんは、
「花は咲く」で音楽が気に入り、初回の放送で、この曲目も素晴らしいと思いました☆♪

ずっと聞きたい、完成度の高い、永久保存版の作品ですね☆♪と評判です!!

≫NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の巻 ニィトラ サントラ全曲聞くにはこちらから

≫おんな城主 直虎 完全版 第壱集 [Blu-ray]

≫今までの大河ドラマサントラ全曲はこちらから聴けます

 

政次が生きている可能性もあることを踏まえての36話予想

悲しい結末となりますが、物語では政次がどのように死んだかは
詳細に分かりません。

ただ1人、政次の最期を見ている南渓が、その後も詳細に語らないことから、
実は、まだ大河ドラマ直虎では、小野政次が生きているかもしれません。

 

 

その可能性を2つ紹介します。

①史実による怨霊説

史実で小野政次が処刑された後、「小野但馬守政次の怨霊が出た」という
風評が広まっていて、「無実の罪で殺されたから怨霊になった」と裏を返せば
こんな風にも受け取れます。

そして政次の怨霊を鎮めるために、実際に二宮神社の境内に
政次を祭神とした但馬社が建立されています。

怨霊というのをドラマの中でうまく使うとするならば、
実は政次はまだ生きていて、死んだと思っている人達が
政次の姿を見かけて、怨霊と勘違いしたということに使えそうです。

 

 

②あらすじから読み取る。

井伊の南渓和尚がしきりに言う「答えは一つではない」という言葉には、
何か奥深い意味がありそうです。

政次が死んだというのは一つの答えではあります。

政次は「直虎のために死ぬこと」を本懐としているわけで、それも答えの一つです。

しかし、南渓和尚の言う「答えは一つではない」となれば、
直虎を生きて守るという方法もあるのではないでしょうか。

実際に公開されているネタバレでは、政次が処刑される描写は、
刑場まで歩いていくところまでです。

南渓は直虎も誘いますが、直虎は拒否したため、処刑場まで行って
政次が死んだところを見ているのは南渓だけなのです。

その後も南渓は、政次の最期を語ることもありません。

そして何より処刑されるのは、敵も味方も騙し続けた政次です。

騙してこそ小野、騙してこそ政次なのです。

その後も直虎に政次の辞世の句が届いた時にその話を止めさせるのも、
南渓和尚でした。

そのため、知恵者である南渓が政次が生きていることを
隠している可能性もあるかもしれません。

36話のネタバレ予想としては、生きていた政次がこっそり登場する
というのに期待したいですが、どうでしょうか。さすがに死んでいて霊としてでてくるとか夢にでてくるまでが現実的ではあると思いますが…

政次と出会ってこんな直虎の顔がみたいですね!!

 

本当に生きていたとしても、最終回近くに登場とかになってしまうのでしょうか。

また、36話のネタバレ予想としては、直虎と龍雲丸の恋も
描かれるかもしれません。

ただ身分違いの恋となるので、あまり幸せな展開にはならないような
気はしてしまいますね。

 

そして、35話で龍雲丸は仲間に井伊で待つとアジトに書き置きしましたが、
仲間はやって来るのでしょうか。

その辺りにも注目したいですね。

 

虎松の話も36話以降関与するので虎松と家康との出会いについて

虎松は成長し名前を井伊直政(菅田将暉)に変える。
15歳になった直政は徳川家康(阿部サダヲ)と運命的な出会いを果たすことになる。
鷹狩に来ていた家康と”偶然”出会うことになる直政。

その後南渓和尚は、井伊家と相談して虎松の母と松下清景を結婚させ、
虎松を井伊家から除籍し、松下清景宅に住まわせました。
井伊直虎は、徳川家康の行動を調べあげ、
15歳になった虎松を徳川家康に会わせる計画を立てます。
鷹狩に出た徳川家康に偶然会わせる計画を立て、
その後徳川家康は虎松を浜松城に呼び出します。
徳川家康は虎松の父、井伊直親と密談した事もあったので、
虎松が、直親の子供だという事を知り、虎松を召し抱える事となりました。

*********************

ここまでが、大河ドラマ直虎 36話のネタバレ予想でした。

政次の死に関するシーンがないため、まだ現段階では本当に
死んだか否かはわかりませんが、政次には生きて直虎を守ってほしいと思います。

できれば36話.37話以降でもで少し顔を見せてくれると安心です。

一方、直虎と龍雲丸の恋の行方はどうなるのか。

そちらも気になります。

 

▼36話の予想ネタバレものせてます。高橋一生さんの再登場期待します↓↓龍雲丸と口づけも…

直虎大河ネタバレあらすじ32話【政次がなつにプロポーズ!結婚?!

直虎大河ネタバレ33話【政次が身代わりで死!本当は生きてるか?

直虎大河ネタバレ34話【政次の最後死-龍雲丸の大怪我-方久裏切り

直虎大河ネタバレ35話【龍雲丸:柳楽優弥とキス恋の予感・直之と再会