西郷どんネタバレあらすじ6話【謎の男が牢屋にジョン万次郎-糸の告白




スポンサーリンク

西郷どんネタバレ6話全体の内容です。

大河ドラマ西郷どん6話全体についてまずは簡単にネタバレします。



スポンサーリンク

斉彬との相撲の取り組みで、思いきり殿を投げ飛ばしてしまった吉之助の入った牢屋には、
謎の男がいました。

打ち首になるのではと心配したいたところに、吉之助はこの男を連れて帰ります。
そして、この男との通訳を正助に頼みます。正体を探るように言われてきたのです。

男の正体はジョン万次郎と言い、土佐の海で遭難し、捕鯨船に助けられてアメリカで育ったのです。
母に会いたくなって、もう一度日本に戻ったのだそうです。

早速、斉彬は万次郎を呼んでアメリカの黒船来航の目的を
万次郎から聞き出します。そして、軍艦づくりをすることを決めました。

吉之助は、斉彬に万次郎の正体を明かした褒美をとらすといわれ
小助の父を赦免してほしいと頼みます。それに対し、斉彬はもう少し待ってくれと返答します。

糸は祝言の日を前に、正助に背中を押され、吉之助に自分の気持ちを伝えます。

西郷家の人々の得体のしれない男の心を、皆で一生懸命にほぐす姿はあっぱれです!

そして、褒美と言われて正助の父のことを頼むのも、西郷らしいですね。
嫁入り前の糸をめぐる正助の行いも含め、今回は思いやりがテーマのように思いました。

③では、大河ドラマ西郷どん6話全体のネタバレです。

於一の「投げ飛ばせー」の一言で、殿を思いきり投げてしまった吉之助は、投獄されてしまいました。

同じ牢の中には、得体のしれない人物がいました。異国から来た男のようです。
吉之助は男が毒入りと思って口をつけなかった食料に口をつけ、食料を差し出しました。
そして、二人は少しずつ打ち解けました。

殿を投げ飛ばしたことで打ち首になってしまうのではないかと心配していた西郷家に、
吉之助は牢にいた男を連れて帰宅しました。

吉之助は男との通訳を正助に頼みます。男の正体を明かすことを命じられてきたのです。
正助は糸が持ってきた辞書を頼りに男と片言で話をし、西郷家の人々も彼の心身の回復に努力しました。

とうとう、男は自分の身の上を話しました。
「自分はジョン万次郎という。土佐の生まれで、海で遭難し、アメリカの捕鯨船に助けられてアメリカで育った。しかしもう一度母に会いたくなり、命を懸けて日本に来た」そうです。

早速、吉之助は斉彬に書状を送りました。母に会いたいと知った斉彬は、
万次郎の母の消息を調べ、いつも母がきていたドンザ(着物)を渡します。

そして斉彬はグラバー邸に万次郎を召し出し、アメリカの黒船来日の目的を問います。
万次郎は「水と食糧、薪と石炭、それから日本の金だ」と答えます。戦争をしても勝ち目はない
とも言いました。

その話を聞いた斉彬は技術者を呼び、軍艦の作り方について万次郎の指示を仰ぎました。



スポンサーリンク

万次郎の正体を明かした褒美をと言われた吉之助は、斉彬に正助の父の赦免を願い出ます。
斉彬は「もう少し待ってくれ。必ずお前たちが必要となる時がくる」と返事をしました。

一方、糸は吉之助が投獄されて、牢屋の前まで消息を聞きに走って行ってしまったことを
父にたしなめられます。

正助は、赤山の墓に糸を呼び出し、吉之助に気持ちを告げるように進言します。
それを聞いた糸は、西郷家へと向かいます。
迎え出た吉之助の父吉兵衛から、吉之助に縁談が決まったことを知ります。

失意のもと引き返してるところで、糸は吉之助に出会い、いい名づけの海老原をほめる吉之助に、糸は今までの自分の想いを告げます。吉之助は、ただただ驚くばかりです。

そして、糸は海老原家へと嫁入りしました。

*********************

ここまでが、大河ドラマ西郷どん6話全体のネタバレでした。

万次郎の心を開いた西郷家の人々もですが
素直に文化を吸収しようと動く斉彬は、さすがですね。

それにしても、吉之助の鈍感さにはあきれるばかりですが、正助の優しさにもじーーんと来ました。
糸は想いを伝えてから嫁に行けてよかったです。

 

▼これからの西郷には一人だけでなくあと数名妻や愛人が現れます(;’∀’)愛人のイメージがなかった西郷さんなので意外ですね↓↓

西郷どんのキャスト3人の嫁-妻と愛人もいた!嫁愛人を全まとめ

大河ドラマ歴代主役俳優1-最新作までまとめ!歴代の主人公主演人気ものは誰



スポンサーリンク