べっぴんさん 坂東ゆりの実在モデル 佐々木智恵子




スポンサーリンク

べっぴんさん 実在モデル 佐々木智恵子についてネタバレします。

ネタバレで、朝ドラ『べっぴんさん』では、ヒロイン
坂東すみれの姉ということで、坂東ゆりの実在モデルは、
坂野惇子の姉 智恵子ということになります。



スポンサーリンク

では、べっぴんさん 坂東ゆりの実在モデル 佐々木智恵子とは
どんな人物だったのか、ネタバレします。

佐々木智恵子は明治38年(1905年)の12月に大阪府で、
佐々木営業部(現在のレナウン)の創業者である佐々木八十八と
佐々木倆子の次女として生まれました。

佐々木智恵子は、べっぴんさんでヒロインの実在モデルで、
子供服ブランド「ファミリア」の創業者でもある坂野惇子の
13歳離れた姉で、彼女の面倒をよく見るできた姉でした。

そして、佐々木智恵子は神戸女学院を卒業後、子爵である三浦義次と
結婚して東京に住むことになります。

父である佐々木八十八が多額納税者議員として選出されて、
貴族院議員となったため、議会が開かれている間は東京の
三浦家にいつも滞在していました。

また、佐々木八十八は東京を気に入っていたため、議会が行われない時期も、
好んで東京の三浦家に滞在していたようです。

しかし、佐々木智恵子は第二次政界大戦の末期に、
空襲で東京の三浦家を被災したため、夫の出身地である
岡山県勝山町の旧藩邸へと疎開します。

その後、妹の坂野惇子も神戸大空襲に遭い神戸の自宅を被災したため、
姉を頼りに姉が暮らす岡山県勝山町の旧藩邸へと疎開しに来ました。

 

べっぴんさん 実在モデル 佐々木智恵子の夫である
三浦義次と2人にできた家族の簡単なネタバレです。

佐々木智恵子の夫である三浦義次は、佐々木八十八の
レナウン・メリヤス工業の取締役、さらには東京佐々木営業部の
監査役を務めました。

そして、智恵子と義次の間には、長女の三浦晃子が生まれています。



スポンサーリンク

ここまでが、べっぴんさんで坂東すみれの姉である坂東ゆりの実在モデル
佐々木智恵子のネタバレでした。

佐々木智恵子は妹の坂野惇子と13歳も離れていたので、
妹の面倒をよく見る良いお姉ちゃんだったようですね。

べっぴんさんでは、佐々木智恵子を実在モデルとする
坂東ゆりを蓮佛美沙子さんが演じますが、最近はあまり
しっかり者の役が少ないので、どんなお姉さんを演じるのか、
今から楽しみですね。



スポンサーリンク