べっぴんさんネタバレ 田坂君枝の実在モデル 村井ミヨ子 




スポンサーリンク

べっぴんさんネタバレ 田坂君枝さんの実在モデルになってる 村井ミヨ子 さんをまとめてみました。

<べっぴんさんネタバレ村井ミヨ子 さんのプロフィール>



スポンサーリンク

生まれ  1923年3月4日
出身地  東京都 

べっぴんさんネタバレ実在モデルの村井ミヨ子さんは、ドラマの中ではすみれの同級生役として登場しますが、実際はヒロインの坂野惇子さんより5つも年上の女性でした。
しかし、ドラマ内と同じく幼少期から病弱でした。実在モデルの村井ミヨ子さんの父は商社マンで生まれて間もなくミャンマーで暮らしていたと言います。

 

<べっぴんさんネタバレ実在モデル村井ミヨ子 さんとは >
べっぴんさんネタバレ実在モデル村井ミヨ子 さんは、父の栄三郎がミャンマーで飛び回っていた次は、インドに異動というときに、就学年齢に達したため、帰国しました。帰国後は、祖父母の住む兵庫県芦屋市に預けられ兄姉、母の4人でお世話になっていました。

松陰高等女学校を卒業後、近所で洋裁を習っていたべっぴんさんネタバレ実在モデル村井ミヨ子 さんは、教室に通う道で、ばったりある夫婦に遭遇します。

ここでネタバレなのが、その夫婦こそが、ヒロインの坂野惇子さん夫婦だったのです。ドラマでは同級生という設定ですが、出会いはこんなに後だったんですね。

もう一つべっぴんさんネタバレなのが、ある日坂野惇子さんの夫である道夫さんが「子犬を飼いませんか?」といわれ、ここから夫婦との交流(出会い)が始まったと言われています。

1944年、実在モデル村井ミヨ子 さんが完一さんと結婚され終戦を迎えました。その後、疎開先から尼崎に引越し再び坂野惇子さんを訪ねていると、

ここで最後のべっぴんさんネタバレ、坂野惇子さんの父が軽井沢の別荘を売り、引き払う時にあった”西洋の毛糸”が実在モデル村井ミヨ子 さんの心を動かしたのでした。
そして、この毛糸がきっかけで坂野惇子さんから手芸を学び後にファミリアの創業に繋がって行くのでした。



スポンサーリンク

<最後に実在モデルさん自身への感想と今後の少しの予測と感想>

病弱であったべっぴんさんネタバレ実在モデル村井ミヨ子 さんでしたが、ヒロインの坂野惇子さん夫婦の出会いと、たった一つの毛糸との出会いで大きな会社を設立するメンバーになったという人生は、運命なんだなと思います。

また、彼女の生きがいになったに違いありません。



スポンサーリンク