西郷どんネタバレあらすじ14話【一橋慶喜が将軍への決意




スポンサーリンク

西郷どんネタバレ14話の内容です。

大河ドラマ西郷どんの14話について簡単にネタバレします。

家定の優しさに触れ、篤姫は家定に惹かれていく一方で、
斉彬が提出した建白書により斉昭・慶永らの一橋派と、井伊を筆頭とする
紀州派の議論は紛糾してしまいます。



スポンサーリンク

そのため、斉昭に関する悪評が飛び交う大奥でも、家定との縁組には、
最初から慶喜を将軍にする企みがあったのかと、本寿院の憤りは
斉彬と篤姫にも及び、
まだ家定に慶喜の事を伝えていない篤姫は、窮地に陥ってしまいました。

そこで、篤姫は意を決して家定に次の公方は慶喜が良いと推薦すると、
この篤姫の言葉が、家定の心を動かし、慶喜を将軍綱嗣とする方向へ、
ついに事が動き始めます。

しかし、当の慶喜はというと、自分は将軍になる器ではないの
一点張りで西郷や橋本左内の言うことには一切耳を傾けません。

そんなある日の晩、慶喜のところに井伊からの刺客が来て、
慶喜は襲われますが、西郷により慶喜は助かります。

そして、西郷は初めて人を殺めてしまいました。

それから西郷の説得により、慶喜は井伊のいる彦根藩邸に向かい、
慶喜は自分が将軍になると宣言するのでした。

いよいよ物語が大きく動き出そうとしています。

一橋慶喜がついに将軍になる決意をしましたね。

そして、慶喜を守るためとは言え、西郷が初めて人を
殺めてしまうことになるシーンでは、心優しい西郷の苦しみが描かれそうです。

では、大河ドラマ西郷どん 14話のネタバレです。

************************

安政4(1857)年10月21日、江戸ではアメリカ総領事の
タウンゼント・ハリスが大統領の書簡を携えて徳川家定に会いに来ました。

ハリスに対して家定は、遠方から来てくれたことの労いと、
大統領に友好を保ちたいことを伝えてほしいと将軍らしく告げ、
家定の姿に老中達も一安心でした。

病弱でぼんやりしている様に伝えられていた家定でしたが、
実は、心の温かい優しい人柄である事が家定と練習をしていた篤姫には分かり、
篤姫は次第に家定に想いを寄せる様になっていました。

一方、熊本で大久保と別れた西郷は、12月8日、江戸に到着しました。

そして、島津斉彬から託された松平慶永宛ての書状を持って、
越前藩邸を訪れました。

その書状には、関東での事は全て慶永に任せるので、
西郷を使って構わない旨が書かれていました。

阿部のあとに老中首座になった堀田正睦でしたが、頼りなく、
徳川斉昭を迎える事ができなかったため、斉昭の評判は悪くなる一方で、
家定を暗殺して幕府転覆を図ろうとしているという噂まで流れてしまいます。

西郷に橋本左内と力を合わせ、一橋様擁立に向けて
諸藩の大名を説いて欲しいとも斉彬は書いていました。

しかし、その前にどうにかして慶喜を説得しなければなりません。

後日、西郷と橋本左内は磯田屋で会いました。

慶喜がいかに英邁な人物であるかを広めるために、
慶喜をよく知る人達から聞いた話をまとめて書きあげた『橋公行状記』を、
左内は持ってきました。

それを読んだ西郷は、立派な書だと左内に話していると、
いきなり慶喜本人が現れました。

慶喜はたまたま隣の部屋にいて、壁越しに話を聞いていたと言うのです。

そして、慶喜は『橋公行状記』に書かれている内容は、
全て大嘘だと言いながら、自分の行状記を破ってしまいます。

さらに慶喜は、将軍になるつもりは全くないこと、
そんな男が異国の者から日本を守れると思うかと言い、
慶喜は、足音荒く部屋を出て行きました。

しかし、左内と西郷は慶喜の説得を諦めず、破かれてしまった
行状記も左内は写しを隠し持っていました。

そんな西郷でしたが、磯田屋の前で左内と別れた後、
井伊直弼の手の者に囲まれてしまいます。

西郷はそのまま彦根藩邸に連れて行かれ、茶室に通されました。

井伊は、異国が迫っている今だからこそ、何も変えてはいけない、
世を乱してはならないと断言します。

そして、井伊は西郷に、斉彬を裏切って内情を売るよう言いました。

故郷の事まで調べあげ、暗に脅してきましたが、西郷は従いませんでした。



スポンサーリンク

それからほどなくして、斉彬は幕府に異国との条約で言いなりにならないこと、
その為に国を強くすること、この難所を乗り切るためには
慶喜こそが次の将軍にふさわしいという建白書を提出しました。

これにより、斉昭・慶永らの一橋派と、井伊を筆頭とする
紀州派の議論は紛糾しました。

斉昭に関する悪評が飛び交う大奥でも、家定との縁組には、
最初から慶喜を将軍にする企みがあったのかと、本寿院の憤りは
斉彬と篤姫にも及び、
まだ家定に慶喜の事を伝えていない篤姫は、窮地に陥りました。

そんな中、家定が篤姫に会いに来たので、篤姫は意を決して、
慶喜なら日本国を護り、皆がずっと無事息災でいられるので、
慶喜を次の公方にと推薦しました。

この篤姫の言葉が、家定の心を動かし、慶喜を将軍綱嗣とする方向へ、
ついに事が動き始めます。

しかし、慶喜本人は、相変わらず西郷と左内の懸命の説得にも
全く耳を貸そうとしませんでした。

そんなある日の深夜、慶喜の「人殺しーっ!助けてくれーっ!」
という絶叫が聞こえ、西郷達は、驚いて部屋を飛び出しました。

左内が放った小刀を奪い取り、慶喜は刺客と切りあいになりました。

驚いた事に、慶喜は相当な剣の使い手でした。

しかしながら、相手はさらに強く、慶喜は西郷に助けを求めます。

西郷は、無我夢中で刺客の腹に短刀を突き立てましたが、
西郷にはその男の顔には見覚えがあり、彦根の者だとわかります。

初めて人を殺した衝撃、そして命を奪ってしまったことに、
西郷は、恐ろしさが止まりませんでしたが、慶喜に将軍にならないと
この男も浮かばれないと話します。

慶喜は、立ち尽くしていましたが、やがて井伊のもとに行くと言い、
彦根藩邸に乗り込みました。

すると、井伊は慶福が将軍になったら、慶喜に紀州五十五万石を
献上すると何事もなかったかのように交渉を始めました。

それに怒った慶喜は、ついに自分が将軍になると宣言します。

驚いたのは西郷と左内で、2人を連れて去っていく慶喜を、
井伊は怒りの形相で見送っていたのでした。

*********************

ここまでが、大河ドラマ西郷どん 14話のネタバレでした。

西郷どん14話の感想

大河ドラマ西郷どん 14話のネタバレにあるように、
慶喜がついに将軍になる決意をしました。

刺客を殺めてしまった時の西郷の言葉が、慶喜の胸に
響いたのかもしれませんね。

ここから物語は、幕末に向けて歴史の教科書で習うような
様々な事件が起きてくると思います。

西郷はその度にどんな行動をとっていくのでしょうか。

これからの活躍に注目したいです。

≫≫西郷どんのキャスト3人の嫁-妻と愛人もいた!嫁愛人を全まとめ

大河ドラマ歴代主役俳優1-最新作までまとめ!歴代の主人公主演人気ものは誰



スポンサーリンク