半分青いキャスト喫茶店マスターシロウのキャスト正体は東根作寿英!

半分青いキャスト喫茶店マスターの内容です。

2018年上半期の朝ドラ『半分、青い』で、鈴愛や律が上京した先にある
喫茶店『おもかげ』のマスター・シロウのキャストを東根作寿英さんが
演じることに決まりました。

 

「半分青い 喫茶...」の画像検索結果

38話の初登場シーンでは、律や正人にナポリタンを
提供していたのが印象的ですね。

そこで今回は、東根作寿英さんのプロフィールと喫茶店『おもかげ』の

マスターであるシロウの役柄について紹介したいと思います。

まずは、東根作寿英さんについての紹介です。

東根作寿英さんのネタバレプロフィールはこちら

「半分青い 喫茶...」の画像検索結果

生年月日 1972年4月3日(46歳)
出身地 神奈川県
身長 173cm
血液型 O型
職業 俳優
事務所 アミューズ

東根作寿英さんは、1988年(昭和63年)に所属事務所であるアミューズの
オーディションに合格し、その後、マクドナルドのCMに出演し、
芸能界デビューを果たしました。

「終着駅」シリーズで有名でそれ以外にも数多くの話題作に
出演されている東根作寿英さん。

2018年でデビュー30週年とのことですが、意外にも主演は
1996年(平成8年)の映画「人間の翼 最後のキャッチボール」の
1作品のみのようです。

NHKの朝ドラには1994年の『春よ、来い』に続き、
2作目の出演となります。

ここまでが、東根作寿英さんについての紹介でした。

次に、東根作寿英さんがキャストに選ばれた半分青いの東京編
喫茶店『おもかげ』のマスターであるシロウの役柄について紹介します。

岐阜編の喫茶店『ともしび』に代わり、東京編では、
喫茶店『おもかげ』が登場します。

喫茶店『おもかげ』マスターであるシロウは、「いらっしゃいませ」の
口調が独特なアフロヘアーの人物です。

シロウ役を演じる東根作寿英さんは、番組公式ツイッターで、
お客さんが入ってくる時のカランカランという音に合わせて
独特なあいさつを作ったとその役作りを明かしながら、
そういうところを面白がって見てほしいと語っているようです。

ここまでが、半分青いの東京編で喫茶店『おもかげ』の
マスターであるシロウのキャストに選ばれた東根作寿英さんについてと
シロウの役柄についての紹介でした。

東根作寿英さんを見て、私はどこかで見たことがあるような
無いような気がする俳優さんでした。

しかし、今回東根作さんの出演作品を調べる中で、
NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や、日テレ系の『家売るオンナ』などに
キャスト出演されていて、
知らず知らずのうちに見ていたんだなと思いました。

東根作さん演じる喫茶店『おもかげ』のマスター・シロウは、
これから鈴愛や律にとってどんな存在になっていくのでしょうか。

岐阜の喫茶店『ともしび』のママのように、東京での2人を
シロウには温かく見守ってほしいですね。

半分青いキャスト相関図一覧【追加ブレイク注目キャストはこの人!