わろてんか加納つばき実在モデル笠置しず子の一生!娘の亀井エイ子出産




スポンサーリンク

加納つばきの実在モデルの笠置しず子の一生 せいの結婚反対の内容です。

わろてんかに登場する隼也の実在モデルは、吉本せいさんの息子で二男である
吉本穎右さんで確定しており、吉本穎右さんは笠置しず子さんと
結婚していることから、わろてんかの加納つばきは笠置しず子さんを
実在モデルにした人物と考えられます。



スポンサーリンク

しかし、わろてんかに登場する加納つばきは大手銀行の一人娘という
設定のため、実在モデルである笠置しず子さんとは少し異なる設定のようです。

そこで今回は、わろてんかで隼也の恋人役となる加納つばきの実在モデル
笠置しず子さんの一生や吉本せいさんに穎右さんとの結婚を
反対されたことについても紹介したいと思います。

 

では、加納つばきの実在モデルの笠置しず子の一生、そして、せいの結婚反対について紹介します。

笠置しず子(本名、亀井しず子)さんは、大正3年(1914年)8月25日に香川県大川郡相生村で、
三谷陳平さんの娘として産まれました。

しかし、母の谷口鳴尾さんは三谷陳平さんと結婚することが認められず、
未婚のまましず子さんを産み、産まれるとすぐに大阪にいる
亀井夫婦の養子にしず子さんは出されました。

笠置しず子さんは養母の亀井うめさんが芸好きだったことから、
5歳の頃から日本舞踊を習いはじめ、恩加島尋常小学校を卒業すると
宝塚少女歌劇団を受験します。

しかし、身体検査によって身長が足りなかったので、
笠置しず子さんは不合格となりました。

不合格にショックを受けたしず子さんですが、近所の人から
道頓堀でも宝塚のようなことをやっていると教えられ、
道頓堀にある「松竹楽劇部」に直接交渉して松竹楽劇部養成所に
入れてもらい、その年にすぐ”三笠静子”という芸名で
初舞台となる「日本八景おどり」を踏みました。

そして、昭和8年(1933年)にはトップスターの仲間入りをして、
昭和12年(1937年)、東京松竹の目にとまり翌年の昭和13年(1938年)の
松竹楽劇団の旗揚げに参加し、その松竹楽劇団で作曲家の
服部良一さんと出会います。

それから笠置しず子さんは服部良一さんにジャズシンガーとしての
実力を認められ、レコード会社のコロムビアと専属契約をして
「ラッパと娘」で歌手デビューを果たします。

その後も笠置しず子さんは、ジャズの女王として活躍しますが、
昭和15年(1940年)に警察から敵性を指摘され不良の芸人となりました。

当時の芸人は戦地慰問に参加しなければなりませんでしたが、
笠置しず子さんは不良芸人とされたため、それができずに国内巡業をしていました。

そんな中、昭和18年(1943年)、名古屋の御園座で公演していた
辰巳柳太郎さんの楽屋に挨拶へ行き、その楽屋で吉本穎右さんと出会い、
一目惚れをしました。

この時には、特に会話をしなかった2人ですが、その後、
吉本穎右さんが笠置しず子さんの楽屋を尋ね話をしたようで、
穎右さんはその翌日、大阪に帰ることをしず子さんに話すと
神戸に行く予定だったしず子さんは、一緒の汽車に乗れるよう約束をし、
翌日、一緒の汽車に乗って行きました。

こうして2人は交際をはじめ、昭和19年(1944年)には結婚の約束をします。

昭和20年(1945年)5月の東京大空襲で、吉本穎右さんと
笠置しず子さんは自宅を焼失してしまいます。

そのため、吉本興業の東京支社長を勤める林弘高さんの勧めで
林家の隣家にあるフランス人の家を借りて2人は同棲を始め、
束の間の幸せを育みました。

しかし、8月に終戦となると笠置しず子さんは11月には
歌手としての活動を再開し、穎右さんは早稲田大学を中退して
吉本興業の東京支社で働くようになったので、昭和20年(1945年)末には、
2人の同棲は解消されました。

ところが、同棲は解消したものの2人の交際はその後も続いていて、
昭和21年(1946年)10月には笠置しず子さんの妊娠が判明します。

そして、昭和22年(1947年)1月、笠置しず子さんは芸能界を引退し、
出産のため病院に入院。

時をほぼ同じくして吉本穎右さんは、結核が悪化してしまい
甲子園にある吉本家別邸で療養に専念することになりました。

吉本せいさんは裏で手を回し米軍から高価な薬を入手していたようですが、
その甲斐むなしく、吉本穎右さんは我が子が産まれるところを見ることなく、
昭和22年(1947年)5月19日に享年23歳という若さで亡くなりました。



スポンサーリンク

笠置しず子さんは、入院先で吉本穎右さんの死を知らされ、
不安のどん底に落ちますが、昭和22年(1947年)6月1日に、
穎右さんの浴衣を握りしめながら2人の子どもである亀井エイ子さんを
出産しました。

吉本せいさんは亀井エイ子さんを引き取ろうとしましたが、
笠置しず子さん自身が産まれてすぐに養子に出され、
親の顔を覚えていないことから娘にも同じ思いをさせたくないと考え、
エイ子さんを自分で育てようと決意しました。

そのため、笠置しず子さんは吉本穎右さんの死を嘆いている時間はないと、
早々に歌手活動の再開を決意し、作曲家の服部良一さんに新曲を依頼。

そして、服部良一さんが「東京ブキウギ」を完成させると、
笠置しず子さんは産後、たった3ヶ月後の昭和22年(1947年)9月10日に
「東京ブキウギ」のレコーディングを開始し歌手に復帰しました。

その後、笠置しず子さんは幼い亀井エイ子さんを抱えながら
ステージを駆け回り、「ブギの女王」として一世を風靡しました。

そして、笠置しず子さんは昭和60年(1985年)70歳でこの世を去りました。

また、通説では、吉本せいさんは吉本興業を継いでもらうためにも
成長した息子の吉本穎右さんを溺愛していたため、
笠置しず子さんとの結婚を最後まで認めず反対していたと言われています。

しかし、実際は笠置しず子さんの妊娠が発覚してからその態度を軟化させ、
話し合いは良い方向に向かっていき、亀井エイ子さん(穎右としず子さんの娘)が
お腹にいることがわかり、笠置しず子さんは主婦に専念するということで、
2人は夫婦として認めていただけるようになったと
亀井エイ子さんは証言しているようです。

ここまでが、加納つばきの実在モデルの笠置しず子の一生、そして、せいの結婚反対の内容でした。

加納つばきの実在モデルである笠置しず子さんの一生も
吉本穎右さん同様、様々な物語がありましたね。

笠置しず子さんが「東京ブキウギ」を歌っている人だとは思わず、
一生を辿って驚きました。

そして、吉本せいさんから結婚を反対されたにも関わらず、
愛を貫き通した笠置しず子さんと吉本穎右さんは素敵ですね。

わろてんかの加納つばきは大手銀行の一人娘ということで、
もしかしたら2人の恋の障害になるのはてんだけでなく、
加納つばきの両親からも猛反対されてしまうかもしれません。

2人の恋の行方が楽しみになってきました。

 

▼結婚相手の隼也は若くで死を迎えてしまいます。今回のわろてんかでも若くでの悲しい死になってしまうのかどうか??

わろてんか ネタバレ 20週21週22週【隼也は出産前に若死に!てん結婚に猛反対

わろてんかネタバレ17週18週【息子の隼也と恋人の加納つばき結婚まで-川上



スポンサーリンク