陸王ネタバレあらすじ最終回衝撃ラスト!家長-小原と決着

陸王 あらすじネタバレ最終回の内容です。衝撃ラストが待ち構えてます。ネタバレですが早く先が見たいとついつい見てしまう程ですよ!!

「半沢直樹」や「下町ロケット」など、社会現象になるほど、
大ヒットしたTBS系の日曜ドラマ枠に、池井戸潤さんの作品が
ドラマ化して、放送されることになりました。

10月15日(日)に第1話が放送されたばかりのTBS系の日曜ドラマ「陸王」。

別記事で、陸王の前半のあらすじと、最終回前までであろう後半のあらすじを
紹介してきました。

陸王あらすじネタバレ1-5話前半【竹内涼真:茂木と村野の引き抜き

陸王ネタバレあらすじ6話7話8話9話後半【坂本の活躍-小原の策略

 

 

ちなみに、最終回前辺り手ではアトランティスから嫌がらせを受けて
生地の取引先を無くしたこはぜ屋は新たな会社である「フェリックス」から
条件付きで融資を受けることになりました。

その条件は、5年以内に受けた融資を全額返済できなければ、
こはぜ屋はフェリックスの傘下に入るというものでした。

宮沢はその話を受けて、社員全員にもその事を話すと、
社員全員が応援してくれるのでした。

そして、今回は陸王の最終回あらすじについてネタバレしたいと思います。

では、衝撃ラストまで陸王の最終回あらすじのネタバレです。

************************

ある日、こはぜ屋の面々は、ダイワ食品で陸上部に所属する
茂木裕人の応援に向かいました。

もし、茂木がこはぜ屋の「陸王」ではなく、アトランティスの「R2」を
履いていたとしても、茂木を応援しようと決めていました。

一方、アトランティスの小原賢治は、部下から茂木のサポート契約を
取り戻したと聞いていたので、喜んでいましたが、
実際に茂木が試合で履いたのはアトランティスの「R2」ではなく、
こはぜ屋の「陸王」でした。

アトランティスの小原はそのことに驚き、茂木にどうして自分達の
シューズを履いていないのか問い詰めます。

すると、茂木は自分が怪我したときに大勢の人に見捨てられ悲しい思いをしたのに、
今ここで、こはぜ屋が苦しいからと言って陸王を見捨てたら
自分もその人達と同じになってしまうからだと答えます。

そして、こはぜ屋の面々が応援する中、「陸王」を履いた茂木は、
ライバルだった毛塚のことを抜き、日本人トップでゴールしたのでした。

一方、こはぜ屋の社長の長男である宮沢大地は「メトロ工業」の面接を
受けていました。

大地は「陸王」開発に関わったことで、見違えるほど成長しており、
面接官も大地の話に耳を傾け、真剣に話を聞いてくれました。

そして、大地はようやくメトロ工業に就職先が決まりましたが、
大地はこはぜ屋の社長であり父の宮沢広一にメトロ工業への就職は辞退して、
こはぜ屋に残ると話しました。

しかし、紘一は大地にこはぜ屋に残ることを許さず、
大企業のメトロ工業でこはぜ屋では学べないようなことを
学んでくるようにと告げました。

その頃、アトランティスは次々と陸上選手からサポート契約を解除されていました。

元々、選手達の目的はアトランティスのシューズではなく、
自分達に親身に向き合ってくれるアトランティスの
シューフィッター 村野尊彦だったからです。

選手達にとって、シューフィッターの村野がいないアトランティスに価値はなく、
選手達は村野に勧められ、こはぜ屋の「陸王」を選びました。

そんなある日、埼玉中央銀行の家長支店長がこはぜ屋の前を通ると、
自分が知らない間に2階建ての工場が建設されていて、
凄い設備が整っていたことに驚きました。

家長支店長がこはぜ屋の社長である宮沢に挨拶すると、
宮沢は困っていた時にフェリックスから融資を受けたこと、
そしてフェリックスの勧めによって東京中央銀行をメーンバンクとしたことを
教え、 宮沢が家長支店長をギャフンと言わせた瞬間なのでした。

*********************

ここまでが、陸王 最終回あらすじのネタバレでした。

陸王 最終回あらすじのネタバレにあるように、茂木がこはぜ屋の「陸王」の
生産が厳しくなるかもしれないというシューフィッター村野からの
アドバイスを聞きながらも、アトランティスの「R2」ではなく、
こはぜ屋の「陸王」を履いて大きな大会に出場し、日本人トップでゴールするという
素晴らしい記録を残してくれました。

茂木の自分が怪我したときに、様々な人に見捨てられるという思いをしたのに、
今ここで、こはぜ屋が苦しいからと言って陸王を見捨てたら、
自分もその人達と同じだから見捨てないという言葉に感動しました。

そして、茂木とシューフィッター村野のお陰で、「陸王」の売れゆきが
良くなり、こはぜ屋はフェリックスから借りたお金を返すことができたのでしょう。

最終回では、原作では「陸王」の嫌なキャラクターである
アトランティスの小原だけでなく、こはぜ屋の融資を打ち切った
埼玉中央銀行の家長支店長も見返す展開となるようで、
見てすっきりする内容になりそうですね。

原作とドラマの最終回は少し異なるかもしれませんが、
大幅には変えないと思うので、最終回まで見逃さないようにしたいと思います。