花子とアン ネタバレ7週【蓮子の夫:伝助の女あそび 37話~42話

花子とアン ネタバレ 7週 37話38話39話40話41話42話

花子とアン ネタバレの7週です。
37話38話39話40話41話42話のまとめです。
5月12日から5月17日までです。

 

NHK朝ドラ
花子とアン ネタバレ 7週ここから
*************
蓮子の結婚式に蔵梅井と全員が呼ばれたものの
はなは蓮子の結婚に反対していて
出席しなかった。

蓮子は親友ではなくなってしまったと
悲しみに打ちひしがれ、

はなも一方で親友のこれからを
祈ります。

お互いがお互いのことを思い
涙を流すのでした。

蓮子とその夫となった伝助は
暮らし始めますが、

伝助は芸者さんで遊び呆けていて
蓮子とうまくいきません。

さらに蓮子には知らされてなかった重大なことが
発覚します。

誰かのわからない子(冬子)が
娘としていたのでした。

その冬子は蓮子のことを
お母さんと呼びたくなく、
蓮子が理想としていた家族は
そこにはありませんでした。

一方はなのいもうとかよが
仕事が耐えられなく、
はなのもとの東京まで逃げてきます。

学校から卒業したら
向学館で働こうしていたはなでしたが、
母の地元に戻ってきてほしいという
切な願いを知ってしまい、

出版社で働くのをあきらめ、
地元山梨に帰り、
教員になると決め帰って行くのでした。

*************

赤毛のアンの翻訳という仕事には
まだほど遠い状態になっているはな。

なかなか家族の状況などで
自分がしたい事はできませんね。

この時代では家や家族が決めたことに
従ったり、家族の望みをかなえなくてはと
いう気持ちの方が強いのでしょうね。

そんななかはなの妹のかよが
仕事場から逃げてしまったので、

仕事場から前借していたおかねが
借金として残ってしまいました。

そこで現れたのがなんと
徳丸(カンニング竹山)さん。

救世主になったり悪者だったり、
なんかつかみどころがないですね。

蓮子もなかなか幸せな家族への道は厳しそうですね。
がんばれ蓮子!!

花子とアン ネタバレ 7週 37話38話39話40話41話42話の記事でした。