べっぴんさん ネタバレ1週~13週あらすじ前半




スポンサーリンク

べっぴんさん ネタバレ 1週から13週までの全体 前半あらすじの内容です。

いきなりの主人公ネタバレですが、べっぴんさんのヒロインは、「すみれ」です。



スポンサーリンク

 

a0fe0907fcb84019e600e91f5a24d014-640x435

神戸に生まれたすみれは、早くに亡くした母から教えられた
手芸や刺繍が大好きな女の子でした。

1週目はすみれの幼少期をメインに展開されます。

18歳で結婚し幸せな生活をしていたすみれでしたが、
戦争によって生活が一変します。

すみれは混沌とした時代を生き抜くために子供服作りを
職業にしようと決意し、商店街の靴屋の片隅にある
小さなショーケースを借りて子供服の販売を開始するのです。

すみれはどんな幼少期を過ごし、どんな男性と結婚するのでしょうか。

また、べっぴんさんでもとと姉ちゃんと同様に、話の全体の前半あらすじで
戦争によって生活が苦しくなる様子が描かれそうなので、
その辺りにも注目していきたいですね。
yjimage (1)
では、べっぴんさんネタバレ1週から13週.14週あたりまで前半のあらすじをネタバレします。
************************

昭和初期に生まれたべっぴんさんのヒロインである
すみれは会社経営者の父を持ち、神戸の山の手の裕福な家で
姉に可愛がられながら、母親は早くに亡くしているものの、
何不自由なく育った手芸や刺繍が得意な女の子でした。

すみれは親に言われるまま、18歳でお見合いをして結婚します。

結婚した夫は頼りになり、子宝にも恵まれて穏やかに結婚生活を
送っていましたが、その幸福は長くは続きませんでした。

戦争によりすみれは全てを奪われたのです。

最愛の夫は出征しなくてはなりませんでした。

また、空襲により住み慣れた家は焼かれ、戦後には
預金封鎖に加えて多額の財産税によって、すみれは窮地へと
追い込まれてしまいます。

そんな中、幼い娘に着せようと自分で手作りした子供服が
近所の人々の注目を集めました。



スポンサーリンク

すみれは混沌とした時代を生き抜くため、子供服作りを
生業にしようと決意します。

商店街にあった靴屋の片隅にある小さなショーケースを間借りして
子供服の販売を始めました。

生涯を通じて追求した愛情品質の子供服ブランドの歴史は、
すべてはこの小さなショーケースから始まったのです。

*********************

ここまでがべっぴんさん1週~13週14週 全体の前半ネタバレあらすじでした。

yjimage (6)

 

べっぴんさん全体の前半ネタバレあらすじにあるように、
すみれは、母を早くに亡くす様ですが、生活は戦争が始まるまでは
とても安定している様ですね。

べっぴんさんのすみれは、とと姉ちゃんの常子とは違った
幼少期を送りそうです。

べっぴんさんは一体どんな話の展開へと進んでいくのか、
今からとても楽しみですね。



スポンサーリンク