ひよっこネタバレ18週106話107話108話【美代子の涙/世津子深い関係?




スポンサーリンク

ひよっこネタバレ18週106話107話108話の内容です。

ひよっこの18週106話107話108話について簡単にネタバレします。



スポンサーリンク

美代子は上野駅でみね子と合流すると、その足で実に会いに行きます。

みね子の手紙に書いてあったような衝撃的な事実を自分の目で
見た美代子も大きなショックを受け、言葉を失ってしまいます。

しかし、美代子はみね子もいたため、すぐに我に返り、つとめて明るく振る舞います。

美代子が無理に明るく振る舞っているのをわかった上で、
みね子も美代子に対して明るく振る舞って応えます。

美代子が奥茨城村に帰る当日。

美代子は電車のなかで一人になると、今まで抑えていた涙が溢れてきて、
泣いてしまいます。

一方、みね子も美代子を見送るとすずふり亭で待っていた鈴子と省吾に
美代子と一緒に体験した数々の出来事を話しながら涙が溢れてくるのでした。

美代子とみね子が見た衝撃的な事実とは何なのでしょうか。

やはり実は世津子と深い関係になってしまっているのでしょうか。

その現実に呆然としてしまう美代子でしたが、みね子に心配をかけまいと
明るく振る舞う様子や、それに応えてみね子も明るく振る舞う様子が
見ていて悲しさをより際立たせる回になりそうです。

では、ひよっこ 18週 106話のネタバレです。

************************

みね子から実に関する衝撃的な事実を書かれた手紙を受け取った美代子は
東京にやって来ました。

上野駅で美代子の到着を待っていたみね子は美代子を迎えると、
そのままその足で、実の住んでいるある場所へと美代子を連れていきます。

美代子はそこで、みね子が手紙に書いていた実に関する衝撃的な事実を
自分の目で確認します。

美代子がその場所で体験したことは、美代子にとっても、
あまりにもつらく衝撃的なものとなりました。

衝撃的な事実に言葉を失い呆然としてしまう美代子を、
みね子はとても心配するのでした。

ここまでが106話のネタバレで、

次から107話になります。

**************

東京に来ていた美代子でしたが、奥茨城村に帰る日を迎えました。

みね子が手紙で知らせてきた衝撃的な事実を自分の目でも確認した美代子は、
大きなショックを受けましたが、みね子の前では懸命に明るく
笑顔でいるようにしていました。

美代子が東京を出発する前に、みね子は美代子に連れられて
お蕎麦屋に入りますが、美代子はお蕎麦屋でも不自然なくらいに
明るく振る舞っていました。

みね子は、母がつらく悲しい気持ちをどうにか胸の奥に押し殺しているのが、
痛感できました。

そのため、みね子も美代子の明るさに応えて、美代子に
明るく気丈に振る舞うのでした。

ここまでが107話のネタバレで、

次から108話になります。

**************

美代子は奥茨城村へと帰る列車に乗り、出発していきました。



スポンサーリンク

みね子の前では、懸命にいつもと変わらぬ様子で明るく振る舞っていた
美代子でしたが、列車の中で一人きりになると、涙が次々と溢れてきて
止めることができませんでした。

一方で、美代子を見送ったみね子はすずふり亭に戻ります。

すずふり亭では、みね子のことを心から心配していた鈴子と省吾が
待っており、みね子は2人に美代子と一緒に体験した数々の出来事を話しました。

鈴子と省吾に話しているうちに、みね子も涙が溢れてくるのを
止められなくなってしまうのでした。

*********************

ここまでが、ひよっこ 18週 106話と107話と108話のネタバレでした。

ネタバレにあるように、ひよっこ 18週106話と107話と108話では、
美代子も実に関する衝撃的な事実を目の当たりにします。

美代子のショックは、おそらくみね子の何倍も深いものだと思われます。

少しの間、ショックで言葉を失ってしまう美代子でしたが、
みね子に心配をかけまいとつとめて明るく振る舞う様子は見ていて涙を
誘われそうです。

そして、美代子が帰る前にご飯に寄ったのは、すずふり亭ではなく、
とあるお蕎麦屋さん。

美代子は記憶喪失になった実との約束を今なお守ろうとしている様で、
そんなことも見ていて悲しくなってしまいます。

そして、ずっと明るく振る舞っていた美代子とみね子ですが、
列車の中で一人になったときに思わず涙が溢れてきてしまう美代子や
すずふり亭で心配していた鈴子と省吾に報告しているうちに、
泣いてしまうみね子を見ると涙腺決壊することは間違いないかと思われます。

18週は終始、悲しい週になりそうです。



スポンサーリンク