ひよっこキャスト「内藤洋子とは現在の画像も




スポンサーリンク

ひよっこキャスト永遠の美少女「内藤洋子」 とはの内容です。

現在、放送されている朝ドラ ひよっこでは、あかね荘に住んでいる男子が
こぞって”永遠の美少女”
として称賛していた内藤洋子さんがネットでトレンド入りをしていたようです。



スポンサーリンク

そこで今回は、あかね荘の男子が”永遠の美少女”と称する
内藤洋子さんのプロフィールや内藤洋子さんがキャストを演じた
作品などについても紹介し、現在に近い60才ほどの画像もあったので最後までみてください↓↓

 

 

では、”永遠の美少女”と称される内藤洋子さんについてと
内藤洋子さんが演じた主なキャスト作品の紹介です。

内藤洋子さんのプロフィールはこちら

生年月日 1950年5月28日(67歳)
出身地 茨城県鹿島郡神栖村
職業 モデル・女優・童話作家
事務所 愛企画

内藤洋子さんは、小学校5年生の時に学校にエースコックの
ワンタンメンのCM撮影隊が訪れ、それがきっかけで少女雑誌の
『りぼん』のモデルを始めるようになります。

そして、高校在学中の1965年に、黒澤明監督の『赤ひげ』で
キャストデビューを果たします。

翌年の1966年、三浦綾子さん原作のテレビドラマ『氷点』に
辻口陽子役でキャスト出演し、絶大なる人気を得ます。

また、松山善三監督の『その人は昔』で舟木一夫さんと共演し、
このとき彼女自身が歌った挿入歌である「白馬のルンナ」は
50万枚のセールスを記録しました。

1968年には自身の代表作とも言える『兄貴の恋人』で主役を務め、
ヒットしました。

1970年には、ギタリストの喜多嶋 修さんと結婚し、
芸能界を完全に引退してアメリカに移住されています。



スポンサーリンク

現在は娘の喜多嶋舞さんが、芸能活動をされているようです。

ここまでが、ひよっこであかね荘に住んでいる男子が皆、
“永遠の美少女”と称した内藤洋子さんについてと内藤洋子さんが
キャストとして出演されていた主な作品についての紹介でした。

内藤洋子さんの作品を私は見たことがなく、実際に演じている様子が、
どうなのかはわかりません。

しかし、公表されている写真で見る限りとても可愛らしい人に見えます。

当時は大人気だったようなので、ひよっこの時代の男子は、
内藤洋子さんが好きな人がたくさんいたのでしょうね。

 

2008年には徹子の部屋にも出演していました。喜多嶋さんとなってますね↓↓

このときは60才ぐらいですかね。やはり当時と変わらずお美しいですね☆

現在は娘の喜多嶋舞さんが芸能活動をされているようなので、
お母さんに負けないくらい有名になってくれると良いですね。



スポンサーリンク