西郷どんネタバレあらすじ9話【ひー様とふきと再会!旅籠・磯田屋にて




スポンサーリンク

西郷どんネタバレあらすじ9話全体の内容です。

大河ドラマ西郷どん9話全体についてまずは簡単にネタバレします。



スポンサーリンク
【写真を見る】西郷の波乱の人生は、“江戸編”から“島編”へと移っていく

斉彬の江戸での屋敷で、吉之助はお庭方という役目に就きました。

そんななか、吉之助は江戸に来た歓迎会だと品川宿の旅籠・磯田屋に連れていかれます。
そこでひーさまという人気のお客と出会います。

ある日、庭掃除の仕事に精を出す吉之助のところに
斉彬が現れ、命がけで自分のために働いてほしいと頼みます。

西郷は腕の負傷のため刀では守れないけれど、この体全身で殿を守ると約束します。
そんな吉之助に斉彬は短い刀を渡します。

早速、吉之助が頼まれた仕事は、水戸藩の徳川斉昭に書状を届けることでした。

その書状を見た斉昭は、島津斉彬からの書状を破いて窓から撒きます。
その行為に、吉之助は怒りをあらわにします。

そこに一人の男が入ってきます。その男は一橋慶喜です。
品川宿のひーさまと同一人物に間違いありませんが、慶喜はしらをきります。
これが慶喜と西郷の最初の出会いでした。

今回は、殿と吉之助の絆がより一層深まった回でした。
純粋な吉之助が、島津や水戸斉彬・慶喜たちのような曲者と渡り合えるのだろうかと・・少々不安になりました。

では、大河ドラマ西郷どん9話全体のネタバレです。

************************
江戸についた吉之助は、斉彬のそばで働くことが出来るだけで幸せでした。

篤姫も屋敷で子供たちとのんびりと暮らしています。

幕府はそうはいきません。斉彬は評議でアメリカからの通商条約の返答をなるべく先延ばしにするべきだと主張します。
そうでないと清のようになると危惧しているからです。

吉之助は、江戸に来て仲間の大山らに再会し、品川宿の旅籠に磯田屋に連れていかれます。

そこで偶然同郷のふきと出会います。

ちょうど場が打ち解けたところに、ひーさまという客があらわれました。
似顔絵を描いては陽気に女たちと遊ぶその男の姿に、吉之助は少々呆れます。

ある日、庭仕事に精を出してる吉之助のもとに斉彬が現れて、刀をもって命がけで自分の身を守ってほしいと西郷に申し出ます。
西郷は右腕が使えないため刀ではお守りできないが、全身全霊で殿のために働きますと答えます。

その話を聞き、斉彬は以前に自分が「命を無駄にしてはいけない」と声をかけた子供が
目の前の吉之助だということに気づきました。



スポンサーリンク

斉彬は短刀を差し出して「いつ何時もわしの手足となる事、それが務めだ。
この先、人知れぬ秘密を知る事もある。その秘密を守れぬときは、これを使え」と言います。

その命を受けた吉之助の最初の仕事は、水戸の徳川斉昭に書状を届けることでした。

水戸斉昭は、やっとの思いで吉之助が届けた斉彬からの書状を破り捨てます。

そして「今見たままをお前の殿に伝えなさい」と言います。吉之助はそこで激昂します。

斉彬は、書状の内容は幕府の悪口で自分の胸に収めておくからという意味だといいました。

そこへ、斉彬の子慶喜が現れました。その男の顔に吉之助は見覚えがあります。
あの品川宿の色男に間違いありませんが、慶喜はしらをきります。

これが慶喜と吉之助の最初の出会いでした。

*********************

ここまでが、大河ドラマ西郷どん9話全体のネタバレでした。

いよいよ水戸斉昭・一橋慶喜など、これからの歴史のキーパーソンとなる人たちが登場してきました!
なかなかの曲者ぞろいで、素直でまっすぐな吉之助が彼らとどう渡り合っていくのか興味深いところです。

黒船が来ても、ピリピリしていたのは上の人たちだけで、町はまだまだのんびりムードだったのでしょうか。

当時黒船を見に行ってはいけないというお達しが出ていたようですが、街はどんな風だったのでしょうね。

西郷どんのキャスト3人の嫁-妻と愛人もいた!嫁愛人を全まとめ

大河ドラマ歴代主役俳優1-最新作までまとめ!歴代の主人公主演人気ものは誰



スポンサーリンク