べっぴんさん キャスト ネタバレ 宮田圭子/佐藤 喜代 役




スポンサーリンク

◇べっぴんさん

佐藤喜代のキャストに選ばれた宮田圭子さんネタバレ
プロフィールはこちら



スポンサーリンク

 

生年月日 1947年10月23日(68歳)
出生地 兵庫県神戸市
身長 160 cm
血液型 O型
職業 女優

宮田圭子さんは、時代劇に非常によくキャスト出演されており、
代表的なものとしては『大岡越前』、『水戸黄門』、『暴れん坊将軍』、
『必殺シリーズ』、『遠山の金さん』、『鬼平犯科帳』などが
挙げられます。

ネタバレで、宮田圭子さんはどの作品もレギュラー出演ではなく、
同じシリーズでも何話かは出てくる役を演じているようです。

こんなにたくさんの有名な時代劇に出演されているのは
驚きですね。

日本の時代劇にとって宮田圭子さんは欠かせない存在なのでしょう。

NHKの朝ドラには1976年の『火の国に』、1987年の『はっさい先生』、
1994年の『春よ、来い』、2006年の『芋たこなんきん』、
2008年の『だんだん』に続き「べっぴんさん」で6作品目の出演となる
朝ドラ ベテラン女優さんです。

 

◇「べっぴんさん」で宮田圭子さんがキャストに選ばれた
佐藤喜代のネタバレです。

佐藤喜代は、坂東家の女中頭で、すみれとゆりの良き教育係であるようです。

戦後もすみれと行動を共にし、働かなければいけなくなった
母親たちの代わりに、子供達の世話をすることになります。

ここまでが べっぴんさん 宮田圭子さんがキャストに選ばれた
佐藤喜代のネタバレでした。

ネタバレにあるように、「べっぴんさん」で宮田圭子さんが
キャストに選ばれた佐藤喜代は、ヒロインの坂東すみれやゆりの
教育係ということで、すみれやゆりが成長していくのに
大きな影響を与えるであろう大切な役柄となりそうです。



スポンサーリンク

女中頭ということで、きっと厳しいながらも働かなくてはならなくなった
母親の代わりにたくさんすみれやゆりに愛情を注いでくれることでしょう。

そんな難しい役を演じる宮田圭子さんの演技に期待したいですね。



スポンサーリンク