べっぴんさん ネタバレ20週114話115話 健太郎がさくらに告白一緒に東京へ




スポンサーリンク

べっぴんさん ネタバレ20週114話115 話の内容です。
健太郎の東京大学への進学の希望を聞いた君枝と昭一は、息子の門出を心から喜んでいました。また、健太郎がなぜ東京大学に進みたいのか?というところは疑うこともなくただ、息子の気持ちを尊重だけしていたのですが、、、

では、べっぴんさん20週114話115話のネタバレあらすじです。
自分の希望が叶った健太郎は、さっそくさくらにも報告します。さくらに祝福された健太郎は勢いあまって思わず、、、



スポンサーリンク

ここで最初のべっぴんさん20週114話115話のネタバレ!告白してしまったのです。
さくらのことを幼い時から知り、幼馴染ではあったのですが、喫茶ヨーソローでの騒動から健太郎はずっと思いを寄せていました。

そしてその「好き」という気持ちに対してさくらも「好き」と返したのです。

しかしここで二つ目のべっぴんさん20週114話115話のネタバレは、さくらの「好き」の意味が違っていたことでした。つまり、さくらは友達として好意をもっているという意味だったのです。

そして時は昭和38年春。さくらと健太郎の大学合格と、忠一郎と喜代の旅立ちの日の決定、武の婚約までが一挙に押し寄せていました。

そしてお祝いを喫茶ヨーソローで開きました。

お祝いモードも落ち着き、みんなの門出も見送った後、一気に寂しくなるすみれ。

最後のべっぴんさん20週114話115話のネタバレは、これからすみれと紀夫が新しく二人だけで生活が始まるという実感がゆっくりと押し寄せてくるのでした。

ここまでべっぴんさん20週114話115話のネタバレあらすじでした。
最後は夫婦2人の生活になるという展開で終わってしまった、べっぴんさん20週114話115話のネタバレでしたが、よく考えてみると当たり前の事なんですよね。子供が成長して自立してくれるのは嬉しい事なんですから。



スポンサーリンク

これからはゆっくり夫婦水入らずで!

そして、健太郎は東京に進むさくらを追うために東京大学に進んだことは、両親はいつ知る事になるのでしょうか?



スポンサーリンク