花子とアン ネタバレ26週 最終週

花子とアン ネタバレ 最終回 26週の結末!
ということで
今現在のわかっている情報を最新でお届けします。

26週全般のあらすじはわかっていますが、
最終回の結末で花子と蓮子さんはどうなるのか?
最終話の内容で今はいってる情報では

・花子が翻訳した本の出版が決まる
・花子と蓮子の再会と仲の復活

で最終回、26週最終週の結末とじると
ほぼわかってます。

そして
それまでの26週の結末・最終話までネタバレすると

<はなこは>
・花子は翻訳が完成した「アン・オブ・グリン・ゲイブルズ」をなんとか
世に広めるために出版しようとする

・花子は何社もの出版社に頼みに行くが、作者がアメリカの作者で
日本では知れ渡っていなくなかなかとりついでくれない

・花子は蓮子の旦那さんの龍一とも再会します

・その龍一から蓮子さんの今の状態を聞きます。

<かよさんは>
・かよは闇市で商売をはじめます。
・そんなかよの前に戦争孤児の二人があらわれます

まとめると

花子の本の翻訳までの流れと蓮子さんとの関係が描かれて、
かよの方は闇市で店をまた盛り返していこうというところで
最終回は終わるのではと予想されてます。

ただ、まだ解決してない謎なことはいくつかあって
・戦争に行きショックを受けた状態での醍醐さんと
自分の生き方をこれからどうしようかと悩んでる吉太郎の関係はどうなるか?

・かよの前に現れた戦争孤児とは誰か?

・花子の父・吉平の病態はどうなっていくのか?

朝ドラ「花子とアン」では最終回・最終話の結末は
基本的にはハッピーエンドで終わるので
赤毛のアンは子供たちに広まり、家庭図書館という夢も実現して
最終週は幕をとじると予想してます。

あと蓮子さんとの仲も元の関係に戻り、
力を合わせて生きていこうと締めくくると思ってます。

あと醍醐さんと、吉太郎のなかは結ばれて
ハッピーエンドで最終話を迎えてくれるのではと期待してます。

主人公を好きな相手役はなかなか誰かと結ばれないのですが、
吉太郎はまた兄弟なので違う良い結末ではと予想してます。

ただ、
原作の「アンのゆりかご」では
父は病気ののち死んでしまうので、
父の吉平の死は今回のドラマではきてしまうのではと
思ってます。

これも「朝ドラ定番あるある」なんですが、主人公の父親は
死んでしまう確率がめっぽう高い。

なので、「花子とアン」でも吉平の死は残念ながら、おとずれてしまうと思います。