西郷どん20話ネタバレあらすじ【久光に大久保正助気に入れられる

大河ドラマ直虎 20話全体のネタバレあらすじ

大河ドラマ西郷どん20話全体についてまずは簡単にネタバレします。

吉之助は、愛加那を島妻とすることにしました。

薩摩では、斉興が政治の実権を握っていました。
正助は、斉興の屋敷に出入りするようになっていました。



スポンサーリンク

そこで、久光を紹介されます。
久光と碁の勝負をした正助は、久光に真剣勝負をして勝ちます。

そして、この国を背負ってほしいと、久光に願い出ます。
このことで、正助は久光からの信頼を得るようになりました。

いっぼう、精忠組の面々は、血気にはやっています。このままではいけない
脱藩して彼方を振りかざそうと、過激派に傾くものが多くなっていました。
そんななか、大久保が一計を案じ、久光直々に訓示を述べさせて、皆をたしなめます。

しかし、桜田門外の変で、井伊直弼が斬られます。
薩摩藩士からもその処罰を受けるものが出る事態となりました。

正助と満寿の間には待望の長男が生まれ、夫婦の絆は深まっていきました。
吉之助も、島での愛加那とのきずなを深めていました。

ここまでが、簡単なあらすじです

政治は混とんとしていますが、正助と吉之助はそれぞれ夫婦のきずなを深めていて
羨ましい限りです。
正助の不器用さが、見ているこちらとしては歯がゆいですね。
やはり薩摩に吉之助がいたら、どうなっていただろうと思いますね。
************************

大河ドラマ西郷どん20話全体のネタバレです

吉之助は、愛加那を島妻にすることにしました。
島の慣習では、結婚した女は左手に刺青を入れ、晴れて吉之助の島妻となりました

薩摩では斉彬の死後に政治的な実権を斉興が握り、井伊直弼の言いなりでした。

精忠組の面々は毎日のように吉祥院にあつまり、
「このままでは薩摩は置いて行かれる。斉興を斬る」と
血気をはやらせて議論していました。
「それはまだ早い、そんなことをしても犬死になる」と正助は皆をたしなめます。

正助は、斉興のところに頻繁に出入りしています。
理由は、藩の若者の意見を殿に伝えるためです。
斉興も正助を気に入っていて
息子の久光に「こいつは使える」と正助を紹介します。

久光と正助は碁の勝負をします。勝ったのは正助でした。
「みんな、俺に気を使ってわざと負けるのにお前は真っ向勝負をしてきた」
と、久光は正助に感心します。

正助は、いずれ斉興の世が終わる。
その時には久光様に薩摩藩を背負っていくのはあなただ。
亡き斉彬様の遺志を次いで頑張ってほしいと、申し出ます。
久光は「政治の矢面に立ったことのない俺に皆がついてくるはずがない」と
反論します。

正助は「国父と言える立場の者についていかない家臣はいない」と
久光を説得します。
それを聞いた久光は、正助に信頼を置くようになりました。

そして、斉興はこの世を去り、久光が藩主忠義の後見人・国父となる日が来ました。

そのころ安政の大獄がおこり、井伊の政策に反対した吉田松陰も橋本佐内も
次々と切腹を言いつけられていました。

江戸に潜伏していた俊斎らから
水戸の藩士とともに井伊直弼を斬る計画があるという知らせが
精忠組に届き、俺たちも参加しようと一同は盛り上がります。



スポンサーリンク

しかし、大久保は、今はその時期ではないと、皆をたしなめます。
そして、一計を案じます。

大久保の妻・満寿は、由良の誘った会合に参加し、
由良から犬を預かってしまいます。
そのことは、妻として夫を助けようとしてやったことでした。

しかし、その犬のことは大久保が斉興のスパイではないかという不信を招くことに
なりました。

ある日、大久保正助の家に久光が直々にやって来ます。
「時が来たら、国府として薩摩藩を守る。早まって脱藩したりしないように」と
直々にとのべ、精忠組の面々に直接、訓示をします。

その夕方、大山らが正助の家を再び訪れ、
どうしてそこまで久光に取り入るのかと問いただします。
問答の最中、正助が書きかけの吉之助を薩摩に呼び戻す嘆願書を、大山が見つけます。

正助は「吉之助を呼び戻し、国を変えるためには、出世しないといけない」
「やっとそこまでたどり着けてきたのだ」と
本心を初めて仲間に明かします。

しかし、桜田門外の変が起こり
水戸藩の浪士と薩摩藩から脱藩して参加した有馬新七らによって、
井伊直弼が斬られました。
有馬新七は俊斎の弟で、直接井伊にとどめをさしました。

一方、奄美では刺青を入れた包帯を取った愛加那と夫婦のきずなを深めていました。

ここまでが、大河ドラマ「西郷どん」20話全体のネタバレでした。
*********************
今回は正助が、薩摩で頑張っている姿が中心でしたね。
正助も彼なりに、吉之助を呼び戻して国を良くしたいと頑張っているのですが、
久光に気に入られていく正助と、徹底的に嫌われていく吉之助の未来を
なんとなく暗示した回でもありました。

このさき、薩摩では吉之助の帰りが待たれるところですね。
しかし、吉之助は愛加那とラブラブです。なかなかうまくいかないところです。

 

西郷どんネタバレ21話あらすじ【愛加那との子菊次郎-奄美編

西郷どんのキャスト3人の嫁-妻と愛人もいた!嫁愛人を全まとめ



スポンサーリンク