ひよっこ キャスト相関図&追加【茨城故郷篇 東京編

ひよっこ キャスト 相関図 茨城故郷篇 東京編の内容です。

ひよっこの茨城故郷篇と東京篇のキャスト
相関図について紹介します。追加されたキャストも順次のせていきます。



スポンサーリンク

まずは、ひよっこ 茨城故郷篇のキャスト相関図です。

ひよっこ 相関図 - 故郷篇


ヒロインの谷田部みね子は有村架純さんが演じます。

東京編追加キャスト:あかね荘、あかね坂商店街の人々

連続テレビ小説「ひよっこ」新キャスト

【アパート「あかね荘」の人々】

白石加代子(しらいし かよこ)
【連続テレビ小説初出演】
大家 立花富
すずふり亭の裏手にあるアパート「あかね荘」の大家。明治生まれで、昔は赤坂きっての売れっ子芸者だった。

hiyo0426_02.jpg
竹内涼真(たけうち りょうま)
【連続テレビ小説初出演】
大学生 島谷純一郎
《役柄》
佐賀県で大会社を経営する一家の御曹司だが、お金持ちの友人たちと付き合うのは好きではない。みね子の隣の部屋に住んでいて、部屋にいるときはいつも勉強している。炊事場でほかの住人たちと過ごす時間を気に入っているが、早苗とはソリが合わない。みね子は、島谷のどことなく陰のある雰囲気が気になってしまう。

hiyo0426_03.jpg
シシド・カフカ【連続テレビ小説初出演】
会社員 久坂早苗
1階に住むオフィスレディー。私生活は謎に包まれている“永遠の25歳”。常に何かにいらだっている雰囲気を漂わせている。

hiyo0426_04.jpg
浅香航大(あさか こうだい)
漫画家の卵 坪内祐二
漫画家志望の青年。同郷の「藤子不二雄」に憧れ、富山県から啓輔と一緒に上京して5年がたつが、まったく芽が出ていない。

岡山天音(おかやま あまね)
【連続テレビ小説初出演】
漫画家の卵 新田啓輔
漫画家志望の青年。富山県出身。藤子先生をまねて、相棒の祐二と同じ部屋に住んでいる。

【「あかね坂商店街」の人々】

三宅裕司(みやけ ゆうじ)
和菓子屋の店主 柏木一郎
和菓子屋「柏木堂」の店主。鼻歌を歌ったり面白くないジョークを言ったりと、おしゃべりで陽気な性格。

光石研(みついし けん)
中国料理屋の店主 福田五郎
すずふり亭のすぐ隣にある、中国料理屋「福翠楼」の店主。店は妻の安江と2人で切り盛りしている。

生田智子(いくた ともこ)
五郎の妻 福田安江
夫婦二人三脚で商売をしているが、毎日のようにけんかしている。気が強いので、五郎に文句を言われても、いつも言い負かす。

hiyo0426_09.jpg
白石美帆(しらいし みほ)
バーの店主 竹内邦子
バー「月時計」の店主。家業であった時計屋を改装してバーを始めた。省吾とは子どものころからの付き合いで、妹のような存在。

hiyo0426_10.jpg
古舘佑太郎(ふるたち ゆうたろう)
【連続テレビ小説初出演】
一郎の息子 柏木ヤスハル
「柏木堂」の一人息子だが、甘い物が大嫌いで、服についたあんこのにおいも嫌がるほど。

【その他の東京の人々】

斉藤暁(さいとう さとる)
米屋の店主 安部善三
三男が就職した日本橋の小さな米屋「安部米店」の店主。妻はすでに他界していて娘のさおりと2人暮らし。

hiyo0426_12.jpg
伊藤沙莉(いとう さいり)
【連続テレビ小説初出演】
善三の娘 安部さおり
父と仲が悪く、ほとんど口をきかない。いつかこの店をパン屋にしたいと考えている。

hiyo0426_13.jpg
島崎遥香(しまざき はるか)
【連続テレビ小説初出演】
省吾の娘 牧野由香
小さい頃は可愛らしい女の子だったが、母親が亡くなったことがきっかけで、わがまま放題な“跳ねっ返り娘”になった。

故郷編 キャスト

 

父・谷田部実のキャストは沢村一樹さんです。
沢村一樹さん演じる谷田部実は、農業が大好きなので、
故郷で田や畑仕事をしていたかったのですが、不作の年に
作った借金を返すために、東京の工事現場で懸命に働いています。

離れていても、いつも家族のことを思っている心優しい父親でしたが、
稲刈りで帰郷したのを最後に、消息を絶ってしまいます。

 

 

母・谷田部美代子のキャストは木村佳乃さんです。

谷田部美代子は、明るくおしゃべりで、少しおちゃめな性格です。

農作業をしている一方で、洋裁の内職もする働き者でもあります。

夫である実が家にいないことで寂しい思いをしていますが、
子どもたちの前では明るく振る舞うようです。

実の消息がわからなくなったことに大きなショックを受けますが、
夫の無事を信じて待ち続けます。

 

 

祖父・谷田部茂のキャストは古谷一行さんです。

谷田部茂は、あまり喋らないのに、たまに話すとと毒舌です。

しかし、本当は家族のことを一番よくわかっていて、
さりげなく優しい気遣いをしながら谷田部家を支えています。

農業一筋で生きてきたので、跡取り息子である実を東京に
出稼ぎに出さなくてはならない状況を心苦しく思っています。

 

叔父・小祝宗男のキャストは峯田和伸さんです。

 

小祝宗男は実の弟でみね子の叔父にあたります。

少し離れた村に養子に行きましたが、父のいない谷田部家を
いつも心配していて、野菜などを持ってよく現れます。

 

【奥茨城村の人々】
みね子の幼なじみで同級生の助川時子のキャストは、
佐久間由衣さんです。

助川時子は、村一番の美少女で、気も強く、みね子とは
対照的な性格ですが、お互いに欠かせない親友同士のようです。

 

同じくみね子の幼なじみで同級生の角谷三男のキャストは、
泉澤祐希さんです。

時子に片思いをしているようです。

みね子と同様、奥茨城が大好きなのだが、農家の三男坊なので
継ぐこともできず、集団就職で日本橋の米屋で働くことが決まっています。

上京後も3人の友情は続き、励まし合いながら3人とも
それぞれの道を歩んでいきます。
時子の母・助川君子のキャストは羽田美智子さんです。

みね子の母である美代子とは幼なじみで、頻繁に
農作業を手伝いに来ては、おしゃべりにも花を咲かせます。

時子には、堅実な道を歩んで幸せになって欲しいと願っていて、
上京には反対しています。

 

時子の父・助川正二のキャストは遠山俊也さんです。

助川正二は、酪農も手がけるなど、奥茨城村の農家としては
成功しているようです。



スポンサーリンク

みね子の家とは付き合いも古く、毎年、田植えや稲刈りを
手伝っています。

いつも君子の勢いに押されてしまうので、周りからは
尻に敷かれているように見られています。

 

三男の母・角谷きよのキャストは柴田理恵さんです。

みね子の家よりは大きな農家で、リンゴの栽培もしています。

日々の農作業で忙しく、三男の顔を見るたびに「さっさと手伝え」と
うるさく言うようです。

しかし、集団就職の見送りでは誰よりも号泣するなど、
本当は愛情深い人物です。

 

みね子たちが通学に使うバスの車掌・益子次郎のキャストは、
松尾諭さんです。

みね子たちの集落から町に出る唯一の交通手段がこのバスで、
長年、子どもたちの成長や数々の出会いと別れの場を見てきました。

ほとんどの村人と顔なじみで、乗客の会話にもよく加わります。

ここまでが、ひよっこ 茨城故郷篇のキャスト相関図でした。

次に、ひよっこ 東京篇のキャスト相関図です。

 

 

【東京編の人々すずふり亭】

― 洋食屋「すずふり亭」の人びと ―
おかみさん・牧野鈴子のキャストは宮本信子 さんです。

牧野鈴子は赤坂にある洋食屋「すずふり亭」の主人です。

父が開いた洋食屋を、夫、息子と一緒に切り盛りしていましたが、
空襲で夫と店を失います。

戦後、必死に働いて店を再建し、「本格的な洋食を気軽に食べられる」と
町の人から愛される繁盛店となりました。

東京に出稼ぎで来ていたみね子の父である実が来店したことを
きっかけに、谷田部家との交流が始まります。

みね子が上京してからも何かと世話を焼き、みね子の大きな
支えとなる人物です。

 

料理長・牧野省吾のキャストは佐々木蔵之介 さんです。

牧野省吾は「すずふり亭」の料理長で、鈴子の息子です。

父が亡くなったあと、母である鈴子と二人三脚で店を
切り盛りし、その味を守ってきました。

ドミソース(デミグラスソース)には、特にこだわりがあるようです。

仕事には厳しいですが心根は優しく、東京で父を探す
みね子をそっと見守ります。

妻とは死別していて、一人娘は突然結婚して家を出て行きました。

まだ若い省吾には再婚して欲しいと、鈴子は思っているようです。

 

 

コック・井川元治のキャストはやついいちろうさんです。

井川元治はお店の二番手ですが、サボり癖があり、
料理人としての腕を磨こうという気概も感じられません。

後輩の秀俊にはやたら厳しく、仕込みなど面倒なことを
すぐに押しつけようとします。

その一方で、感動屋さんで涙もろく、その単純さが憎めない男でもあります。

 

ホール担当・朝倉高子のキャストは佐藤仁美さんです。

朝倉高子は仕事は出来ますが愛想のいい方ではなく、
開店直後はなかなかスイッチが入らないようです。

 

若い女性を勝手にライバル視する癖があり、「いい女」には
厳しいみたいです。

みね子は高子に優しくされて、嬉しい一方、少し複雑なようです。

この店で働くようになったのには、ある理由があります。

 

 


見習いコック・前田秀俊のキャストは磯村勇斗さんです。

前田秀俊は仕込みから閉店後の後片づけまで、
1日の大半を厨房で過ごします。

夢は、いつか自分の店を持つことで、省吾から料理の技と
心得を学ぼうと、日々、修業に精を出しています。

みね子が店で働くようになってからは、下積みの仲間として、
時にぶつかり、時に助け合うようです。

 

 

警察官・綿引正義のキャストは竜星涼さんです。

赤坂警察署管内の五丁目派出所に勤務する警察官で茨城県出身です。

実の捜索願を出しに来た美代子が同郷と知ったことで、
少しでも役に立ちたいとの思いから捜索の手伝いを申し出ます。

本人はとてもまじめな性格ですが、その爽やかなルックスからか、
トランジスタラジオ工場の乙女寮の女子工員達を
虜にしてしまうようです。

 

 

― トランジスタラジオ工場の仲間 ―

舎監・永井愛子のキャストは和久井映見さんです。

永井愛子は40名ほどが暮らす女子寮で、工員たちの
面倒をみています。

中学や高校を卒業してすぐに上京してきた女子工員たちに
とっては、母のようでもあり先生のようでもある存在です。

若い頃は、みね子たちと同じく工場で働いていましたが、
不器用でとても苦労したらしい。

おっちょこちょいで抜けていることも多いですが、
ここぞという時には頼りになる人物です。

恋人を戦争で亡くしていて、今も独身を守っています。

 

 

 

みね子の同期の工員・青天目澄子のキャストは松本穂香さんです。

青天目澄子は福島県出身で、家計を助けるために、
中学を卒業してすぐに上京してきました。

いつもマイペースで、何をするのも遅く、よくミスをして
生産ラインを止めてしまいますが、悪びれる様子もありません。

「乙女寮」では、課外活動のコーラスと食堂のカレーライスを
楽しみにしており、それが大きな騒動を巻き起こします。

 

 

みね子の同期の工員・兼平豊子のキャストは藤野涼子さんです。

兼平豊子は青森県出身で、体育以外オール5という成績だったのに、
家が貧しいため進学できず、中学を卒業して就職しました。

頭が良くて仕事もできますが、高校に行けなかった悔しさから
ついついとげのある言い方をしてしまいます。

特にに全くタイプの違う澄子とはそりが合いません。

休日も勉強に励む努力家でもあります。

 

 

みね子の先輩工員・秋葉幸子のキャストは小島藤子さんです。

秋葉幸子は山形県出身で、中学卒業後、向島電機で働き始めました。

「乙女寮」のことは舎監の愛子よりも詳しく、寮長を務めています。

みんなに慕われる優等生で、みね子たち新人をあたたかく
迎え入れます。

課外活動のコーラスを指導しに来る先生と婚約していますが、
悩みも多くあるようです。

 

 

みね子の先輩工員・夏井優子のキャストは八木優希さんです。

夏井優子は秋田県出身で、中学を卒業して上京してきました。

体が弱いため寝込んでしまうことがありますが、
本当なら工場で1番になるくらい仕事ができます。

すぐに喧嘩してしまう澄子と豊子をなだめるお姉さん的存在です。

可憐で可愛らしい雰囲気は、みね子の憧れになるようです。

 

 

**************************************

 

ここまでが、ひよっこの茨城故郷篇と東京篇のキャスト
相関図についての紹介でした。

ひよっこも、いつもの朝ドラ同様に大人のキャストは
茨城故郷篇も東京篇もとても豪華ですね。

若者は有村さん以外はまだまだ若手で、有名ではない人が
多いですが、これを機に活躍していくかもしれません。

4月から始まるひよっこ、とても楽しみです。



スポンサーリンク