半分青いあらすじネタバレ14週15週~26週最終週【律と再婚!会社経営

半分青いあらすじネタバレ14週15週~26週最終週後半の内容です。

「半分青い 律」の画像検索結果

4月から始まるNHKの朝ドラ『半分、青い』。

今回の朝ドラ『半分、青い』は人気脚本家の北川悦吏子さんが
手掛けた実在モデルがいないオリジナルのものになるため、
登場人物も全てオリジナルキャラクターになります。

その最終回までの全般的なあらすじが、公表され様々なサイトで
まとめられています。

そこで今回は、『半分、青い』のあらすじ前半-後半の2つの記事に
まとめ、あらすじネタバレ前半1と重複するところもありますが、
今回はあらすじネタバレ後半2を紹介したいと思います。

では、半分青いあらすじネタバレ14週15週から26週についての紹介です。

ヒロイン・楡野鈴愛はバブル時代に夢を持って上京し、漫画家のアシスタントという厳しい世界に直面、そして挫折し、漫画家になるという夢は儚く破れてしまいます。

ほどなくして、鈴愛はある男性と結婚し、長女を出産しましたが、
夫は夢ばかりを追いかける無能な人だったため、家計は火の車でした。

 

↑ここまでが13週で、↓↓ここら辺から14週になっていくと予想してます。

「半分青い 律」の画像検索結果

さらに夫は夢を追うために鈴愛に離婚を宣言し、鈴愛はシングルマザーとなって
岐阜県の故郷に帰りますが、バブル崩壊後の不況の波に飲み込まれ、
鈴愛はさらに苦しい生活を余儀なくされました。

そんな中、鈴愛の人生にとって大きな転機となったのが幼馴染みである
萩尾律との再会でした。

律も別の人と結婚していましたが、人付き合いが下手すぎて
妻にさえ逃げられていました。

しかしながら、律は優秀なエンジニアになっていました。

律のものづくりへのこだわりに感化された鈴愛は、片耳の聴力を
なくしたことで、様々な発想やアイディアを培っていたこともあり
ものづくりの世界にはまっていきました。

それまで別々の人生を歩んできた鈴愛と律でしたが、
ようやくお互いが自分にとってかけがえのない存在であることに気づき始めます。

そんな中、病気の母親のために鈴愛は「そよ風」をプレゼントすることを
思い付きます。

鈴愛は律の協力を得て3Dプリンターを駆使してパーツを作り、
ついに「そよ風」を再現する扇風機の開発に成功しました。

これをきっかけに、鈴愛と律は結婚します。

また、鈴愛は新開発した「そよ風」の扇風機で家電業界に新たな
旋風を巻き起こします。

そして、鈴愛と律は、小さいながらも他に誰も作れない家電製品を
作る会社を創業し、鈴愛は伝説の発明家へと成長するのでした。

ここまでが、半分青いあらすじ後半14週15週ほどから26週最終までについての紹介でした。

半分、青いあらすじ全般2の紹介にあったように、4月から始まる『半分、青い』は、人気脚本家の北川悦吏子さんの
オリジナル脚本ということで、とても楽しみですね。

北川さんは、『愛していると言ってくれ』や『ロングバケーション』など、
「恋愛ドラマの神様」と呼ばれる脚本家なので、今作も
恋愛要素が豊富なドラマになりそうです。

ただ、恋愛ばかりではなく、鈴愛の成長や人生を見守る作品にもなりそうですね。

前半は、鈴愛と律の恋とも呼べないもどかしい関係が描かれそうですが、
後半は、ものづくりを始め2人の関係も大きく動きそうなので、
最後まで目が離せない作品になるのではないでしょうか。

半分青いネタバレあらすじ13週14週【長女出産も律ともに離婚!岐阜で再婚へ

半分青い視聴率一覧推移-最高最低わろてんかとひよっこ比較最終回まで

半分青い結婚相手-再婚ネタバレ【鈴愛の初婚-離婚-再婚まで流れ 結婚日予想