直虎大河ネタバレ40話【虎松が井伊万千代に草履番からの抜け出し

直虎 ネタバレ 40話の内容です。

大河ドラマ直虎の40話について簡単にあらすじネタバレします。

虎松が井伊万千代を名乗ることにより、松下家は勿論、
井伊家の者や近藤もよく思っておらず、直虎は虎松に訴えかけますが、
虎松は今は百姓となった直虎に説教されたくないと反論し、
直虎と虎松は喧嘩するようです。

そこへ徳川家の家臣らとともに、家康もやって来たので、
直虎は直接、家康にどうして虎松を井伊万千代という家名にしたのかについて
問いただしました。

一方で万千代は草履番としての職務を全うし、その姿を見ていた家康は、
もうそろそろ草履番は卒業してもいいのではないかと
家臣に話し、万千代に小姓になる道が大きく開けてきます。

しかし、家康はそう簡単には小姓にならせてはくれないようで、
万千代は小姓になるための新たな条件を家康から出されるのでした。

直虎と万千代は井伊のために何かしたいという思いは一緒のようですが、
まだそれぞれのベクトルが合っていないようです。

直虎と万千代の喧嘩する様子はハラハラしながら見守りたいですね。

では、大河ドラマ直虎 40話のネタバレです。

************************

虎松が井伊万千代を名乗るようになったことで、松下家の当主である
源太郎は深く傷つきました。

そして直虎の元には、虎松に松下家を継いでほしかったしのが
怒鳴りこんできました。

さらに直虎は、近藤康用に呼ばれ申し開きをするなど
慌ただしい対応に追われました。

一方、万千代自身は、そんな直虎の苦労も知らずに徳川家の家臣らの名前を覚え、
何とか草履番をうまくこなせるように仕事をしていまいた。

万千代は、どうにかして草履番から早く抜け出そうと必至でした。

そのため、直虎や松下家からの手紙が届いているにも関わらず、
どうせ松下姓になるように書いてあるだけだと思い、開封していません。

それよりも、草履番の仕事を効率的にするにはどうしたら良いか
だけを考えていました。

そして、万千代は棚を設けることを思いつきます。

そんな万千代の元に、松下常慶と直虎が一緒にやってきました。

仕事中だからと話を聞こうとしない万千代に、直虎は、
万千代のやっていることは井伊のためにはなっていないと話します。

近藤は凄まじく怒っていて、六左衛門は松下家に顔向けできない状態だと
直虎は言いますが、万千代は無視し続けます。

それでも直虎が訴えかけるので、万千代は直虎に対して、
もう直虎は当主ではなくただの百姓なのに、どうして自分がただの百姓に
説教されなければならないのかと激しく反論します。

すると、皆に迷惑をかけるものが当主なのかと直虎に言い返され、
直虎と万千代が喧嘩になります。

そこに、徳川家の家臣や徳川家康がやって来て、家康は常慶に
直虎のことを確認して話がしたいと座敷で話すことになります。

直虎は、松下家だけでなく潰れた井伊の者でさえ虎松が井伊万千代を
家名にしたことを喜んでおらず、迷惑だと家康に正直に言います。

そして直虎は、なぜ万千代の言うことを家康が聞いたのか確認します。

 

すると家康は、3つの理由を上げました。

まず1つ目は、これまで直親の助けに応じることができなかった時、
井伊谷に攻め入った時にも力になれなかったからという理由。

そして2つ目の理由は、瀬名の望みを聞き入れたかったため。

最後の理由は、万千代は井伊の家名にした方が武将として
大きく育つ可能性が高いと思ったからだと述べました。

松下家の跡取りとなれば万千代を見る周囲の目は温かいが、
井伊の跡取りとなれば周囲の目は途端に厳しくなってしまいます。

しかし、万千代は厳しければ厳しいほど力を発揮するタイプだと
感じたのだと家康は言いました。

徳川家も大きくなってきたため、様々な家柄の者がいますが、
実力がある者を出世させるという風にしなければ離反が相次ぐので、
万千代をその先駆けにしたいと家康は思っていました。

直虎は、その後の家康の人を大事にする話に感銘を受け、
この主であれば、仕え甲斐のある人物だと思い、万千代のためにも
井伊の家名でいることを了承したのでした。

そして、松下家に万千代の説得がうまくいかなかったことを直虎が伝えに行くと、
しのが再び大声で怒りました。

しののあまりの勢いに、松下家の主人である源太郎は、
井伊の家名を使ったとしても、万千代の父は自分なのだから、
彼の思うように送り出してやりたいとしのをなだめました。

しのは、その話を聞いて突っ伏して泣き、直虎は源太郎に頭を下げるのでした。

一方で万千代は、自分の家でそのようなことが行われていることを
全く知らず草履番の仕事を一生懸命こなしていました。

万千代と万福の活躍で草履はスムーズにいくようになります。

それを見ていた家康は、もうそろそろ草履番は卒業してもいいのではないかと
家臣に話し、万千代に小姓の道が大きく開けてきます。

しかし、それは平坦な道では勿論ありません。

家康が直虎に言ったように厳しければ厳しいほど奮い立つという
万千代の性格を熟知していた家康は、またしてもすぐに小姓にしようとしません。

そして、万千代が小姓になるための新たな条件が提示されることに
なるのでした。

*********************

ここまでが、大河ドラマ直虎 40話のネタバレでした。

大河ドラマ直虎40話のネタバレにあるように、虎松が井伊万千代を
名乗ることになったことで、様々な問題が起きているようです。

中でも、貫地谷しほりさんが演じるしのの怒鳴る姿は必見です。

それをなだめる源太郎の言葉には泣かされそうです。

そして、徳川家康が虎松を井伊万千代にさせた3つの理由がわかりました。

家康は何にも考えていないようで、やはり直虎たちの
何枚も上手な人なのかもしれませんね。

一方で、万千代は日本一の草履番を目指すと宣言していましたが、
その働きぶりが評価され、万千代は無事に草履番から異動になりますが、
まだ小姓にはなれないようです。

次に万千代を待ち受ける条件が何なのか、とても気になりますね。

 

直虎大河ネタバレ41話は