わろてんかネタバレ21週後半感想119-121話【つばきに許嫁-四郎の告白

わろてんかネタバレ21週119話120話121話の内容です。

わろてんか21週 119話と120話と121話について簡単にネタバレします。

『マーチン・ショウ』の日本公演を開催することを決めた
てんと伊能でしたが、出資者が全く集まらず、結局、
伊能商会と北村笑店が出資することになりました。

一方、つばきへの想いを募らせていた隼也でしたが、
ある日、つばきから許嫁がいること、そして、その人と
結納する日が決まってしまったことを告げます。

そして、自分が北村笑店のメインバンクである中之島銀行の
頭取の娘であり、政略結婚しなければならない立場であることも
話します。

その頃、リリコと四郎はお互いに好意を抱きながらも、
気持ちを伝えられずにいた2人でしたが、ついに四郎がリリコに
告白する決意をするようです。

つばきの秘密が21週後半で明かされるようですね。

よりによって北村笑店のメインバンクである銀行の頭取の娘。

絶対に怒らせてはいけない相手ですよね。

隼也はどんな決断を下すのでしょうか。

では、わろてんか21週 119話のネタバレです。

************************

てんと伊能は、『マーチン・ショウ』の日本公演を実現するために
必要な莫大な資金を調達するべく、様々なところに出資を求めましたが、
前例のない試みであるためそのリスクに躊躇し、出資をしてくれる
人はいませんでした。

そのため、伊能は自分の会社で資金を調達することを決意。

その決意を聞いたてんは、北村笑店も資金を出資することを決めたことで、
てんと伊能は『マーチン・ショウ』の日本公演を開催するための資金を
自分達だけで調達することになりました。

一方、つばきへの恋心が芽生え始めていた隼也は、
つばきと何度も会うようになっていました。

そんなある日の雨が降る夜。

隼也は北村家につばきを連れてきました。

そんな中、つばきは自分には許嫁がいること、そして、
結納する日が決まったことを隼也に話します。

つばきの父は北村笑店のメインバンクである中之島銀行の
頭取を務めていて、父が決めた相手と政略結婚しなければならない
立場に長女であるつばきは置かれていました。

そんなつばきの意外な事実をてんと隼也は聞かされるのでした。

ここまでが119話のネタバレで、

次から120話になります。

**************

119話に続き、ある雨の降る夜。

隼也はつばきを連れて北村家に帰ってきました。

てんはそんな2人を家に向かい入れると、つばきから
自分には親が選んだ許嫁がいて結納する日も決まっていること、
そして、つばきの父親は北村笑店のメインバンクである
中之島銀行の頭取を務めていることをてんに話しました。

そのことを知った風太は、隼也のことを厳しく叱りました。

中之島銀行は北村笑店のメインバンクだったため、
この件によって中之島銀行から資金の融通がきかなくなり
北村笑店が立ち行かなくなってしまうことを風太は危惧していたのです。

一方、落ち込んでいるつばきを励ますためにある策を講じたてんは、
つばきに夕食の準備を手伝わせました。

てんと台所に立ち笑顔を取り戻したつばきは、てんと隼也と一緒に
夕食を食べました。

夕食を終えた隼也とつばきは、お互いに悲しい気持ちを抑えながら、
それぞれの未来を祝福しつつ別れることを決めました。

家の事情で想い合いながらも、結ばれることができない
隼也とつばきのことをてんは複雑な思いで見守るのでした。

ここまでが120話のネタバレで、

次から121話になります。

**************

隼也とつばきはお互いに想い合いながらも、それぞれが
相手への想いは胸に秘めて告げないまま明るく別れることを選びました。

しかし、てんは隼也がつばきのことも考え苦渋の選択を
したことを察していました。

北村笑店の後継者として正しい道を選んだ隼也の成長を
てんは心から喜ぶ一方で、家柄や親の都合を隼也に
押し付けてしまったことを後悔していました。

その頃、リリコと四郎はお互いに好意を抱いていましたが、
2人ともその気持ちを伝えられずにいました。

しかしついに、リリコへの想いを伝えようと四郎がリリコに
告白する決意を固めるのでした。

*********************

ここまでが、わろてんか21週 119話と120話と121話のネタバレでした。

ネタバレにあるように、わろてんか21週 119話と120話と121話では、
『マーチン・ショウ』の資金繰りに苦難する伊能とてんは、
お互いの会社から出資金を出すことになるようですが、
『マーチン・ショウ』は無事に開催されるのでしょうか。

一方、2つの恋は21週で大きく動き出します。

まず、隼也とつばきの恋ですが、つばきが北村笑店の
メインバンクである中之島銀行の頭取の娘であること、
許嫁がいて結納する日も決まってしまったことにより、
隼也もつばきもお互いに想いを告げずに明るく別れる
決意をするようです。

身分違いの恋。叶うのは難しいのでしょうか。

一方、リリコと四郎の恋は、お互いに好意を抱いていながらも、
なかなか相手に伝えられませんでしたが、ついに四郎が
リリコに告白する決意をするようです。

しかし、四郎は思うように告白できず、リリコと四郎らしい
結末を迎えるようですよ。

そして、21週では悲しい結末を迎えた隼也とつばきの恋でしたが、
まだこの物語は終わっていません。

何と言っても、隼也はてんと藤吉の息子です。

22週ではまた物語が大きく動くと予想されます。

わろてんかネタバレ22週【シロー不倫か隼也つばきと駆け落ちか