わろてんかのキャスト伊能栞役-高橋一生との再婚は藤吉と三角関係




スポンサーリンク

わろてんか キャストネタバレ 伊能栞役の 高橋一生さんについて

「わろてんか」で主人公の許嫁である実業家を演じる高橋一生さんはどの様な人物なのか、
また、「わろてんか」ではどのような役柄なのか紹介します。



スポンサーリンク

まずは、高橋一生さんについての紹介です。

①②高橋一生さんのネタバレプロフィールはこちら

生年月日 1980年12月9日(36歳)
出身地 東京都
身長 175 cm
血液型 O型
職業 俳優

高橋一生さんは、児童劇団に入ったことがきっかけで、1990年に映画デビューし、同年ドラマにも初出演しています。

1995年、スタジオジブリの映画「耳をすませば」で声優をつとめたことで高橋一生さんの知名度があがりました。

その後、高橋一生さんは、2001年から扉座に入団し、活躍の場をひろげています。

子役時代からつちかった抜群の演技力で、
様々な役をこなしてきた高橋一生さん。

2015年のテレビドラマ『民王』で人気か高まり、第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞と、
第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞でそれぞれ助演男優賞を受賞しています。

いまやCMにも引っ張りだこで、大人気の高橋一生さんは、NHKとも縁が深く、

大河ドラマには、1999年「元禄繚乱」、
2004年「新選組!」、2007年「風林火山」、
2014年「軍師官兵衛」、2017年「おんな城主 直虎」と、多数出演されています。

また、連続テレビ小説には2011年の「おひさま」に出演しており、
「わろてんか」で2度目の出演となります。

高橋一生さんの特技はスケートボード、バスケットボール、ギター、ブルースハープで、
趣味はバイク、とアクティブな印象です。

ここまでが、高橋一生さんについての紹介でした。

③次に、高橋一生さんがわろてんかのキャストに選ばれた伊能栞の役柄についてネタバレします。

伊能栞は、ヒロインである藤岡てんの許嫁です。



スポンサーリンク

伊能栞は、大阪の伊能薬品社長の息子ですが、正妻の子供ではないため、実家とは距離を置いています。

伊能栞は青年実業家で、神戸で貿易会社をしています。

藤岡てんの許嫁だった伊能ですが、てんが藤吉と恋に落ちてしまったことを知り、てんを応援します。

そんな度量の広い伊能は、エンターテイメントに関心があり、その後もてんだけでなく藤吉とも親交を深めていきます。

そして、伊能はてんを支えていく存在となり、ショービジネスを日本に拡めていくのです。



スポンサーリンク