わろてんかネタバレ23週【わろてんか隊と隼也の子駆け落ち先で




スポンサーリンク

わろてんかネタバレ23週全体の内容です。

わろてんか23週全体を簡単にネタバレします。



スポンサーリンク

駆け落ちした隼也とつばきから、風太のもとには何度か
手紙が来ているようです。

そこには川崎で暮らしていることや、隼也が工場で働いていること、
2人の間には子どもが産まれたことなどが記されていました。

その頃、日本は戦争のため中国に軍隊を派遣しており、
北村笑店にはその軍隊の人達への娯楽として漫才などをしてほしいという
依頼が国から来ていました。

それを受けたてんは、キースやアサリ、そして風太を派遣することにし、
彼らを『わろてんか隊』と命名します。

わろてんか隊の働きは素晴らしいもので、軍隊から拍手喝采を
浴びるほどでした。

またそこに、リリコと四郎も加わり、依頼が殺到し
わろてんか隊は中国各地へ派遣されることになるのでした。

隼也達からの手紙で隼也とつばきには子どもができたようですね。

てんも、おばあちゃんになったということです。

いつか再会できるようなシーンがあると良いですね。

一方、北村笑店を含め日本はあまり良くない状況になりそうです。

中国にいる軍隊の人達のため、『わろてんか隊』を結成したてん達ですが、
今後の日本は本格的な戦争も始めると思います。

これからの北村笑店、わろてんか隊から目が離せません。

では、わろてんか 23週全体のネタバレです。

隼也とつばきが駆け落ちして、てんの元からいなくなった後も
風太のところには隼也からの手紙が届いていました。

それを風太がてんに見せます。

手紙によると、隼也とつばきの2人は川崎に住んでいて、
隼也は、工場で働いており2人には子供もできていました。

その頃、日本は中国に軍隊を大量に送りこんでいて、
そこで漫才や落語などの娯楽を軍隊に見せて欲しいという依頼が
国から北村笑店にされていました。

てんは不安に思いながらも国からの依頼を受け、キースやアサリなどが
中国に派遣されました。

また、風太も2人と一緒に中国に行くことになり、
派遣される面々を『わろてんか隊』とてんが命名します。

現地に着いたわろてんか隊は、早速、芸を披露し、
そこで拍手喝采を浴びました。

四郎と上海へ旅立っていたリリコは、その新聞記事を見て、
風太のところを訪れ、四郎の楽団が戦争の影響で解散したため、
リリコは食堂で働き、四郎はバーで流しをやっているという話を風太にしました。

その話を聞いた風太は、『ミス・リリコ アンド シロー』を復活させて、
わろてんか隊として一緒に活動をしていくことを決めました。

お客は、中国に派遣された軍隊の人達であるため、
明日の命も保証されていない状況です。

そんな中でも、わろてんか隊のメンバー達は爆笑をとっていましたが、
風太はもう少し軍隊の人達を元気づけもっと笑って頂きたいという気持ちから
担当者に衣装を軍服からいつもの衣装に変更したいと申し出ます。

そんな風太の想いを感じ取った担当者から、わろてんか隊の衣装を
いつも通りのものに変更する許可が降りました。



スポンサーリンク

中国に派遣されたわろてんか隊は、上海を中心に活動を行っていましたが、
依頼が殺到して各地に派遣されることになりました。

1度は日本に戻ってきたわろてんか隊の面々でしたが、
その後も依頼が絶えない状況が続いてしまうのでした。

ここまでが、わろてんか 23週全体のネタバレでした。

わろてんか23週全体のネタバレにあるように、隼也とつばきの間に
子どもが産まれました。

その様子が描写されるかわかりませんが、てんももうおばあちゃんに
なったのですね。

史実では、駆け落ちした穎右さんと吉本せいさんが和解しておらず、
穎右さんは早くに亡くなられていますが、わろてんかの隼也とてんには
和解してほしいですね。

そして、国から依頼され中国に派遣することになった『わろてんか隊』。

キースとアサリの漫才やミス・リリコ アンド シローの漫才を
久しぶりに見ることができるかもしれないので楽しみです。

しかし、わろてんか隊は現地で人気を博したため、
1度は日本に戻ってくるようですが、またすぐに依頼が殺到し
現地に行かなくてはならない状態になってしまうようです。

風太がそのメンバーに選ばれているため、トキは心配で仕方ないでしょうね。

誰かが戦争に巻き込まれてしまうのではないかと心配にもなってしまいます。

わろてんかも残りわずかとなりましたが、今後どの様な展開が
用意されているのか、とても気になります。

ネタバレ 23週24週25週【高橋一生の結婚は?伊能の獄中死と隼也の死モデルより



スポンサーリンク