ひよっこ あらすじネタバレ10週【倒産後すずふり亭で

ひよっこ あらすじネタバレ10週全体の内容です。

ひよっこの10週全体のあらすじを簡単にネタバレします。



スポンサーリンク

年が暮れる頃、みね子に衝撃が走りました。

みね子の再就職先として決まっていた石鹸工場の業績が悪化し、
澄子とみね子の両方は雇えなくなってしまったのです。

そのため、年下の澄子を石鹸工場に入れるように、
自分から入社を辞退するみね子でしたが、自分のこれからを考えて
落ち込んでしまいます。

しかし、すぐに洋食屋「すずふり亭」の店主の鈴子から
ホールのウエイトレスを雇うつもりだから働かないかと声をかけられ、
年明けからみね子は「すずふり亭」で働くことが決まります。

みね子は家族に心配をかけないように向島電機の倒産は内緒にし、
実家にも年末には帰省しないつもりでいました。

乙女寮で愛子と二人きりで迎えた元旦。

愛子からのお年玉による切符のプレゼントから、
みね子は家族の待つ奥茨城村に帰省することになりました。

みね子は向島電機が倒産したこと、しかし鈴子に誘われ
「すずふり亭」で雇ってもらうことになったことなど、
これまであったことを順番にみね子は家族に報告すると、
1泊して新しい生活が待っている東京に戻って行くのでした。

石鹸工場ではみね子は全く働かないようですね。

鈴子のおかげで職も住む場所も確保することができたみね子。

その一方で、東京で母親のように慕っていた愛子とのお別れもある
10週。

みね子にとって、寂しさとこれからの生活に期待する週となりそうですね。

では、ひよっこ 10週全体のあらすじネタバレです。
************************

年末になり、乙女寮の他の面々が次々と去っていく中で、
みね子は愛子と一緒に最後まで寮に残っていました。

そんなみね子のもとに良くない知らせが入ってきます。

なんと、みね子が働く予定だった石鹸工場の業績が悪化したため、
澄子かみね子かのどちらか一人しか雇うことができなくなったと
社長が報告しに訪れてきたのです。

その話を聞いたみね子は、澄子の方がみね子より年下だからと言って、
その石鹸工場への入社を自分で辞退したのでした。

澄子はみね子にお礼を述べ、新しい石鹸工場へと
働きに出掛けるのでした。

後輩のためにしたことではありますが、みね子は仕送りもしなければならず、
今後のことを考えると
不安でいっぱいで、落ち込んでしまいます。

そして、そのことを「すずふり亭」の店主である鈴子に
相談するため、「すずぶり亭」へと足を運びました。

みね子は、これまでの間に起きたことを鈴子に全て説明します。

これからのことに悩んでいるみね子に鈴子はちょうど
ホールのウエイトレスを探していたのでうちで働かないか、
とみね子を誘います。

鈴子はホールの係をまとめている高子に、みね子と一緒に
働くことになっても大丈夫か確認するとOKだと言ってくれました。

みね子にとっては、鈴子の誘いに驚きながらも嬉しく思いました。

乙女寮に戻るとみね子は、そのことを愛子に話します。

すると、愛子は自分のことのように喜んでくれました。

楽しそうなお店だし、そのうち実がやってくる可能性もあるから、
とてもいいところに就職先が決まって良かったと愛子は
安心したのです。

新しく住む場所も、店の近くにあるアパートを鈴子が
紹介してくれたため、みね子は住む場所も見つけることができました。

その翌日、みね子は新しく住む場所を見にいき、
挨拶をしました。

そこには、愛子も一緒についていきました。

愛子と鈴子は初めての会話でしたが、それを見ていることが
みね子にとっては何だか楽しく思えます。

そして、東京で初めて一人暮らしをすることにみね子は
ワクワクしていました。

年末が迫っていたこともあり、みね子は引越しを
年明けにすることにしました。

また、新しい仕事も決まったため、実家に帰省しようか
という想いもありましたが、お世話になってきた愛子と一緒に
少しでも長くいたいという想いもありました。

そのため、みね子は愛子と一緒にいます。

みね子が新しく住むアパートを見た帰りに実が行方不明になった場所に
愛子と一緒に訪れます。

2人は、しばらくそこに佇んでいました。

そして、寮に戻った2人は大掃除を急いで始めます。

大掃除が終わると、プロレスや紅白歌合戦を楽しみ、
除夜の鐘を一緒に聴いて、カウントダウンをしました。

お互いにあけましておめでとうございますと言い合い、
新年を迎えたのです。

その夜は、みね子は愛子と一緒に布団を並べて寝ました。

今日一日が凄く忙しかったのですぐに疲れて寝てしまったみね子に、
愛子は自分にこんな子がいてもおかしくないはずで、
本当に楽しい時間を過ごせたことにありがとうと
寝ているみね子にお礼を話します。



スポンサーリンク

愛子は一人で年越しになってしまう自分を気遣ってくれる
みね子の優しさに気づいていたのです。

そして翌朝、みね子が目を覚まして起きたときには
愛子はそこにいませんでした。

愛子は、みね子にお年玉として奥茨城村行きの切符を
買いに出ていたのです。

乙女寮に戻ってきた愛子は、みね子にその切符をプレゼントします。

すぐに東京に戻らなければならないけど、家族に報告することが
あるでしょ、とみね子に話します。

愛子から切符を受け取ったみね子は、急いで列車に乗って
故郷である奥茨城村に帰りました。

着いたのは元旦の夜でした。

みね子が帰ってくると思ってなかった谷田部家では、
みね子が帰ってきてくれたことに大喜びです。

そして、みね子は、美代子たちにこれまでのことを報告します。

向島電機が倒産したことやすずぶり亭で働くことになったことなどを
順序よくわかりやすく説明しました。

美代子は、「すずぶり亭」の人達には感謝しかないので、
手紙を書くと言って手紙を書き始めるのでした。

しかし、実のことを美代子はあえて聴きません。

そのため、みね子はためらないながらも、誰もお父さんのことは
聴かないけれど、お父さんがいないことに慣れてしまったのか、
と言ってしまいます。

その言葉に祖父の茂は何も言えずにいました。

すると、美代子が少し間をおいて、お父さんがいないことに
慣れてなんかいないが、口に出すと寂しくなってしまうからと話し、
戻ってくると信じていると美代子は少し涙ぐみながら話したのでした。

みね子は「ごめん」と一言だけ謝り、みね子は長旅だったので
疲れて寝ていきました。

翌日の夜には、みね子は夜行列車で東京にとんぼ返りをします。

そして、すずぶり亭での新しい生活がスタートしていくのでした。

*********************

ここまでが、ひよっこ 10週全体のあらすじネタバレでした。

≫人物ネタバレ【三男が時子に再び告白・結婚・出産へ

≫ネタバレ予想12週【島谷と結婚・出産に?綿引と三角関係に

≫ひよっこあらすじ感想を最終回まで掲載中!登場人別の今後ネタバレも大暴露中!

≫ネタバレ11週【あかね荘の立花・省吾の別れた娘

≫あらすじネタバレ10週【倒産後すずふり亭で

≫あらすじネタバレ9週【さおり三男に失恋・結婚へ雄大と幸子

≫あらすじネタバレ8週【綿引に告白?故郷に戻る

≫あらすじネタバレ7週【澄子も失踪?三男が時子に告白

感想:ひよっこ 10週全体のあらすじネタバレにあるように、
石鹸工場には入社できず、洋食屋「すずふり亭」でホールのウエイトレスを
することになったみね子。

これからの「すずふり亭」でのみね子とそこで働く人達の
やり取りが楽しみですね。

一方で、愛子との別れもある10週。

愛子と過ごす1日は寂しい回となるかもしれません。



スポンサーリンク