べっぴんさん ネタバレ21週118話119話 勝二の喫茶店オープン

べっぴんさん ネタバレ21週118 話119 話の内容です。
すみれと紀夫は、さくらのキアリスへの入社の熱意をまだ受け入れることは出来ていませんでした。同じくらい君枝も考え込む毎日を送っていました。
さて、2人は採用されるのでしょうか?

では、べっぴんさん21週 118話119話のネタバレあらすじです。
べっぴんさん21週118話119話のネタバレでは、紀夫とすみれ、中西の採用の意見の対立から始まります。以前にも言ったように、中西は採用に関しては身内知り合いというのは関係なく、その人の能力だと訴えてきました。

しかし、紀夫とすみれはどうしても頭ではわかっているものの受け入れる事が出来なかったのです。

そこで最初のべっぴんさん21週118話119話のネタバレ!こんな時の神頼みのような存在である、潔に助けを求めるのでした。

そもそも、キアリスにアルバイトとしてさくらを誘い入れた人物なため良く分かってくれるだろうと思ってはいましたが、、、

潔は言います「二人に試験を受けさせなさい。でもあくまでも公平に!そのためには試験は無記名でしっかり見極めることが条件」とアドバイスされたのでした。

そのアドバイスを受けてさっそく二人を試験に臨ませたところ、ここで2つ目のべっぴんさん21週118話119話のネタバレ!

他の社員に非の打ちどころのない位の素晴らしい成績を収めたのでした。

そんな中、栄輔が経営するブランド「エイス」が、日本中を展開していまいた。

ちょうどそのころ、大阪でアジア初でもある「万博博覧会」が開催されていたのです。世の中はそれで一色ではあったのですが、栄輔は色々なメディアで活躍していたのでした。

一方、定年退職を迎えてしまった良子の夫勝二はその後のするべきことを決意したのでした。

最後のべっぴんさん21週118話119話のネタバレは、勝二がキアリスの元事務所で喫茶店を開くということだったのです。

ここまでべっぴんさん21週118話と119話のネタバレあらすじでした。

べっぴんさん21週118話119話のネタバレでは、とうとう入社してしまうさくらと健太郎。すみれも紀夫も認めざるを得なくなるようですね。しかし、優秀なこの二人の人材はこの先きっとキアリスにとってかけがえのない宝になることは間違いないのではないでしょうか?

キアリスとその未来がとても楽しみですね。