半分青いあらすじネタバレ3週13話14話【律が美少女に一目ぼれ

半分青いあらすじネタバレ3週13話14話の内容です。

半分青い3週 13話と14話についてのあらすじを簡単にネタバレします。



スポンサーリンク

鈴愛達が高校3年生になった平成元年(1989年)。

世間はバブル景気に湧いた時代でもありました。

鈴愛達の暮らす岐阜県東美濃市梟町は、バブル時代を感じることなく
穏やかな時間が流れていました。

しかし、そんな平穏な梟町にバブルの波に乗って岐阜県内に
テーマパークを建設しようと東京からやって来た人達が
梟町の平穏な日々を脅かします。

一方、律は菜生の所属する弓道部の引退試合を見に行くと、
他校の弓道部の美少女に一目惚れするのでした。

3週の週タイトルは『恋したい!』。

まず恋をするのは、律のようですね。

律の恋、そして、梟町にやって来たテーマパーク開発の話。

これからどんな展開を見せていくのでしょうか。

では、半分青い3週 13話のあらすじネタバレです。

************************

時は平成元年(1989年)。

高校3年生になった鈴愛は、小学生の頃と変わらず、
元気すぎるくらい時には元気に自由気ままに毎日を過ごしていました。

律やブッチャー、菜生の幼馴染みの皆と鈴愛は同じクラスでした。

高校生になっても相変わらず仲の良かった4人でしたが、
律だけは成績が学年トップでスポーツも万能だったので、
女の子達の憧れの的となっていました。

その頃の日本はバブル時代で、とりわけ東京や大阪の大都市では、
土地の値段が高騰し、バブルに熱狂していました。

ところが、鈴愛達の暮らす岐阜県東美濃市梟町には、
バブル景気など関係ないかのような穏やかな時間が流れていました。

そんなある日の夜。

鈴愛の実家のつくし食堂にある見慣れない男性がやって来るのでした。

ここまでが13話のネタバレで、

次から14話になります。

**************

鈴愛達、幼馴染み4人組は、高校生活最後の夏を過ごしていました。

そんな中、幼馴染みの4人や梟町の人達の平穏な日々を壊すかのように、
見慣れない人達が次々と梟町にやって来ました。

彼らはバブルの波に乗って岐阜県内にテーマパークを建設しようと
東京からやって来た人達でした。

彼らが来てから、それまで平穏だった梟町の空気が少しずつ
騒がしくなっていきました。

その頃、菜生の所属する弓道部の引退試合が行われていました。

他校との交流も兼ねたその試合で、律は他校の弓道部の
美少女に一目惚れ。

美少女に魅了された律のいつもと違う様子に鈴愛はすぐに気づくのでした。



スポンサーリンク

*********************

ここまでが、半分青い3週 13話と14話のあらすじネタバレでした。

あらすじネタバレにあるように、半分青い3週 13話と14話では、
鈴愛達は高校3年生へと成長し、1話の始めに登場した鈴愛達の日々が
本格的に始まります。

この頃、時代はバブル景気。

東京や大阪がバブルに湧く一方で、鈴愛達の暮らす梟町は平穏な日々を
送っているようです。

そんな平穏な毎日が続くかと思われましたが、何と梟町に
テーマパークを建設しようと東京から開発の話をしに人々が訪れます。

梟町はその話に乗ってしまうのでしょうか。

当時の頃は、私は産まれたばかりだったので、もちろん記憶にありませんが、
きっと凄い時代だったのでしょうね。

そして、気になるのは律の恋!

先のネタバレになりますが、その相手は伊藤清と言い、
清と律は再会し、律と鈴愛の人生に大きな影響を与えてしまいます。

清の初登場シーン、そして律の一目惚れシーンに注目です。

 

半分青いネタバレあらすじ4週【初恋失恋と秋風羽織のもとで漫画家へ



スポンサーリンク