半分青い モデルの漫画家くらもちふさこは秋風の実在モデル!

半分青い モデル 漫画家くらもちふさこの内容です。

4月から始まった上半期の朝ドラ『半分、青い』のヒロイン
楡野鈴愛が師匠と仰ぐ豊川悦司さん演じる少女漫画家の
秋風羽織は、実在の漫画家くらもちふさこさんが
原作モデルとなっています。

「いつもポケットにショパン」など、半分青いの放送で出てきた
秋風羽織の漫画作品は、
くらもちふさこさんの作品ということで話題になっています。

そこで今回は、半分青いで秋風羽織の実在モデルである漫画家
くらもちふさこさんについて紹介したいと思います。

では、漫画家 くらもちふさこさんについての紹介です。

くらもちふさこさんは、本名を倉持房子と言い、
れっきとした女性であるため、秋風羽織は半分青いの
オリジナルキャラであり、くらもちふさこさんの作品を
半分青いでは使っているということでしょう。

くらもちふさこさんは、1955年5月14日生まれの62歳です。

くらもちふさこさんと脚本家の北川悦吏子さんが親しい
間柄であるらしいのですが、名作「いつも心にショパン」の作者を
秋風羽織の風貌に変えてしまえるのは、くらもちふさこさんと
北川さんが親しいことがわかります。

くらもちふさこさんは、武蔵野美術大学を中退しており、
「ガラスの仮面」の作者である美内すずえさんの
アシスタントなどを経て漫画家となりました。

くらもちふさこさんの代表作は「いつも心にショパン」以外にも、
「天然コケッコー」や「おしゃべり階段」などがあります。

くらもちふさこさんが普通の少女漫画と少し違うところは、
内面を重視した作風であることです。

夢をみたり、恋をしたりするだけのそれまでのヒロインとは、
一線を画した登場人物の描写などは、以降の漫画家にも
大きな影響を与えたと言われています。

制作統括の勝田夏子さんは、ヒロインに『世界の扉が開いた』と
思えるほどの衝撃を与え、少女マンガの世界に飛び込ませる
カリスマ漫画家の秋風羽織。

その作品達は、鈴愛の青春時代である80年代にも、
ドラマを放送している現代においても、常に憧れを抱かせる
『ホンモノ』でなければなりませんでした。

北川悦吏子さん、豊川悦司さんも大きな影響を受けた、
くらもちふさこさんの珠玉の作品達を、ドラマの中の
パラレルワールドでお楽しみくださいとくらもちふさこさんの
作品を半分青いに取り入れた理由を述べていました。

ここまでが、半分、青いで秋風羽織の実在モデルである
くらもちふさこさんについての紹介でした。

秋風羽織の漫画が、実際にある作品ということは
調べるまで全く知りませんでした。

漫画家の方にお願いして、オリジナル漫画を描いてもらったのかと
思っていました。

くらもちふさこさんの作品を私は読んだことがないのですが、
80年代に人気を博し、後の漫画家にも影響を与える漫画ということなので、
読んでみたいと思いました。

これからも半分青いに秋風羽織の描く作品として
くらもちふさこさんの漫画が登場することでしょう。

この辺りにも注目して、半分青いを楽しみたいですね。

半分青いネタバレモデルはあるか?を最終回まであらすじと再婚までまで