あさが来た実在モデルのネタバレ【広岡浅子の大同生命と加島炭鉱とは

あさが来た ネタバレ 広岡浅子 大同生命を創立と加島炭鉱について調べてみました。

 

あさが来たの主役、あさのモデルともなった人物が広岡浅子さんです。

 

実在した広岡浅子 大同生命創立とは

あさが来た ネタバレ 実在した広岡浅子 大同生命創立を成し遂げ、
鉱山の経営、銀行設立、女子大学の設立、など事業家として成功しました。
あさが来た ネタバレ 広岡浅子 大同生命創立はどのように
成し遂げられたのでしょうか。

広岡浅子は忙しい毎日に奮闘していましたが、
浅子が嫁いだ先の加島屋の近くで昔、同じく商いをしていた
万屋が浅子の元を訪ねます。
万屋は時代の流れに逆らえず商いが上手く行かずに、
酒びたりの人生を歩んでいました。

成功した浅子を羨んでおり大した計画も立てずに、新たな事業を始めようと
浅子に資金の提供を申し込みをしました。
しかし断られたことで恨みついには浅子を襲い
大怪我を負わせてしまいます。

生死の境をさまよった浅子は、「人間なにがあるか分からない!」と
保険の必要性に気が付いて保険会社に興味を持ちます。
もともと加島屋の事業には 保険会社はあったのですが、
赤字経営で上手くいってませんでした。

そこで浅子は他の保険会社と合併する事で、
色々な種類の保険を増やし
お客さんを呼び込もうと計画をたてます。
浅子は、役員達に説得を続け、合併先の保険会社にも説得を試みて、
2社との合併にこぎつけ、今の大同生命を設立する事になります。

あさが来たのネタバレですが、広岡浅子さんの 大同生命創立には生死をさまよう程の怪我があったなんて驚きですね。
彼女の凄さは、これはいける!と思ったら、即実行する事です。

広岡浅子さんは 大同生命創立だけでなく他の事業にも
「悩んでいただけでは始まらない!」と、難しい道必ずにも抜け道があると
しっかり計画をたてて、それを成功するまで実行に移し続けるのです。

広岡浅子さんが、人生をどのように歩んでこられたのか
NHKの朝ドラあさが来たを見るのが楽しみです。

 

あさが来た ネタバレ 広岡浅子 加島炭鉱についても調べてみました。
広岡浅子さんの炭鉱事業がどういったものか注目が集まっています。

あさが来た ネタバレ 広岡浅子 加島炭鉱は、広岡浅子さんが
始めた最初の事業です。
江戸時代から続く大きな両替商の加島屋が、
明治維新の時代背景により
大きな借金をします。

そのピンチの時に、広岡浅子さんが始めたのが炭鉱事業です。
夫の新五郎が仕事をせずに趣味に走るので、もっと商売に力をと
浅子が言った時に、謡曲も大きな商売をしよる友人も大勢いると。

そして、最近では両替商の新五郎に炭鉱話を
持ってくる奴がいると
言ったことが、あさが来た ネタバレ 広岡浅子 加島炭鉱を
始めるきっかけになった一言でした。

炭鉱が気になった広岡浅子さんは、そのことを
義兄である三井高喜に相談します。
高喜は、父亡き後父親代わりをしてくれた存在であり
商売の師匠でもあります。

この当時、明治維新により三井は新政府に援助していたことで、
いろんな情報が入っていました。
なので、炭鉱が将来期待できる商いであると高喜は話ました。

鉄道など日本の国力を増すためには、炭鉱は絶対必要であり
政府が力を入れるのも間違いないといいます。
ただ事業には、抗夫を相手にせんといかん、大変な商売であるとも話します。
ただ、広岡浅子さんなら出来るとも言われました。

あさが来た ネタバレ 広岡浅子 加島炭鉱が加島屋の
利益のほとんどになっていきます。
順調に思われた加島炭鉱はその数年後、大きな爆発事故を起こし、
死者をだすのです。

炭鉱現場では、黙々と煙が立ち上がり
大きな火事になっています。
爆破で死んでいる人の家族もかけつけており、
大変なことになっていました。

浅子は、遺族には一人一人に謝罪と賠償をしていくことを話ます。
あさが来た ネタバレ 広岡浅子 加島炭鉱の事業がうまくいき、
加島屋は銀行の設立を
目指していましたが、この賠償金のために銀行設立は
延期をする事になりました。

その後も、加島炭鉱は長年加島屋の事業として利益を上げ続けていきます。
二度と事故が起こらないように細心の注意をはらいながら、
加島屋の屋台骨となったのです。

あさが来たでは 加島炭鉱の事業の成功が
広岡浅子さんの実業家の最初の一歩になったのです。