半分青いあらすじネタバレ2週【鈴愛ムンプス難聴に律マグマ大使っぷり




スポンサーリンク

半分青いネタバレあらすじ2週の内容です。

半分青い2週のあらすじを簡単にネタバレします。



スポンサーリンク

半分青い2週では、鈴愛はブッチャーに名前を馬鹿にされたことに怒り、
ブッチャー目掛けて投げたゴミ箱が律の目に当たってしまう
事件が起きてしまいます。

律は鈴愛に色々されて大変ですね。

目に当たったものの、大事には至らないようなので、良かったです。

そして、晴に何て説明しようか悩んでいる鈴愛に言わなくても良いと
かばってくれる律に、キュンとしてしまいそうです。

また、2週では鈴愛の左耳が聞こえなくなってしまいます。

小学校3年生の時に病気で、というネタバレはありましたが、
2週でもう鈴愛の左耳は聞こえなくなってしまうようです。

では、半分青い 2週あらすじのネタバレです。

律の母である和子がいきなり仁王立ちで立っていたので、
晴は思わず何度も何度も謝罪しました。

晴も律が喘息もちだと知っていて、謝罪の連絡も遅くなってしまい、
本当に申し訳ないと思っていたからです。

しかし、和子は晴に謝罪が遅いと怒りにきたのではなく、
おんぶして律をわざわざ送ってくれた鈴愛に対するお礼に
やってきていたのでした。

鈴愛が律の幼馴染みで、友達でいてくれてありがとうと
和子は晴にお礼を言い、晴は和子の言葉が嬉しくて思わず泣いてしまいます。

それから数日後、同級生の西園寺龍之介(通称ブッチャー)が、
鈴愛の名前である「すずめ」を馬鹿にしたことから、
鈴愛は思わずブッチャーにごみ箱を投げます。

ところが、そのゴミ箱はブッチャーに当たるのではなく、
不運にも律の目に当たってしまいました。

そのため、慌てて岡田病院に行き、貴美香先生に見てもらうと、
幸い、律の怪我は大事には至りませんでした。

その帰り、鈴愛は晴に今日のことをどのように説明しようか
迷っていると律に打ち明けました。

鈴愛は名前のことで馬鹿にされたことを晴に言いたくなかったのです。

それを知った律は、目の怪我も大したことなかったので
言わなくてもいいとアドバイスしました。

そのため、晴には言わないことにしていた鈴愛でしたが、
貴美香が晴に律の怪我の話をしたため、晴にバレてしまいました。

それを聞いた晴は、律にゴミ箱を投げたことをどうして
言わなかったのか怒って追求しますが、鈴愛は答えようとしません。

最終的には、怒った晴を漫画のマグマ大使の登場人物に
そっくりだと言ってしまい、さらに怒られることになりました。

晴のあまりの激しい怒りに、律の家の子になると言って
鈴愛は家出します。

そして、萩尾家に到着して事情を説明した鈴愛は疲れていたので、
すぐに眠ってしまいました。

そこに、晴が迎えにやって来ると、律は晴に、鈴愛という名前を
馬鹿にされたことで起こったことだから今日のことで鈴愛を
怒らないであげてほしいと事情を説明しました。

晴は、律の説明で初めて鈴愛がゴミ箱を律にぶつけてしまった
理由を知りました。

そして、晴が寝ている鈴愛をおぶって帰っている途中、
鈴愛は起きて一緒にじゃれながら帰りました。

鈴愛は晴に怒られていたことなど忘れたように、楽しく
家に帰ることができました。

その翌日、鈴愛の左耳が突然聞こえなくなったと言うので、
貴美香がいる岡田医院に行きました。

しかし、大きな病院で見てもらった方が良いと貴美香先生に言われたので
大学病院へ行きます。

そこで検査をして、鈴愛の耳は「ムンプス難聴」という病気が
判明し、左耳が聞こえることは一生ないと晴と宇太郎は医師から説明されます。

晴はどうして鈴愛が病気になるのかと大粒の涙を流して泣きました。

その夜、晴と宇太郎は鈴愛に病気により、左耳が聞こえることは
一生ないことを説明しました。

鈴愛は両親からの話を聞いて驚きましたが、取り乱したり
泣いたりすることはありませんでした。



スポンサーリンク

その鈴愛の耳のことは、律も知ることになったため、
律は学校で何かと気にかけてくれます。

例えば、平均台の授業があると、皆の気を逸らして平均台の授業を
無くしてしまうほどの機転をきかせてくれました。

その日の帰り、鈴愛は初めて自分の耳が聞こえないことが
不安になり涙を流しました。

晴の前で泣いてしまうと収拾がつかなくなると思った鈴愛は、
その気持ちをずっと我慢していたと律に打ち明けました。

律はそんな鈴愛が泣き止むまで、一緒に付き合ってあげました。

それから数日後、鈴愛は自分の左の絵を描き家族と律と
和子を集め披露しました。

その絵を見た律や晴は、鈴愛の左耳は楽しそうと笑います。

また数日後、鈴愛が遠足の日に雨が降っていて、雨が降っているのを
鈴愛は右耳だけで確認します。

やがて雨がやむと鈴愛は空を見上げて、「半分、青い。」と
一言呟きました。

それから月日は流れ、鈴愛と律は高校生へと成長するのでした。

ここまでが、半分青い 2週あらすじのネタバレでした。

半分青い2週のネタバレあらすじにあるように、律の目に怪我をさせてしまう
鈴愛ですが、自分の名前が馬鹿にされたことを話したくなくて、
そのことをどう説明するか悩んでいる鈴愛に律が言った言葉は素敵でしたね。

小さい頃から優しい律に、鈴愛は恋をしていないのが
不思議なくらいです。

そして、律に怪我をさせたことを知り激しく怒る晴を鈴愛は
マグマ大使と例えますが、これから先、マグマ大使という言葉が
何度も出てきそうなので注目して見てください。

また、鈴愛は「ムンプス難聴」という病気で左耳が一生聞こえなく
なってしまいました。

両親には元気に見せているものの、律の前では不安になり涙を見せる
場面は一緒に涙を流してしまうかもしれません。

そして、タイトルでもある「半分、青い。」という名言は、
2週の終わりに聞けそうです。

3週からは成長した鈴愛と律が見れるので、半分青いは、
これからさらに面白くなりそうですね。

半分青いネタバレあらすじ5週【秋風事務所に!受験日カバン入れ替え大変に!

半分青いネタバレあらすじ4週【初恋失恋と秋風羽織のもとで漫画家へ

半分青いネタバレあらすじ3週【あの人と初デート!律は伊藤清に一目惚れ

半分青いあらすじネタバレ2週【鈴愛ムンプス難聴に律マグマ大使っぷり



スポンサーリンク