ひよっこ あらすじ6週【父実どこにいる?モデルは

ひよっこ あらすじネタバレ6週全体の内容です。

ひよっこの6週全体のあらすじをネタバレします。



スポンサーリンク

みね子の父が生きていることがわかります。

しかし、生きているならなぜ連絡をくれないのか、
自分達と縁を切りたいのかとみね子は考えます。

ひよっこは実在モデルをもとにしていなく、もちろん父親の実の実在モデルはいません。なので生きてはいるのですが、どうやってみね子たちと出会うか、今どこにいるかはわかってません。

一方、みね子は初任給がもらえ、その大半は実家に仕送りしますが、
残ったお金で初めて「すずふり亭」に行き、料理の美味しさに
感動するのでした。

実が生きていることがわかるようですね。

でも、なぜ帰郷したり連絡をよこさなかったりするのでしょうか。

まだ実については謎に包まれていますね。

では、ひよっこ 6週全体のあらすじネタバレです。
************************

5週の終わりに登場し、乙女寮の女子工員達から黄色い歓声を受けた
綿引は、みね子の父である実の捜索に力を貸してくれている警察官でした。

みね子は、実を捜してくれている警察官のことを母である
美代子から聞いていたので挨拶に行こうと考えていました。

綿引はそのことを知ると、みね子にとっては慣れない
東京の地であるためわざわざみね子の元を訪れてくれたのでした。

そして、綿引とみね子は近くの喫茶店に入り話をします。

奥茨城村の田舎で過ごしていたみね子にとって、喫茶店は
初めての体験なのでみね子はとても緊張しています。

そして、みね子は綿引に実を捜索してくれていることの
お礼を伝えると、綿引は同じ茨城県人であることを話し、
いいんだよとみね子に伝えます。

その後、みね子は実が住んでいた場所に行ってみたかったので
綿引はその場所にみね子を案内します。

みね子は実が住んでいた場所を訪れると、ここで実が暮らして
どんなことがあったのか、それを考えるとみね子は
涙が止まらなくなってしまいました。

そして、乙女寮に戻ったみね子は、同部屋の6人で一緒に
銭湯へと向かいました。

そこで、初めての休日である日曜日にどんなことをしていたのか
皆で話します。

みね子の幼馴染みの時子は、テレビ放送をしているところに行き、
オーディションの紙をもらってきたようです。

幸子はせっかくのデート中に喧嘩してしまったことを
皆に話すのでした。

こうして、みね子達にとっての初めての休日は終わります。

それからしばらくして、乙女寮ではコーラスの時間がやってきました。

音楽の先生は、幸子の恋人である高島雄大です。

雄大は普段、みね子達と同様に工場に勤務していますが、
音楽の勉強をずっと続けている優しい青年です。

雄大は、新入社員の4人に対してとにかく毎日の日々を忘れて
音楽を楽しむよう伝えます。

その日の曲は「トロイカ」。

みね子達はすごくいい気分になりコーラスを思いっきり楽しみました。

そこに、みね子に朗報が入ったと警察官の綿引が乙女寮に
訪れます。

その朗報は、実の同僚で先月に実を見たという人がいたということでした。

みね子はあまりに突然の出来事だったので驚きました。

そして、谷田部家には電話がないため時子の家に急いで連絡します。

電話に出たのは時子の母 君子でした。

君子は慌てて、美代子のところに向かい実のことを知らせます。

美代子は、実が生きていたことに安堵の気持ちになりました。

しかし、みね子は実が生きていることがわかったにも
かかわらず、あまり元気がありませんでした。

実は、生きているのになぜ連絡をくれないのか、家族と縁を
切りたいのだろうかとそんなことをみね子は考えてしまうのです。

数日後、美代子からの手紙がみね子のもとに届きます。

文面こそ明るいものの、美代子もおそらくみね子と
同じことを思っているように手紙を読んでみね子は感じます。

そんなある日、みね子はそのことを乙女寮の舎監である
愛子らに相談しました。

愛子は、そんなみね子のことを明るく励ましてくれます。

そのため、愛子はみね子だけでなく寮に住む皆が
愛子のことを東京のお母さんのように慕うのでした。

翌日、みね子たちは待ちに待った初任給をもらえる日が
やってきました。

みね子の初任給は1万2千円。そこから、税金や保険等が引かれ、
手取りで残るのは6,000円でした。

そこから、5,000円を奥茨城村の谷田部家へ現金書留で
仕送りします。

みね子が自由に使えるお金は1,000円だけになりますが、
自分で働いてお給料をもらえるということが何よりも
誇らしく嬉しく思えるみね子でした。



スポンサーリンク

そして次の日曜日、みね子は東京に来てから初めて
洋食屋「すずふり亭」を訪れました。

店主の鈴子と料理長の省吾がみね子のことを出迎えてくれました。

みね子は、実がお世話になったこと、美代子も東京に来たときに
お世話になったことについて、お礼をいいます。

そして、みね子は鈴子に仕事のこと、寮のこと、同僚や
奥茨城村でのことなど本当にたくさんの話をしました。

みね子は、初任給で実が絶賛していた洋食屋「すずふり亭」の料理を
食べると決めていたのだが、洋食屋にくること自体が
初めてなので困ってしまいました。

そこで、ウエイトレスの朝倉高子がみね子の予算を
さりげなく聞いて料理をすすめてくれました。

その料理を食べると、美味しさにみね子は驚くのでした。

そして、みね子はお給料が出る度に「すずぶり亭」に来て
洋食を食べることを目標にすると告げるのでした。

みね子が美味しそうに食べる姿をみた「すずぶり亭」のメンバーは、
その様子を暖かく見守ってくれたのでした。

*********************

ここまでが、ひよっこ 6週全体のあらすじネタバレでした。

ひよっこ 6週全体のあらすじネタバレにあるように、
実が暮らしていた場所をみね子は訪れるようです。

果たして実はどんな部屋に住んでいたのでしょう。

また、実が生きていることはわかりますが、どこにいるのか、
なぜ何の知らせもないのか、全くわかりません。

実の身にいったい何が起きているのか、これからの展開に
目が離せないですね。

そして、みね子は洋食屋「すずふり亭」を訪れます。

これからさらに深くなる「すずふり亭」とみね子の関係。

7週以降も楽しみですね↓↓↓
≫人物ネタバレ【三男が時子に再び告白・結婚・出産へ

≫ネタバレ予想12週【島谷と結婚・出産に?綿引と三角関係に

≫ひよっこあらすじ感想を最終回まで掲載中!登場人別の今後ネタバレも大暴露中!

≫ネタバレ11週【あかね荘の立花・省吾の別れた娘

≫あらすじネタバレ10週【倒産後すずふり亭で

≫あらすじネタバレ9週【さおり三男に失恋・結婚へ雄大と幸子

≫あらすじネタバレ8週【綿引に告白?故郷に戻る

≫あらすじネタバレ7週【澄子も失踪?三男が時子に告白

 

 

 



スポンサーリンク