わろてんかネタバレ17週18週19週~最終週【高橋一生独身か結婚?藤吉の死!モデル




スポンサーリンク

わろてんかネタバレあらすじ17週18週19週から最終回までアップしていきます。

17週18週19週~は、わろてんかのヒロイン藤岡てんの実在モデルである
吉本せいや藤吉のモデルの史実から、17週18週19週~最終回までのあらすじを
ネタバレ確定内容とさらに予想考察していきたいと思います。



スポンサーリンク

現在、確定あらすじは26週最終回までアップしてます。モデル・実話史実から予想している記事もあります↓↓

わろてんかネタバレ最終週26週【最終回に藤吉が隼也も生還か!

わろてんか最終回ネタバレあらすじモデルより考察【60才で死・再婚相手伊能栞しおりと

わろてんか ネタバレ 23週24週25週【高橋一生の結婚は?独身のまま伊能の獄中死と隼也の死!実在モデルより

≫わろてんか ネタバレ 20週21週22週【隼也は出産前に若死に!てん結婚に猛反対

高橋一生さんの伊能の結婚、そしててんと再婚かリリコとの結婚はあるのかが気になってきています。

では、わろてんかで高橋一生さん演じる伊能栞の結婚は?生涯独身なのか?についてのネタバレを含んだ予想です。

 

「高橋一生 わろ...」の画像検索結果

キラースマイル 上目づかいにほれぼれです(;´∀`)

 

史実では、吉本せいさんは吉本吉兵衛さんの死後、
誰とも再婚していないことから、てんと伊能栞の再婚もないと
考えられます。

また、吉本せいさんと小林一三さんは、生前、接点はありましたが、
あくまでビジネスパートナーだったようです。

この続きで詳しい予想考察もまとめてます↓

わろてんかネタバレ高橋一生のモデル今後は!藤吉の死後てん再婚-結婚恋愛説

 

▼わろてんか22週の詳細を簡単にネタバレします。

「わろてんか 加...」の画像検索結果 「わろてんか 隼...」の画像検索結果

21週で騒動を起こした隼也は、てんのもとで仕事を一生懸命
こなしていました。

そして、その働きぶりを見ていた万丈目達が隼也に北村笑店25周年
記念企画を任せてみてはと言ったことで、てんは隼也に企画を任せました。

その頃、リリコとシローの2人は他事務所かは引き抜きに誘われていましたが
それを断ります。

しかし、シローは夢だった楽団から声を掛けられていて、
リリコとシローは2人で話し合った末、2人で上海に旅立つのでした。

一方、半年前につばきに振られ諦めていた隼也でしたが、
その隼也のところに、つばきのお付きの人が現れ、物語は
思わぬ展開を迎えることになるのでした。

隼也が北村の跡取りとして順調に育ってきた中、つばきのお付きの人が
隼也に会いに来たことにより物語はどんな展開になるのでしょうか。

そして、リリコとシローの2人は恋人から見事に結婚までいきそうです。

詳細あらすじはこちらから↓↓

わろてんかネタバレ確定詳細あらすじ22週【シロー不倫か隼也つばきと駆け落ちか

 

わろてんか21週の詳細を簡単にネタバレします。

「わろてんか リ...」の画像検索結果

北村笑店の25周年記念企画に、20週で解散したキースとアサリが
参加することになりました。

そして、伊能は25周年記念企画で一緒に本物の『マーチン・ショウ』を
舞台に立たせることを提案しますが、てんは納得しません。

一方、隼也は風太から仕事ぶりを認められ、『マーチン・ショウ』が
自分にも面白いと思えるような企画を見せてほしいと
風太に頼まれます。

それにより、加納つばきと一緒に隼也は企画を仕上げました。

そんなある日、つばきは隼也のもとを訪れ結婚することに
なったと話します。

それを聞いた隼也は、つばきのことが好きだと告白しましたが、
つばきは実は北村笑店のメインバンクの頭取の娘であることを打ち明け、
去っていきます。願望としては駆け落ちまでいってほしいですが…

一方、リリコはシローのことが気になっていて、シローも
リリコのことが気になっているようです。

北村笑店25周年記念企画には、東京で新たなコンビを組んだ
キースと、大阪で1人で漫談をしているアサリが参加するようですね。

どんな形で参加するのか気になります。

そして、21週では2つの恋が描かれます。

それぞれの恋はどの様な結末を迎えるのでしょうか。

21週詳細あらすじネタバレはこちらから↓↓

わろてんかネタバレ21週【リリコ逆告白!つばきに婚約者が駆け落ちか

 

わろてんかネタバレ20週の内容です。

「隼也 加納つば...」の画像検索結果

わろてんか20週をまずは簡単にネタバレします。

キースとアサリ、ミス・リリコ アンド シローの2組の漫才コンビが
勢いに乗り、北村笑店は創業25周年記念に向けて活気が満ちていました。

ところが隼也は、自分の意見が風太に聞いてさえもらえず、
風太のもとで丁稚奉公として働くのが嫌になり伊能のもとで
働くことになりました。

そこで隼也は、アメリカで見て憧れていた「マーチン・ショウ」の
企画に出会います。

伊能に契約したらどうかと提案しますが、伊能は冷静にそれを断ります。

しかし、「マーチン・ショウ」のことが諦めきれない隼也は、
伊能に内緒でその企画を持ち込んだ人物に会いに行きます。

そこで隼也は、通訳をしている加納つばきと出会います。

「マーチン・ショウ」を契約するための多額の手付金を用意するため、
隼也はてんに内緒で藤吉の遺産から手付金を支払ってしまいました。

より詳しく確定20週全体内容はこちらから↓↓

わろてんかネタバレ20週感想【隼也とマーチン・ショウと加納つばき恋行方

 

わろてんか19週全体のネタバレです。

「ミスリリコ」の画像検索結果

19週では、隼也が名付けたリリコと四郎のコンビ
「ミスリリコ・アンドシロー」がようやくデビューを果たします。

しかし、2人の初高座の漫才に対するお客の反応はあまり
良くありませんでした。

てんは、リリコと四郎の2人を何とかして人気漫才コンビにしようと考えますが、
四郎の芸はどれほど工夫をしてもお客に受け入れてもらえません。

一方、アメリカで本場のミュージカルやレビューなど
数多くのショービジネスを学んで帰国した隼也は、
北村笑店の経営に参加し、自分の見てきた経験をそこで発揮すべく
期待に胸を膨らませていました。

しかし、昔気質の考え方をしていたてんと風太は、
例え息子であっても丁稚奉公から仕事を始めるべきとして、
隼也に下働きの仕事ばかりを任せました。

それに隼也は不満を募らせていくのでした。

ここまでが19週全体のネタバレで、

より詳細のあらすじはこちらから↓↓

わろてんかネタバレ19週あらすじ全体詳細[リリコ四郎のしゃべらん漫才!

 

追記:わろてんかネタバレ17週 藤吉再び倒れるの内容です。18週も確定内容をお送りします!藤吉さんの姿ないです( ;∀;)

▼18週確定ネタバレ

藤吉さんの姿が見えないです(;’∀’) そしてついに伊能がてんの会社の役員に…伊能の気持ちとてんとの関係が発展しそうです↓↓

わろてんかネタバレ18週【藤吉ナレ死にしないで!伊能が役員にてんと密関係か

18週一話ごとです↓↓

「わろてんか 隼...」の画像検索結果 「わろてんか 隼...」の画像検索結果

わろてんかネタバレあらすじ18週102話103話【いきなりリリコ四郎解散危機!

わろてんかネタバレ18週100話101話【リリコ四郎-松尾諭とコンビを!

わろてんかネタバレ18週98話99話【藤吉の死確定!伊能のてんへの気持ちを確認

わろてんか17週の速報で、藤吉が再び倒れるという
衝撃的な展開がネタバレされました。

 

な・な・なんと…

残念ながら95%藤吉の死を予想する展開に……

そのため、今回はわろてんか17週を藤吉の動向に
焦点を当ててネタバレしたいと思います。

なんとこの17週18週には藤吉の身に大変なことが…死んでしまうかも…というか死が確定に…

 

▼わろてんか17週 藤吉が再び倒れるのネタバレです。

「わろてんか 松...」の画像検索結果

17週の週タイトルは『ずっと、わろてんか』。

17週の始めには藤吉は北村笑店の仕事に復帰し、てんと一緒に
東京の寄席を視察しに行きます。

東京で最新の演芸を見てきた藤吉は、大阪に戻るとすぐに
風太や北村笑店の芸人達に、100年後まで続くような万歳を作るよう
檄をとばします。

また、藤吉はてんに興行師の仕事を伝授しました。

さらに、活動写真に音声が入るトーキー映画が流行し始める中、
今後の経営の仕方を模索していた伊能に藤吉は、
時代の流れに乗り遅れないようにとアドバイスします。

その頃、渡米していた藤吉の母である啄子が、一時帰宅して、
てんと藤吉に再会します。

北村笑店を立派に成長させたてんと藤吉を啄子は心から
褒め称えました。

そんな中、藤吉は再び倒れます。

藤吉の檄により、新しい万歳に挑戦していたキースとアサリ、
そして万丈目は、少しでも早く藤吉に新しい万歳を完成させて
見てもらいたいと必死で芸に向き合います。

一方、自分の容態から北村笑店の将来のことが心配になった藤吉は、
伊能に北村笑店の役員になってもらえないかと頼み込みます。

北村笑店の未来を伊能に託したいと語る藤吉は、さらに、
伊能のてんに対する気持ちを確かめました。

その頃、キースとアサリがついに、新しい万歳を完成させました。

2人はただひたすらしゃべり続けているだけという新しい万歳に
藤吉は、「しゃべくり万歳」と名前をつけました。

藤吉に「しゃべくり万歳」が認められたことにより、
喜ぶアサリとキースでしたが、藤吉の容態は悪化する一方でした。

そしてついに、病床についたままの状態になってしまった藤吉は、
てんに対してずっと秘めていたある思いを初めて打ち明けるのでした。

ここまでが、わろてんか17週で藤吉が再び倒れるについてのネタバレでした。

一時は仕事復帰を見せる藤吉ですが、再び病に倒れ、
今の段階では、藤吉が亡くなるか亡くならないかは定かにはなっていません。

しかしながら、17週のタイトルが『ずっと、わろてんか』という
藤吉との別れを暗示するかのような意味深なタイトルとなっています。

また藤吉は、てんに興行師としての仕事を伝授したり、
伊能に北村笑店の役員となってほしいなど、自分がいなくなってからの
北村笑店の今後を守るための一手を打つようです。



スポンサーリンク

さらに、伊能にはてんへの気持ちを確認するなど、
藤吉が亡くなると思わせるフラグが立ちまくっています。

伊能がどんな返答をするのか、気になるところではありますが、
そんな話を藤吉にしてほしくないとも思ってしまいます。

また、藤吉がてんに対して秘めていたある思いとは何なのでしょうか。

万が一、それが藤吉のラストシーンになるとしたら、
涙なしには見れないことになりそうです。

願わくは藤吉も物語の終盤までいてほしいですが、
これからどんな展開が待っているのか、気になります。

****************************************

 

藤吉の死後、息子にバトンタッチされます。息子の結婚相手が登場しますが、てんは猛反対 果たしてその後はどうなるか??

 

わろてんかネタバレ17週18週【息子の隼也と恋人の加納つばき結婚まで-川上

 

 

14週あたりで藤吉が死んでしまうのではと予想してましたが、14週確定内容をアップします。

▼では、わろてんかネタバレ14週全体の内容です。

わろてんか14週全体を簡単にネタバレします。

13週で風太が目をつけた『安来節』を北村笑店の寄席の演目に導入するため、
てんと藤吉は島根から連れてきた4人の娘達を「安来節乙女組」と命名しました。

少しでも早く寄席の演目に出られるようにするため、
4人は毎日毎日稽古を行いますが、なかなか上達しません。

その中でも、とわは躍りが一番上達できず、大阪での暮らしにも
馴染めていませんでした。

そんな中、ついにとわは北村笑店から逃げようとして、
てんと藤吉の長男である隼也と一緒に家出をする計画をしますが、
伊能に見つかりあえなく失敗。

伊能から隼也が家出をしようとした理由を聞いたてんは、
自分は母親失格だと落ち込みます。

一方、とわは仲間に励まされ再び安来節の稽古に戻ろうと決意するのでした。

14週も『安来節乙女組』を中心とした話になりそうです。

なかでも、一番躍りの上達が遅いとわに焦点が当てられそうですね。

とわと隼也が立てた家で計画、そしてそれを見つける伊能。

伊能がてんに話した隼也の家出をしようとした理由も気になります。

▼わろてんか 14週全体のネタバレです。

ある日、トキとキースが2人だけでどこかへ出掛けていきました。

そんな2人の姿を目撃した風太は、2人の関係を疑って
不機嫌になってしまいます。

一方、てんと藤吉は、13週で島根県の安来から寄席に出演してもらうため
連れてきた4人の娘達を「安来節乙女組」と命名しました。

4人の娘達による安来節を演目に加え、大阪で安来節を流行らせるために、
てんと藤吉は「安来節乙女組」に毎日毎日稽古をつけますが、
なかなかその躍りは上達しないでいました。

その4人の中でも、とわは躍りが誰よりも上達せず、
大阪の街での生活にも馴染めずにいました。

その頃、てんと藤吉の息子である隼也が同級生と喧嘩して
相手を怪我させてしまいます。

てんが隼也にどうして喧嘩をしたのか理由を聞きますが、
隼也はてんに対して反抗的な態度をとるばかりで、決してその理由を
話そうとはしませんでした。

そんな中、とわはついに北村笑店から逃げようと隼也を連れて
家出をする計画をしますが、それが伊能に見つかってしまい、
計画はあえなく失敗。

家出をしようとした隼也の気持ちを聞いた伊能はそのことをてんに話します。

すると、てんは、自分は母親失格だと深く落ち込んでしまいました。

一方、とわは「安来節乙女組」のメンバーの1人である都によって説得されて、
躍りの稽古を再開する決意をしました。

この騒動をきっかけに「安来節乙女組」の絆はより深いものになりましたが、
4人の踊る『安来節』の出来に関して風太は納得ができなかったため、
より艶っぽさを出すためにリリコに4人を稽古してくれないかと頼みます。

風太の頼みをリリコは快諾しましたが、リリコが行う厳しい指導に
「安来節乙女組」の4人は一斉に反発するのでした。

ここまでが、わろてんか 14週全体のネタバレでした。

わろてんか14週全体のネタバレにあるように、14週も『安来節乙女組』の
娘達の話になりそうです。

しかし、最初に気になるのはトキとキースが2人だけで
どこかへ出掛けていくというシーン。

2人の関係を疑い不貞腐れる風太も可愛いですね。

トキは風太のことが好きだと思われますが、キースと2人で
どこへ行ったのか、そして、結婚してからもてんは自分が守らなきゃと
思い続けていた風太が自分の気持ちに気づくきっかけになるかもしれません。

2人の今後から目が離せません。

一方、『安来節乙女組』はとわの家出計画のあと、さらに絆が深まるようですが、
躍りはなかなか上達せず、艶っぽさを出すためにリリコに稽古をしてもらう
ようになりますが、リリコと4人の乙女達は対立してしまうようです。

リリコの指導は厳しそうなので、4人にはなかなか
ついていけないのかもしれません。

乙女達が舞台に上がれる日はやってくるのでしょうか。

そして、今回初めて描かれた隼也の気持ち。

わろてんかではてんの子どもは男の子ですが、前々作の朝ドラ
べっぴんさんのすみれとさくらの関係が思い出されます。

思春期を迎えたさくらが、忙しい両親(特にすみれ)に反抗的な態度をとる
日々が長く続きました。

わろてんかでも今後、てんと隼也の間に溝ができてしまわないか
心配で仕方がありません。

 

次に、わろてんか 17週18週~あらすじのネタバレ予想です。

せい(てん)と吉兵衛(藤吉)が率いる花月連が28軒もの寄席を所有した年から
1年後の大正12年(1923年)9月1日。

関東大震災が発生します。

この地震によってせいと吉兵衛が東京で所有していた寄席は
全壊という状態で、東京の寄席を拠点に活動していた芸人達は
住むところを失いました。

東京の有り様がせいに伝わるとせいはすぐに動き始めました。

その頃、せいの手伝いを始めていた実の弟である林正之助達を
大量の物資と一緒に派遣させ、東京の芸人達を鼓舞させました。

それから程なく、東京で寄席を失った芸人達は次々にせいのいる
大阪へとやって来ました。

すると、大阪にいたのでは滅多に聴くことができない東京の芸人達の落語が
聴けるということで、せいと吉兵衛が率いている花月連の関西の寄席は
大盛況になります。

また、東京の芸人達は自分達が苦しんでいた時に助けてくれた
せいに恩義を感じるようになり、花月連の名は芸人達の間でも聴衆の間でも
さらに揺るぎないものへとなっていきました。

一方で、花月連が大所帯となってから約2年後、関東大震災が起きてから
約5ヵ月後の大正13年(1924年)2月12日。

せいの夫である吉兵衛が脳溢血により急逝しまてしまいます。

享年は37歳という若さで、遺されたせいもまだ34歳でした。

せいと吉兵衛が2人で小規模で格の低い端席を手に入れてから
12年の月日が流れていました。

その12年の間にせいと吉兵衛は、大阪・京都・神戸・名古屋・東京の
5つの都市に合わせて28軒もの寄席を手に入れていました。

吉兵衛が亡くなった時に、せいは悲しみに暮れるのではなく、
この28軒を一軒たりとも失うまい、と心に誓います。

そんなせいは、吉兵衛の死後も寄席を失うどころか、着実にその数を
増やし続けていました。

そして、昭和7年(1932年)に吉本興業合名会社が設立され、
せいは初代社長に就任しました。

その時、せいが率いる吉本興業の寄席の数は47軒にも増えていたのでした。

 

さいごに、わろてんか19週~の予想ネタバレを史実より「エンタツ・アチャコの登場」をお送りします。

**************

「エンタツ・アチャコ」は活動期間がわずか3年9ヶ月という短さですが、
日本一の天才漫才師コンビと謳われる存在となりますが、
その結成を仕掛けたのも吉本興行部でした。

花菱アチャコは明治30年(1897年)に大阪に生まれ、新派の役者から
喜劇に転じ、大正15年(1926年)に吉本の芸人になりました。

一方で、アチャコの相方である横山エンタツは本名を石田正見と言い、
明治29年(1896年)に兵庫県に生まれ、インテリとして知られる人物でした。

エンタツは横山太郎という芸名で喜劇の舞台を踏んだあと、
漫才の世界に入り、エンタツに改名します。

エンタツは昭和4年(1929年)に当時としてはとても珍しいアメリカ巡業に
挑戦しており、エンタツがアメリカで得たものをせいは欲して、
引き抜きを試みました。

エンタツの引き抜きを試みる吉本興行部にエンタツが出した条件は、
芸には一切、口出しをしないことと花菱アチャコとコンビを組むことでした。

こうして昭和6年(1931年)1月に、「エンタツ・アチャコ」のコンビが結成。

「エンタツ・アチャコ」は芸の世界に新機軸を次々と打ち出し、
一世を風靡します。

そして、その翌年にせいは吉本興行部を吉本興業合名会社を設立し、
伝統的な「萬歳」の表記を現在の「漫才」に改められたのもこの頃のようです。

漫才史に残る『早慶戦』ラジオの実況中継や、漫才作家の誕生など、
快進撃が続いた「エンタツ・アチャコ」でしたが、昭和9年(1934年)8月に
アチャコが中耳炎のため入院。

この入院をきっかけに昭和9年(1934年)10月。

せいは、「エンタツ・アチャコ」を解散させるのでした。

その後、2人をもう一度観たいというファンの声に応える形で、
「エンタツ・アチャコ」は映画を共演。

2人の出演した映画『あきれた連中』は大ヒットするのでした。

ここまでが19週~エンタツ・アチャコの内容で、

—————————————————-

この史実から、わろてんか17週18週19週全体あらすじのネタバレを予想すると、
わろてんかでも関東大震災が起きることになりそうです。

今までの朝ドラでも、日本で起きた戦争やブームなどを取り上げているので、
わろてんかでも、関東大震災は起きると思われます。

そして、その関東大震災を機に東京の芸人達にもてんと藤吉の名が
知れ渡るようになるのではないでしょうか。

また、17週18週では藤吉が亡くなってしまうかもしれません。

まだわろてんかの物語が後半に入ったばかりで、藤吉が亡くなるとは
思えない気もしますが、史実のように進むならこの辺りだと予想されます。

ただ、史実の最後に書いたようなせいが寄席を拡大するところまでは、
わろてんかの16週15週では描かれないと思うので、藤吉が亡くなった後の
てんの奮闘ぶりは17週18週以降になるでしょう。

 

ここまでが、わろてんか 17週18週19週~全体あらすじのネタバレ予想でした。

わろてんか 17週18週全体あらすじのネタバレ予想をしたように、
もしかしたら、藤吉が亡くなるかもしれません。

1週目から登場していて、その格好良さが評判となっている藤吉を演じる
松坂桃李さん。

いつかは亡くなる藤吉ですが、松坂桃李さん演じる藤吉を
もっと見ていたい視聴者は多いと思います。

わろてんかはまだ始まったばかりなので、まだまだこれからの展開が
予想できませんが、これからもてんや藤吉を応援したいですね。

▼藤吉の死後に高橋一生さんとてんの関係はいかに!こちらもモデルより予想考察を

わろてんかネタバレ高橋一生のモデル今後は!藤吉の死後てん再婚-恋愛説

▼13週以降の史実をもとに考察したネタバレあらすじ記事はこちらから↓

≫ネタバレあらすじ14週-26週最終週【大阪を笑いの都に消滅と復興

 

≫最終回ネタバレあらすじ【60才で死・再婚相手伊能栞しおりと

 

随時ネタバレ最新情報アップはこちらの記事にまとめてます↓↓

≫わろてんか ネタバレあらすじ最終回まで結婚・死を考察中



スポンサーリンク