西郷どんネタバレ25話【薩摩に帰還2番目妻の愛加那と最後の別れ




スポンサーリンク

西郷どん25話ネタバレまずは簡単なあらすじです

沖永良部島では、牢派も粗末で、

吉之助は、またまた死にかけてしまいます。



スポンサーリンク
【写真を見る】奄美大島で吉之助(鈴木亮平)は“男女の愛”を知る

それを見た土持正照は、座敷牢を作っ  て吉之助を助けようと
考えます。
吉之助は、そのおかげで体力を回復して、島の人たちとも打ち解けていきます。

奄美でそうしていたように、子供たちに学問を教えるようになりました。
ところが、ここでは身分によって子供たちでも扱いが違っていました。

そのことについて、吉之助は皆に、
民は平等で子供は、国は宝であることを説きます。
こうして、島の人々にも吉之助は尊敬されるようになりました。

そのころ、薩摩では生麦事件をきっかけに、薩英戦争が起こってしまいます。
そして、吉之助は、薩摩へと帰ることになります。

迎えに来た、西郷の弟は、気をきかせて奄美に舟を立ち寄らせます。
そして愛加那とたぶん、最後になるだろう再会をし、薩摩へと向かいました、

ここまで ざっとしたあらすじでした

さすが、吉之助、どこにいっても不死身でよみがえります~。
運命とは言え、愛加那との別れは切ないです。もう会うこともないと思うと
何とも言いようがありません。
幼い子を育てていかなけばイケナイ愛加那に母としてエールを送りたいですね。

************

西郷どんネタバレ25話詳細あらすじはここから

沖永良部島では、徳之島とは違い、
自分たちで食料を確保しないといけないという、過酷な状況であったため
吉之助はすぐに体調を崩し、弱ってしまいました。

台風で牢が壊れ、食料も拒否して、死にかけていた吉之助でした。

牢で水を飲ませて吉之助を助けた川口雪篷は、
土持正照に藩命をもう一度読み直すようにと、助言します。

書状には吉之助を「囲い込むように」と書いてあるのみです。

そこで土持正照は、座敷牢を作ることを思いつきます。
牢が良くなったこともあり、吉之助の体力は回復へと向かいました。

体力を回復した吉之助は、土持正照の家に出入りする子供たちに、
学問を教えるようになります。
ところが、役人の子と低い身分の子では、
同じように扱われていませんでした。

それを見た吉之助は、薩摩時代に学んだ書物から
「人は身分や家柄ではなく、心のあり方によって人格が育まれていくのだ」

人はみな平等であり、子供は国の宝だから大切に育てろ」
という吉之助の話に、土持政照をはじめ、その場にいた一同は感動しました。

1863年、江戸では、生麦事件が起こりました。
江戸からの帰途、久光の大名行列が武蔵国生麦村を通りかかった時
イギリス人リチャードソン他3名が馬で割り込んできたのです。

その、リチャードソンに対し、
奈良原吉左衛門が無礼千万と切りつけます。
斬られたリチャードソンのとどめを刺したのは海江田俊斎でした。

このことで、イギリスは薩摩藩と幕府に、
30万両の賠償金の支払いを要求しました。

それに対し、老中の松平春獄は「支払うべきだ」と主張しそれに対し、
老中の松平春獄は「支払うべきだ」と主張し

一橋慶喜は「英国の思うつぼになってしまうから、
薩摩藩と英国の問題にするべきだ」と反対意見を述べます。

14代将軍重茂は「薩摩藩も幕府の一員であるから、幕府が出るべきだ」と
幕閣でも事件に対する処理に対する意見が割れ
収取がつかない状態になってしまいました。

業を煮やした英国側は、1年後に艦隊を薩摩藩に差し向けてきました。
薩英戦争です。

薩英戦争に対して、薩摩藩では断固戦う意思を固めていました。
賠償金も拒否してました。久光には、英国の軍艦を手に入れて
自分を馬鹿にしている一橋慶喜の鼻を明かしたい気持ちもありました。



スポンサーリンク

一方、沖永良部島でも、イギリスの軍艦が来るという噂でもちきりでした。

大作として、土持正照は、身分の低い民を売って資金を得ようと考えます。
しかし、それは人を売り買いすることになると、吉之助は反対します。

そのころ、川口雪篷は、船で脱獄しようとして捕まり、
吉之助と同じ牢に入ることになります。
英国に対しては、戦うべきではないという意見を吉之助に言います。

川口雪篷は、自分たちの手で自分たちの島を守ろうと、土持正照と吉之助に
一計を投じます。しかし、土持正照は及び腰になってしまいます。

吉之助は、川口と友情が芽生えていきます。
川口雪篷は子供たちに「ナポレオンは貧しい生れだった、学問に励み
革命を起こし、民衆の英雄となって皇帝となり、民衆が喜ぶような国を作った」

という話をします。

薩英戦争は、数日で決着がつきました。
暴風雨も味方をして、最初は薩摩藩の船が拿捕されました。
薩摩も、負けじと大砲をうちます。薩摩のにも被害は出ますが、

イギリス艦隊も、艦長・副館長が死亡するという大きな被害が出ました。

さて、沖永良部島では、吉之助が島に戻るよう幕府から命令が来ます。
吉之助を迎えに行ったのは、弟の西郷信吾でした。

と中で、喜界島で島流しになっていた村田新七を乗せ、
信吾は奄美大島に立ち寄ります。

愛加那は、薩摩に行くことは許されない身です。
そして、西郷もこれから政局に復帰していけば、奄美に戻ることはないでしょう。
愛加那との最後の別れを惜しみ、吉之助は薩摩へと向かいました。

以上が最後どん25話のネタバレでした
**************

前回、とぅまに歩み寄った吉之助がついに結婚へ
この島では川口雪篷という、かけがえのない友を得ました。
南洲墓地にある西郷の墓碑の字を書いているのは雪篷です。
友情はずっと続いていくのですね。

さて、ドラマのほうは薩英戦争が起こり
歴史の転換点でとして、重要な局面を迎えてきました。
再び薩摩に戻る吉之助、今度は久光ともうまくやって、
しくじらないでほしいものです。

 

大河西郷どんネタバレ34話35話【坂本竜馬の暗殺-篤姫の手紙-勝海舟と会談

西郷どんのキャスト3人の嫁-妻と愛人もいた!嫁愛人を全まとめ

 



スポンサーリンク