西郷どんネタバレあらすじ10話【篤姫との絆と橋本佐内との出会い




スポンサーリンク

西郷どん10話全体の内容です。

大河ドラマ西郷どん10話全体についてまずは簡単にネタバレします。

吉之助は水戸の斉昭との一件を斉彬に報告します。
斉彬は吉之助が慶喜と出会ったことに喜び、親密になっておくように言います。



スポンサーリンク

早速、品川の旅籠でひーさまこと慶喜に会いに行きますが、
慶喜から「将軍にはならない」と言われてしまいました。

その旅籠で働くおたまの具合が悪くなり、その治療をした蘭方医橋本佐内と出会います。

篤姫は、父が亡くなったと書状を受け取り、藩屋敷から抜け出してしまいます。
吉之助は斉彬から篤姫の護衛役を命じられ、篤姫を探しに出かけます。

海を見ながら涙を流す篤姫を吉之助は慰めました。

藩邸に戻った篤姫は13代将軍に嫁入りするため、指南役の幾島による教育を受け始めます。

橋本佐内が、吉之助を訪ねます。橋本は自分の身を明かし越前福井藩の殿の密命を受けてることや、斉彬の企てを話します。

それを聞いた吉之助は、殿に真意を問いただします。
殿の答えは微妙なものでした。

前回は殿との絆が深まった吉之助、今回は篤姫との絆がいっそう強くなりました。
護衛役にもなりました。

篤姫にとって、こんなに一生懸命に自分を守ってくれる人がそばにいるというのは、
過酷な環境にいて、唯一の明るい材料だったと思います。

③では、大河ドラマ西郷どん10話全体のネタバレです。

************************
吉之助は水戸の斉昭が預かった書状を破り捨てたことを報告します。

それを聞いた斉彬は「ほほー。破りすてたか。一筋縄ではいかぬ」と感心します。
そして、一橋慶喜と親密になっておくようにと吉之助に命じました。

早速、吉之助は品川の旅籠・磯田屋にひーさま(慶喜)を探しに行きます。
やっとのことで、ひーさまに会うことが出来た吉之助ですが
「俺は将軍になる気はないとお前の殿に伝えろ」と言われてしまいました。吉之助は意味が分かりません。

同じころ、磯田屋で働くたまが具合が悪くなります。店の者が医者を探していたところに
蘭方医が現れ、瀉血という西洋の治療法でたまを助けます。

江戸屋敷で暮らす篤姫の元に、一通の書状が届きました。
薩摩にいる本当の父が亡くなったという知らせでした。篤姫は、屋敷から姿を消してしまいます。

その知らせを受けた斉彬は、吉之助に篤姫の護衛役を命じます。
吉之助は江戸の町を駆け回ります。やっと見つけた篤姫がいた場所は海岸でした。

海のある場所で育った篤姫は、父の死の知らせをきいて無性に海が見たかったのだと言い、
吉之助の前で涙します。吉之助は泣きたいときは泣けばいいと慰めます。

吉之助に連れ戻された篤姫を斉彬はあたたかく迎えます。そして、嫁ぎ先は徳川将軍家だと告げられます。

指南役としてやってきた幾島のもとで、将軍家の嫁にふさわしい女性となるための教育を受ける日々が始まりました。
そして大奥のしくみや、関ヶ原で負けたため父斉彬が幕府で置かれている立場の弱さを知ることとなります。



スポンサーリンク

ある日、藩屋敷に旅籠・磯田屋でたまを治療していた蘭方医が現れて、吉之助を呼び出します。
自分は越前福井藩の橋本佐内と言い、殿の密命を受けていると身分を明かして、殿の松平慶永からの書状を吉之助に託します。

そして橋本は、斉彬が篤姫の嫁入りと、次の将軍を慶喜にさせたいと画策していること、
幕府内において薩摩藩は発言権が低いことなどを吉之助に話します。

しかし、橋本佐内は自分と同じ身の上だと思ってた吉之助が、世情にあまりにも疎いことに呆れ、その場を立ち去ります。

橋本から話を聞いた吉之助は斉彬に、佐内から聞いたことについての殿の気持ちを問いただします。

斉彬は「篤は不幸になる」と一言つぶやきました。

*********************
ここまでが、大河ドラマ西郷どん10話全体のネタバレでした。

斉彬の篤姫を13代に輿入れさせて、慶喜を次の将軍にする計画が本格的に始動です!

今この国は一つになってかからないと外国には太刀打ちできない。しかし自分は発言権が弱い。
斉彬は国のためと自分の政治権力と両方を考えて動いてたのですね。

そして不幸になるとわかっていて篤姫を嫁に出す気持ちは、いかほどだったのだろうと思います。
なかなかの曲者ぶりです。

 

▼西郷の2番目の妻 登場です。島に流れ着いた西郷を迎えたのはどんな人なのでしょうか?

西郷どんのキャスト3人の嫁-妻と愛人もいた!嫁愛人を全まとめ

大河ドラマ歴代主役俳優1-最新作までまとめ!歴代の主人公主演人気ものは誰



スポンサーリンク