半分青いネタバレあらすじ12週【律と再会で恋予感!ユーコ実業家と結婚




スポンサーリンク

半分青いネタバレあらすじ12週の内容です。

半分青い12週のあらすじを簡単にネタバレします。



スポンサーリンク

鈴愛とユーコは、お互い連載作が決まりますが、3年ほど連載をしていると、
鈴愛は自分の作品がマンネリ化しつつあることを書きながら自覚し、
ユーコは、自分の力に限界を感じていました。

そして、ユーコは若い実業家の男性と結婚するため、
秋風の了承を得て漫画家を引退、その男性と結婚して
秋風ハウスを去っていきました。

一方、律は大学を卒業してから宇佐川教授の下でロボット開発を続けており、
教授の移籍によって、律も京都大学の大学院へ進学しているのでした。

鈴愛もユーコも連載を持てたことから、順調に漫画家への道を
登り始めるかと思いましたが、どちらも苦悩してしまうようですね。

ユーコは若い実業家の男性と結婚することになりますが、
鈴愛はどうなるのでしょうか。

では、半分青い 12週あらすじのネタバレです。

鈴愛は「一瞬に咲け」、ユーコは「5分待って」の連載が
それぞれ決まり、2人は励まし合いながら創作活動を続けました。

それから3年後の平成7年(1995年)。

鈴愛とユーコは、リフォームした秋風ハウスで仕事を続けており、
連載は3年目突入していました。

鈴愛もユーコもアシスタントを雇っていましたが、
鈴愛は自分の作品がマンネリ化しつつあることを書きながら感じていました。

一方、アシスタント仲間だったボクテは、大ヒット作を出し、
一躍、超売れっ子の漫画家へと成長していました。

そんな中、ユーコは自分の力に限界を感じており、
若い実業家の男性と結婚したいので漫画家を引退したいと秋風に
申し出ます。

ユーコの幸せを願う秋風は、その決断を受け入れました。

その後、ユーコと実業家の男性との結婚式が行われ、
ユーコは秋風、菱本、鈴愛に見送られて秋風ハウスから旅立っていきました。

その頃、律は大学を卒業してから宇佐川教授の下でロボット開発を続けており、
教授の移籍によって、律も京都大学の大学院へ進学していました。

そんなある日、梟町で貴美香の還暦パーティーが行われることに
なりました。

パーティー当日。

鈴愛が遅れてパーティー会場に到着してしまい、律はもう会場を
出ていた後でした。

鈴愛は貴美香にお祝いの言葉を述べると、貴美香は鈴愛に、
律のいる京都大学の宇佐川研究室のロボットの研究が賞をとったこと、
そしてそれは、鈴愛の夢だから叶えたと律は話していたことを
伝えました。

貴美香に背中を押された鈴愛は、律を追いかけるため、
急いで駅へと向かうのでした。

ここまでが、半分青い 12週あらすじのネタバレでした。



スポンサーリンク

半分青い12週のネタバレあらすじにあるように、鈴愛とユーコは、
念願だった漫画の連載を持つことができたものの、鈴愛はマンネリ化を自覚し、
ユーコも自分の力に限界を感じて、実業家の男性との結婚を決めます。

漫画家への道は険しいものなのでしょうね。

ボクテが時代の寵児と言われるほどの売れっ子になった一方、
鈴愛とユーコはうまくいかなさそうです。

ユーコは漫画家の夢は諦めてしまいましたが、鈴愛はこれから
どうするのでしょうか。

一方、律は宇佐川教授の下でロボット研究を続けるために
京都大学の大学院に進学して、ロボットの研究が賞をとります。

そしてそれは、鈴愛の夢だから叶えたと律は話していたことを
鈴愛は貴美香から教えてもらいます。

鈴愛は律に会うことができるのでしょうか。

2人の運命はこれからどうなっていくのでしょう。

半分青いネタバレ13週確定【律と清さや結婚と子供?5年ぶり再会と手紙の内容

半分青いネタバレ12週67話68話69話「漫画家デビューも打ち切りへ

 

半分青いあらすじネタバレ14週15週~26週最終週【律と再婚!会社経営

半分青い あらすじネタバレ1週~13週【上京-結婚し離婚



スポンサーリンク