半分青いキャスト西園寺龍之介(さいおんじりゅうのすけ)矢本悠馬朝ドラ3作目




スポンサーリンク

西園寺龍之介(さいおんじりゅうのすけ)矢本悠馬(やもとゆうま)の内容です。

4月から始まる上半期の朝ドラ『半分、青い』で、
ヒロインの同級生である西園寺龍之介 役のキャストに
矢本悠馬さんが選ばれました。



スポンサーリンク

そこで今回は、矢本悠馬さんのプロフィールと西園寺龍之介の
役柄について紹介したいと思います。

まずは、矢本悠馬さんについての紹介です。画像検索結果

https://goo.gl/images/iamQRN

矢本悠馬さんのネタバレプロフィールはこちら

生年月日 1990年8月31日(27歳)
出身地 京都府
身長 161 cm
血液型 AB型
職業 俳優
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ

矢本悠馬さんは、2003年、映画『ぼくんち』のオーディションで
主人公の弟である一太役に選ばれ、子役デビューを果たしました。

2011年から「大人計画」に研究生として参加し、
2012年には研究生仲間と「劇団こまつな」を立ち上げました。

2015年フジテレビ系で放送された『ブスと野獣』で
連続ドラマ初主演を務め、2016年には日テレ系の『ゆとりですがなにか』や
TBS系の『仰げば尊し』、映画『ちはやふる』にも出演していました。

2018年1月スタートのTBS系ドラマ『賭ケグルイ』では、
政治家である父親の権力を笠に着る高校生・木渡潤 役を演じています。

また、矢本悠馬さんは、NHKの昨年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』で
直虎の側近で護衛の中野直之 役も演じていました。

NHKの朝ドラには『てるてる家族』、『花子とアン』に続いて
3作目の出演になるようです。

ここまでが、矢本悠馬さんについての紹介でした。

次に、矢本悠馬さんが選ばれた半分、青いのヒロインの同級生である
西園寺龍之介の役柄について紹介します。

西園寺龍之介は、ヒロイン楡野鈴愛の同級生で、愛称はブッチャーです。

町一番のお金持ちの西園寺不動産の息子で、自宅から学校まで
他人の土地を踏まずに行けるほどの不動産を所有しています。

本名は龍之介ですが、似あわないため、よく忘れられてしまいます。

ガキ大将で、同級生を従えていますが、なぜか律の言うことは
聞いてしまうようです。



スポンサーリンク

鈴愛によくちょっかいを出す役柄のようです。

ここまでが、半分、青いでヒロインの楡野鈴愛の同級生役
西園寺龍之介を演じる矢本悠馬さんと西園寺龍之介の
役柄についての紹介でした。

矢本悠馬さんの演技は、『ゆとりですがなにか』で初めて見ました。

イケメンではありませんが、直虎の護衛を務めていた中野直之を
演じていた時の矢本悠馬さんは、格好良く見えました。

半分、青いの西園寺龍之介役は一癖あるような役だと思いますが、
矢本悠馬さんがどの様に演じるのかが楽しみですね。

現在でも様々なドラマの脇役として登場している矢本悠馬さんですが、
半分、青いをきっかけにさらなる活躍をしてくれることを期待したいと思います。

半分青い キャスト一覧表【追加ブレイク注目キャストはこの人!



スポンサーリンク