花子とアン ネタバレ12週 醍醐さんと恋のライバル 67話~71話

花子とアン ネタバレ 12週全話 醍醐さんと恋のライバルに…

花子とアンの12週の全話のネタバレです。

醍醐さんと村岡さんをめぐって恋のライバルに…
なってしまいます。

6月16日から6月20日までの放送で

67話68話69話70話71話の12週全話の内容を

ギュッとまとめました。

ではさっそく
12週のネタバレ内容です。

—————–
東京に出発し、東京の拠点を「カフェードミンゴ」

で働いている妹のかよと一緒に暮らすことにします。

すぐ翌日に聡文堂に初出勤。

醍醐さんと再びそこで出会います。

そして初出勤しすぐに、

創刊を控えた新しい児童雑誌の編集会議に参加するのでした。

その初めての出勤の夜にはなのために歓迎会をひらいてくれることになります。

そこでお酒をのみすぎてしまい、そこで一緒にいた村岡出版の

村岡栄治さんにおうちまで送ってもらうことになってしまいます。

はなの出版社での歓迎会の次の朝、
すごくよってしまい村岡栄治にすごいことをいってしまっていたと
かよから、はなは聞かされます。

すごく酔ってしまい、そのあげくの自分の至らぬ態度に
気分がへこみます。

気分がのらないままの翌日の出勤。
梶原から新しくでてきた最近人気が出てきてる
作家さんの満代さんの連載を頼んでくるようにと

仕事をまかされました。

満代さんのもとを訪ねますが、
満代さんと性格が合わない部分があり、
無視されてしまいます。

さらに落ち込んだはなに、泣きっ面にはちの
ように村岡栄治さんが訪ねてきました。

また別の日に、はなは村岡栄治さんから声をかけられ
デート(逢い引き)に誘われたと思っていました。

しかし、勘違いで栄治さんに恋してる醍醐さんも一緒に同席すると
わかりショックを受けます。

そして、デート当日栄治さんはイギリスから帰国した
弟の郁哉をつれて待ち合わせのいつもの「カフェードミンゴ」
にきました。

弟の郁哉を一緒に連れてきてはなに合わせたのには
、理由がありました。

はなに英語のたのしさをもう一度思い出してもらおうと
思ったからでした。

栄治さんの思惑通り、弟の郁哉さんがはなに貸した
英語の本の小説にのめりこんでいきました。

そこではなはその小説を訳して雑誌に連載するという
アイデアを思いつきます。

勤務中のはなに連絡がきます。
しばらくあってなかった蓮子とあえることになったのです。
なんと近々東京にくる用事があるということで

はなは心躍ります。

蓮子に会いにいくということでその当日、はなは会社の他の人から
誰か男の人に会いにデートに行くのではとからかわれます。

そして仕事が終わり、蓮子とあえると思って会社をでようとしますが、
ちょうどそのとき満代さんが会社にやってきました。

でようにも出れなくなってしまったはな。

一方さきに「カフェードミンゴ」についていた蓮子は
なにやら帝大生の宮本龍一と緊張した雰囲気になってしまってました。

約束の時間に遅れてしまいましたが、
蓮子と再会。

そしてまもなく栄治さんもカフェードミンゴにやってきます。

はなが他の男性とあってないか気になっていたのです。

その栄治に蓮子は気持ちがはなにあるのではと

その場で聞きます。そのやりとりをはなは喜んできいていて

そんな姿に栄治もはなへの気持ちが強まるのでした。

蓮子は、はなのところに泊った日に、
はなが大事にしてる栄治さんからもらった
英英辞典にメッセージをこっそりいれておきます。

小説を翻訳し終えたときはなは
蓮子がいれてあったメッセージに気付きます。

それにより自分の栄治に対しての気持ちにあらためて気付き
自分自身に動揺してしまうのでした。

———————-

12週ネタバレの感想:

なんと…あの醍醐さんと卒業してからの再会で

恋のライバルになってしまいます。

女学校にはいってからの初めてのお友達の醍醐さんと

好きな人を争わなくてはいけなくなってしまって

なんだか切ないです。

でもはなには自分の好きな人と一緒になってもらいたいですねy

もらいたいというより

なってもらわないと、妹のももと朝市君に面目がたたないと思うので。。

この醍醐さんとの三角関係いや、

村岡栄治さんには奥さんもいたので

正確には四角関係はすこし朝ドラでなく昼ドラっぽいですが

ドロドロにならず、朝ドラらしくハッピーエンドになってもらいたいです。

一方蓮子も宮本龍一さんと恋に発展していく予感です。

その当時にすごく話題になった白蓮事件の始まりです。

夫に内緒で東京にきていること、龍一さんとあってることで

こちらも三角関係になっていってしまいますね。

12週もそうですが、次の13週も目が離せませんね☆★

花子とアン ネタバレ 12週 醍醐さんと恋のライバルに…の記事でした。

 

************

ここからは1話ごとのネタバレあらすじです。

***********

 

花子とアン ネタバレ 69話 12週 村岡英治とあいびき デートに

花子とアン ネタバレ 69話です。

12週の6月18日放送内容です。
村岡英治さんと人生初のあいびき デートにはなは誘われ、

そわそわとしてます。

そしてそこに恋のライバル?
勝手にライバルとされてしまった醍醐さんも一緒になるはめに

なってしまいます。

せっかくの初デート あいびきが…

なんかデートでなく あいびきというと

秘密にあってこそこそした感じがするのは私だけでしょうか(>_<)

では
花子とアン ネタバレ 69話 12週 「村岡英治とあいびき デートに」
の内容です。

******************

英治(鈴木亮平)と約束した”人生初のあいびき”に
そわそわするはな(吉高由里子)。
ところが話を聞いた醍醐(高梨臨)から自分も行っていいかと聞かれ、
その勢いに はなはうなずいてしまう。

カフェーで醍醐から英治への恋心を打ち明けられ、返答に
困るはな。

そこへ英治が弟の郁弥(町田啓太)を連れてくる。英治に郁弥を紹介された
はなは、そもそも”あいびき”でなかったことに肩透かしを食うが、
郁弥は一冊の本を 取り出してはなに渡します。

************
英治さんがあいびきにさそったのではなく、
はなに英語の面白さをもう一度思い出してほしいと
言う願いからだったのでした。

デートに誘われたと勘違いしてたはなの気持ちは…

しかし、この時は気持ちがなくても

すぐこのあとからは恋の展開に☆

恋のライバル 醍醐さんとの対決はどんな展開がまってるんでしょうか?

花子とアン ネタバレ 69話 12週 村岡英治とあいびき デートにの記事でした。

**************
花子とアン ネタバレ 70話 12週 蓮子と再会

花子とアンのネタバレ 12週の70話です。
6月19日 木曜日の放送内容です。

はなが久々に蓮子と再会します。

また親友と会えると心踊らすはなの前に

なにやら足止めの予感です。

花子とアン ネタバレ 12週 70話のネタバレはここから
*******************
聡文堂で働くはな(吉高)に、
福岡の蓮子(仲間由紀恵)から電話がかかってきます。

娘の結婚式で東京に出てくる蓮子と再会する約束をし、
喜びでいっぱいになる はな。

それは、蓮子も同じで、
ご機嫌のあまり記者の黒沢(木村彰吾)に大量のネクタイ
を贈ろうとするが、黒沢に断られる。

再会の日、いつもよりおめかししたはなが、
6時の約束に間に合うよう会社を出ようとしたとき、
宇田川(山田真歩)がやってくる。

*****************

蓮子さんが娘さんの結婚式で東京にくるのですね。

そのはなとの待ち合わせ場所で、蓮子さんに

運命の出会いが訪れます。

それは次回以降で宮本という帝大生に絡まれます。

最初のお互いの印象は良くなかった場面になりそうですが、

今後世間をにぎわすあの白蓮事件につながっていくとは…

花子とアン ネタバレ 70話 12週 蓮子と再会の記事でした。

*********************
花子とアン ネタバレ 71話 12週 蓮子と宮本は駆け落ち・再婚へ

花子とアン ネタバレの71話です。

12週の6月20日放送内容のネタバレになります。

この71話で「蓮子と宮本は初めて会い、
駆け落ち・再婚への道をたどっていきます。」

話題になってる白蓮事件ですね。

蓮子さんとはなが久しぶりに再会する場面で

将来の夫、宮本と出会います。

どんな出会いになるのでしょうか?

では、6月20日 12週の71話のネタバレです。
**********************
はなが聡文堂で宇田川(山田真歩)に足止めを食らっているころ、

蓮子(仲間由紀恵)もカフェーで見知らぬ男にからまれていた。

帝大生の宮本龍一
(中島歩)に「ブルジョアは帰れ」と言われた蓮子は、世界で一番大切な友達に会うから
帰らないと言い返し、はなのことだと気づいたかよ(黒木華)はうれしくなる。

じりじりと時間が過ぎることに耐えられなくなったはなは、

宇田川(山田真歩)を 振り切り聡文堂を飛び出してゆくが…。

****************************

将来の夫、宮本さんのとの出会いは

あまりよくなかったんですね。

でも、原作ではこの方と駆け落ちし再婚に向かうので

このあと13週でどういう展開になっていくか?

あと原作でははなと蓮子はこの

宮本との再婚のあと久しぶりに再会することだったのですが、

ドラマでははやくもはなとあってしまいますね。。

やはり蓮子さんは主人公に劣らず人気があるので
はやく登場してもらいたいし、個人的にはきれいな仲間さんがみられるので

うれしいです(^_^;)

花子とアン ネタバレ 71話 12週 蓮子と宮本は駆け落ち・再婚への記事でした。
***************
花子とアン ネタバレ 72話 12週 蓮子の手紙

花子とアン ネタバレ 72話です。
6月21日 土曜日の12週の放送内容です。

蓮子の手紙に自分が恋をしていると

気づかされるシーンはどんな感じになるのでしょうか?

72話 のネタバレはここから
******************
蓮子(仲間由紀恵)が去り際に言った「すてきな恋をしていて羨ましい」という言葉が、
はな(吉高由里子)の胸に引っかかっていた。

梶原(藤本隆宏)から、郁弥(町田啓太)
にもらった本の翻訳を明日までに仕上げてほしいと頼まれたはなは、かつて
英治(鈴木亮平)からもらった英英辞典の力を借り、徹夜で何とか書き上げる。

達成感をかみしめているとき、はなは辞典に一枚の紙がはさんであることに気づく。
そこには蓮子(仲間由紀恵)の筆跡で…。

****************

自分でも好きかなと思ってても、
他人からあの人の事好きなんでしょと

念を押されるとさらに気持ちが盛り上がってしまいますもんね。

蓮子さんははたからみていて親友なのでなおさら

はなの気持ちがわかったんでしょうね。。

この恋は後押しなければと…

まだまだ12週いこうの13週で恋の展開はスムーズにいきませんが

英治さんとの恋のやりとりはハラハラで楽しいですね☆

花子とアン ネタバレ 72話 12週 蓮子の手紙 の記事でした。
*************