西郷どんあらすじネタバレ16話【斉彬の死と安政の大獄で月照と逃亡




スポンサーリンク

西郷どんネタバレ16話の内容です。

大河ドラマ西郷どんの16話について簡単にネタバレします。



スポンサーリンク

斉彬の死の報告が西郷達の元に届きました。

その報告を聞いた西郷は、弔い合戦をするのではなく、
斉彬の呼び掛けで立ち上がった諸藩をまとめるのは水戸の斉昭だけだから、
水戸に兵を出してもらおうと冷静に話しました。

そして、西郷が江戸の水戸藩邸に行くと門前払いされてしまったので、
西郷は慶喜に助けを乞いに行きます。

しかし、慶喜は斉昭が蟄居(謹慎)させられたので無理だと話しました。

また、越前守も隠居謹慎で城に押しかけた者達も皆、
咎められることが決まり、慶喜にも近いうちに謹慎が下ると話し、
西郷の最後の望みが絶たれてしまいました。

その後、実際に慶喜は井伊から謹慎を申し渡され、3年半もの間、
邸内の一室に蟄居させられることになってしまうのでした。

一方、江戸では幕府に刃向かおうとした者達への、
過酷なまでの取締り、世に言う『安政の大獄』が開始されていました。

帝や公家衆をたぶらかしたとして、幕府の追及の手は、
京の月照の元へも伸びたため、近衛に迷惑がかからないようにと、
月照は1人で名乗り出ようとします。

そこに立ちはだかったのは西郷で、薩摩なら幕府も簡単に手は出せないので、
西郷は月照に自分と一緒に薩摩に来てくれないかと頼むのでした。

斉彬の死を無駄にしないためにも、水戸の藩に兵を出してもらおうとした
西郷でしたが、井伊の方が先手でしたね。

そして、16話では『安政の大獄』が描かれるようです。

歴史の教科書では幕末によく聞く言葉ですが、それがどんな風に
ドラマで描かれるか、気になりますね。

では、大河ドラマ西郷どん 16話のネタバレです。

************************

斉彬に命じられ京に戻った西郷は、毎日いろんなところを駆けずり回り、
ようやく兵を受け入れる準備を整えたところでした。

そして鍵屋で前祝いをしていた時、そこへ悲しい表情の月照がやって来て、
薩摩の山田から急ぎの書状だと西郷に手渡します。

西郷は胸騒ぎを覚えながら書状を開くと、そこには
斉彬が高熱で倒れ、そのまま帰らぬ人となったと書かれていました。

俊斎も、ほかの薩摩藩士達もその内容に愕然としてしています。

雨がどしゃ降りの中、西郷は宿屋を飛び出し泣き叫びました。

命より大切な主君が亡くなったことを西郷が知ったのは、
その死から8日も経った日のことでした。

翌日、近衛家の広間に月照、西郷、左内、俊斎が顔を揃え、
皆が斉彬が死んだのは毒のせいであり弔い合戦をしなければと
いきり立つ中、西郷だけは違っていました。

西郷はそんなことはどうでも良くて、まだ公儀に負けたわけではないので、
斉彬の呼びかけに立ち上がった諸藩と、その軍勢をまとめることが出来るのは、
水戸のご隠居である斉昭しかいないと話し、水戸の藩に兵を
出してもらおうと西郷は冷静に言いました。

斉彬の訃報を聞いた井伊達が喜び、油断している今こそ、
チャンスなのだから斉彬の命を無駄にしないためにもどんな手を使っても
良いからと西郷は、改めて近衛に、詔を頼みました。

そんなある日、近衛が、天子様は近々、水戸へ詔を下されるという
吉報を漏らしました。

恐らくこれが最後の命綱だという月照の言葉に西郷達は強く頷きます。

左内は、京にいる諸藩の同志達にこのことを知らせます。

一方、西郷は江戸に行き、斉昭にすぐ兵を出してもらえるよう
要請しに行くことになりました。

しかし、江戸に到着した西郷は、水戸藩邸で門前払い
されてしまいました。

そのため、西郷は磯田屋に駆けつけ、助けを求めるために
慶喜に会いました。

しかし、慶喜は斉昭が蟄居(謹慎)させられたので無理だと話しました。

また、越前守も隠居謹慎で城に押しかけた者達も皆、
咎められることが決まっていました。

慶喜も近いうちに自分にも謹慎が下ると話し、その後、
慶喜は井伊から謹慎を申し渡され、3年半もの間、
邸内の一室に蟄居させられることになってしまうのでした。



スポンサーリンク

最後の望みが絶たれた西郷は、再び京へと引き返し、
近衛と月照に全てを伝え、平伏します。

月照、近衛、左内、皆が涙を流しましたが、斉彬を見舞ってから
西郷の目から涙が流れたことはありません。

そんな姿を見た月照が西郷に薩摩へ帰って死ぬつもりだろうと問いかけると、
西郷は悲しげに笑いながら、斉彬がいない世の中にいても
意味がない人間だと返しました。

その頃、江戸では幕府に刃向かおうとした者達への、
過酷なまでの取締りというとんでもないことが起きていました。

世に言う『安政の大獄』です。

帝や公家衆をたぶらかしたとして、幕府の追及の手は、
京の月照のところへも伸びていました。

近衛に迷惑がかからないようにと、1人で名乗り出るつもりの月照を、
近衛が止めますが、それに対し、月照が優しく今の大老である
井伊を甘く見てはいけないと諭すと近衛が泣き崩れてしまいます。

そしてその場から出て行こうとした月照でしたが、
その前に西郷が立ちはだかりました。

薩摩なら幕府も簡単に手は出せないので、西郷は月照に自分と
一緒に薩摩に来てくれないかと頼みました。

近衛も左内も西郷のこの意見に賛成しました。

翌日、西郷、左内、月照の3人は伏見の船着き場に向かい、
左内に見送られて、西郷と月照の乗った船が静かに岸を離れていきます。

この後、左内が幕府に捕らわれることも、幕府の目が
自分に向けられていることも、この時はまだ西郷は知りませんでした。

そして、船が着いたあと険しい山道を、西郷は月照を
背負って歩きました。

その日も山中の廃寺に泊まる事になり、深夜、誰かの気配を感じた
西郷が外に出ると、そこで死んだはずの斉彬の姿を見ました。

西郷の目からは涙が溢れ、自分も斉彬の元に行きたいと泣き崩れ、
短刀を抜きました。

しかし、常に前を向いていた斉彬への忠義が、死に勝り、
西郷は涙に濡れた顔を上げ、夜空を見上げるのでした。

*********************

ここまでが、大河ドラマ西郷どん 16話のネタバレでした。

西郷どん16話の感想

大河ドラマ西郷どん16話のネタバレにあるように、
西郷は斉彬の死を無駄にしないためにも、水戸藩のご隠居
斉昭に兵を出してもらうように頼みに行きますが、
斉昭は井伊により謹慎を命じられていました。

最後の望みが絶たれてしまい、西郷は失意の底に落ちてしまいます。

また、井伊による『安政の大獄』が江戸で行われており、
井伊の残忍さが際立つ回になりそうです。

そして、井伊から狙われた月照を西郷は守り抜くことはできるのか、
次回も展開が気になる西郷どんですね。

 

西郷どんのキャスト3人の嫁-妻と愛人もいた!嫁愛人を全まとめ

大河ドラマ歴代主役俳優1-最新作までまとめ!歴代の主人公主演人気ものは誰



スポンサーリンク