べっぴんさん ネタバレ 実在モデル さくら役の坂野光子




スポンサーリンク

 

べっぴんさん 実在モデル 坂野光子についてネタバレします。

坂野光子は昭和17年(1942年)10月13日に、兵庫県神戸市で、
坂野通夫と坂野惇子の長女として生まれました。



スポンサーリンク

そのため、坂野光子は朝ドラ べっぴんさんの中で、
坂東すみれと田中紀夫の子供のさくら役の実在モデルとなります。

坂野光子のネタバレで、彼女は小林聖心女子学院を卒業します。

そして、昭和37年(1962年)に来日していたハッチャー婦人という女性に
気に入られ、昭和38年(1963年)5月から1年7ヶ月ほど、
ハッチャー婦人のところでアメリカ留学をします。

坂野光子はこのアメリカに留学していた時にスヌーピーが大好きになり、
日本へ帰国する時にアメリカからスヌーピーの本を数冊持ち帰ります。

さらに、坂野光子は本だけでは物足りないと思ったのか、
帰国した後には自分でスヌーピーの刺繍を入れたテーブルクロスや
クッションなどを作り上げました。

これに、母である坂野惇子が影響されてスヌーピーのことが好きになり、
次第に父の坂野通夫も影響を受け始めます。

坂野光子のスヌーピー好きがきっかけとなって、ファミリアは
スヌーピーのコピーライトを申請しました。

そして、昭和45年(1970年)4月からスヌーピーの
縫いぐるみの販売が始まりました。

ここから、スヌーピーはファミリアの代表商品の1つとなっていきます。

▼次に、べっぴんさん 実在モデル 坂野光子の家族構成についてネタバレします。

坂野光子は、昭和41年(1966年)、三和銀行に勤めていた
岡崎晴彦という男性と結婚します。

そして、光子と晴彦の間には、長男 岡崎忠彦、長女 岡崎ミサ、
さらに次男 岡崎雅 (後に坂野姓を継ぎ、坂野雅となります)が産まれました。

夫の岡崎晴彦は三和銀行から東京計器制作所へと仕事を変え、
昭和46年(1971年)7月には光子の両親が経営するファミリアへと移ります。

ネタバレで、ファミリア35周年を機に、社長である義理の父 坂野通夫が
代表取締役会長へと退き、光子の夫である岡崎晴彦が
ファミリアの社長に就任しました。



スポンサーリンク

さらに岡崎晴彦が亡くなった後には、長男の岡崎忠彦が
ファミリアの社長を継いでいくことになります。

ここまでが、べっぴんさんで坂東すみれと田中紀夫のこどもの
実在モデルのネタバレでした。

ファミリアの代表商品の1つであるスヌーピーは
実在モデルの坂野光子が気に入らなければ、日本で流行らなかったかもと思うと、
凄い出会いですね。

べっぴんさんでは、どんなキャラクターが使われるのでしょうか。
楽しみですね。



スポンサーリンク