べっぴんさん ネタバレ18週98話99話 栄輔キアリスを乗っ取り




スポンサーリンク

べっぴんさん ネタバレ 18週98話99話あらすじの内容です。
キアリスの夏の展示「女の一生」がはじまり、すみれたちは大忙しの中、今回も成功に導きました。そしてさくらとの関係はまだ、ギクシャクした状態ではありますが、自分の気持ちを伝えるためにようやくさくらの元に足を運んだすみれ。今後親子の絆が埋まるように願うばかりです。

では18週98話99話あらすじです。
時は昭和35年、キアリスの商品に欠かせない生地材料でもあるメリヤス生地を卸している工場から、すみれ宛てに一通の手紙が届きます。



スポンサーリンク

べっぴんさん18週98話99話の最初のネタバレは、手紙の内容にはメリヤス工場が廃業するということが綴られていました。それはすみれたちのキアリスにとっては死活問題!その工場がなければ生地を仕入れることが出来ず、商品を作ることができなくなります。

つまり、キアリスも倒産してしまうというとても大変な状況に追い込まれていました。
そんな中、この状況を父八十八に相談に行くのですが、、、

ここでべっぴんさん18週98話99話のネタバレ!
すみれたちのために八十八は必死に手伝い、なぜそうなったのかを追及していると、あることに気づきます。

メリヤス工場を訪れた八十八が状況を確認したところ、おかしいと思ったのでした。

そして最後のべっぴんさん18週98話99話のネタバレは、その工場を生地の質の良さに目を付けた栄輔が工場丸ごと買い取ったということに気づいたのでした。

いったいそれはどういうことを意味するのか?なぜ栄輔はそこまでして工場を手にしたのか

ここまで18週98話99話のネタバレあらすじでした。

栄輔の考えている洋服戦線はいったい何なんでしょうか?
もし今後、工場を自分のものにしてしまったら、キアリスだけでなくお世話になった潔のオライオンにも影響を与えかねないと思います。



スポンサーリンク

べっぴんさん18週98話99話のネタバレではここまでのことはまだ明かされていませんが、今後栄輔の行動がとてもキーポイントになってくるのではないでしょうか?



スポンサーリンク