わろてんかネタバレ10週55話56話【月の井団吾を専属役者に-バトルが

わろてんかネタバレ10週55話56話の内容です。

わろてんか10週 55話と56話について簡単にネタバレします。

新しい寄席の買収に成功した藤吉は、人気のある役者に風鳥亭の専属役者に
なってもらいたいと思っていると、風太から稀代の天才落語家である
月の井団吾の話を聞き、絶対に月の井団吾を風鳥亭の専属役者に
引き入れようと決意します。

しかし、人気のある月の井団吾の契約料は驚くほど高く、
てんは他の芸人達のことを考え、藤吉に反対します。

藤吉は1度は諦めたものの、やはり月の井団吾を専属役者に迎え入れることを
諦められず、伊能栞に相談して背中を押された藤吉は、
月の井団吾と契約するための行動を再開。

その様子を見ていた万丈目やキースら風鳥亭の創業当初から支えてきた
芸人達はてんが案じていたように自分達の給料を上げるよう
藤吉に抗議するのでした。

藤吉が風鳥亭のさらなる発展のため、人気のある役者を専属に
探すのはわからなくもありませんが、万丈目達の気持ちもわかります。

両者の思いはどうなるのでしょうか。

では、わろてんか10週 55話のネタバレです。

************************

新しい寄席小屋の買収に成功した藤吉は、今度は人気のある役者を
風鳥亭の専属役者にできないかと考え始めていました。

2軒の寄席で売上を今の倍以上にすることを藤吉は考えていたのです。

一方、てんも多忙を極めており、ついに仕事と育児の両立を断念。

隼也を昼間は子守に託すことにしました。

そんな中、寺ギンの集金に風太がやって来ました。

風太から稀代の天才落語家として知られる月の井団吾が
どんなに人気なのかを聞かされた藤吉は、月の井団吾を風鳥亭の
専属役者にしようと決意しました。

そして、藤吉は月の井団吾を風鳥亭の看板役者にするため、
多額の手付金を用意してほしいとてんに懇願するのでした。

ここまでが55話のネタバレで、

次から56話になります。

**************

2軒目の寄席の買収に成功した藤吉は、風鳥亭をさらに繁盛させるため、
看板役者として月の井団吾と専属契約をしたいと思っていました。

早速行動に起こす藤吉でしたが、多額の契約金が必要な上、
他の芸人達が不満に思うような契約内容にてんは反対します。

てんに反対され、一度は思いとどまる藤吉でしたが、
やはり月の井団吾のことが諦められず伊能栞に相談します。

すると伊能は、時代の先駆者になろうとする藤吉の姿勢を高評価。

伊能に背中を押された藤吉は、再び月の井団吾を専属役者にするための
行動を再開。

しかし、藤吉の行動はてんが心配していたように万丈目やキースら
風鳥亭を創業当初から支えてきた芸人達が団吾を引き入れようと熱心な
藤吉に対して不満に思い、それなら自分達の給料を上げるよう
抗議をするのでした。

*********************

ここまでが、わろてんか10週 55話と56話のネタバレでした。

ネタバレにあるように、わろてんか10週 55話と56話では、
藤吉は新しい寄席の買収に成功した後、稀代の天才落語家と言われる
月の井団吾を風鳥亭の専属役者にしたいと思うようになります。

史実でも吉本せいさん達は稀代の天才落語家と言われる桂春団治を
引き抜くために破格の契約料を支払ったと言われています。

わろてんかでは、藤吉やてんはどの様な条件で月の井団吾を
風鳥亭の専属役者にするのでしょうか。

そして、万丈目やキース達と分かり合える方法はあるのか、
これからの展開から目が離せません。

一方、寺ギンの元で働く風太の様子も見れる様なので、
個人的には55話も楽しみです。