半分青いネタバレ16週94話95話96話【パンドラ箱から離婚理由の物が大量発見!




スポンサーリンク

半分青いあらすじネタバレ16週94話95話96話の内容です。

半分青い16週 94話と95話と96話について簡単にあらすじネタバレします。



スポンサーリンク

涼次が見つけてきたという新しい物件は、三オバが暮らす家の隣にある
離れでした。

涼次との新婚生活に思いを馳せていた鈴愛はこのことに戸惑いを隠しきれません。

ある日、鈴愛は涼次に預けていた新居に引っ越すための資金を涼次が勝手に
使い込んでいたことを知ります。

そのことを鈴愛が涼次に問い詰めると、祥平の新作映画のために使った
ことを涼次は白状します。

それから数日後。

鈴愛は涼次からある箱を決して開けてはならないと念を押されますが、そう言われると
見たくなってしまうのが鈴愛です。

三オバに相談して、その箱を開けると、そこから出てきたのは大量の
映画脚本でしたが、そのどれもが未完成のままでした。

三オバから何をやっても長続きしないという涼次の性格について聞かされた鈴愛は、
涼次との結婚生活に一抹の不安を感じます。

一方、100円ショップ「大納言」での仕事にもすっかり慣れてきた鈴愛でしたが、
「大納言」では他の100円ショップで扱われている商品ばかり扱っていることに
物足りなさを感じ始めていました。

店長の田辺に鈴愛は、新しい商品のアイディアを次々に提案しますが、田辺は
「大納言」はフランチャイズであるため、独自の商品は置けないことを
鈴愛に話します。

しかし、その答えに鈴愛はどうしても納得できないのでした。

涼次はやはり鈴愛との結婚生活を送るための新居に必要な資金を、祥平の
映画製作に充てていたのですね。

鈴愛に何の相談もなく、決めてしまうのが鈴愛にとっては、ショックでしょうね。

そして、涼次の秘密である未完の映画脚本の数々を見て、三オバから涼次の
性格について聞いた鈴愛は、さらに涼次との結婚生活に不安を感じてしまうようです。

離婚をほのめかすような感じが物語のなかでも顕になってきましたね。

では、半分青い16週 94話のあらすじネタバレです。

************************

涼次が鈴愛と一緒に暮らす新婚生活のために見つけた良い条件の新居は、涼次の
育ての親であり、鈴愛の働く100円ショップ
「大納言」のオーナーでもある藤村家の三姉妹の家の離れでした。

涼次と2人きりの甘々な新婚生活を思い描いていた鈴愛は、母屋に暮らしている
光江・麦・めありの3人の叔母達を紹介されても、戸惑いを隠しきれません。

そんな中、鈴愛は涼次に対して不信感を抱かずにはいられないことがわかります。

何と、鈴愛が涼次に預けていた新居に引っ越すための資金を、涼次は鈴愛に
無断で使い込んでいたのです。

そのことを知った鈴愛が涼次にその使い道を聞くと、製作が頓挫しかけていた
祥平の新作映画のために、その資金を使い込んでいたことを白状しました。

そして迎えた藤村家の離れでの初めての朝。

鈴愛が目覚めた時には、すでに涼次は起きていて、涼次は鈴愛のためにあることを
しているのでした。

ここまでが94話のネタバレで、

次から95話になります。

**************

ある日、涼次は1つの箱を指差しながら、その箱の中身を決して見てはいけない
と鈴愛に念を押しました。

そう言われてしまうと、その箱の中身が鈴愛はどうにも気になってしまいます。

そのため、ついに鈴愛は藤村家の三オバのところにその箱を持って行き、その箱の
中身について叔母達に相談しました。

鈴愛から相談を受けた三オバは、鈴愛と一緒にその箱を開けてみると、箱の中から
出てきたのは涼次が書いた映画の脚本でした。

何本分もの映画脚本のそれぞれの質が高いことに三オバは驚きましたが、鈴愛は
箱の中から出てきた映画脚本の全てが、どれも最後まで書き上げられたものがなく、
未完成のまま終わっていることに気づきます。



スポンサーリンク

鈴愛がそのことを三オバに指摘すると、三オバは、涼次は何をやっても長続き
しないため、最後までやり通すことができない夢に夢見る性格であると答えました。

三オバから涼次の性格について聞かされた鈴愛は、涼次に対して一抹の不安を
感じるのでした。

ここまでが95話のネタバレで、

次から96話になります。

**************

100円ショップ「大納言」の仕事にもすっかり慣れてきた鈴愛は、他の
100円ショップでも売っているような「大納言」
の品揃えに物足りなさを感じ始めていました。

そのため、鈴愛は様々な新商品のアイディアを考え、店長である田辺に
提案しますが、鈴愛の提案に対して田辺は、「大納言」はフランチャイズであるため、
本部で決められた物しか販売できないのだと答えました。

しかし鈴愛は、どうして決められた物しか売ることができず、独自のアイディアを
受け入れられないのか、秋風のもとではそんなことはなかったと、どうしても
田辺の答えに納得ができません。

悶々とする鈴愛に対して、涼次は、オフィス・ティンカーベルにいた頃の鈴愛は、
秋風がいて守っていてくれたからこそ、自由に仕事ができたのであり、「大納言」
では、秋風のような存在はいないのだから仕方がないことを諭すのでした。

*********************

ここまでが、半分青い16週 94話と95話と96話のあらすじネタバレでした。

あらすじネタバレにあるように、半分青い16週 94話と95話と96話では、
涼次の何をやっても長続きしない性格が明らかにされました。

鈴愛との結婚を出会ってから6日で決めた涼次ですが、結婚に夢を見ていた
だけなのでしょうか。

鈴愛が不安になっても無理はありませんね。

結婚までのスピードが異様に速かった2人ですが、16週の後半ではもう
離婚に関するフラグが立ち始めていきそうです。

一方、鈴愛は「大納言」の品揃えに物足りなさを感じ始めるようです。

しかし、鈴愛の新しい商品のアイディアは受け入れられることはありません。

それは100円ショップ「大納言」がフランチャイズ店舗であるため、当たり前
のことですが、鈴愛はどうしても納得できないようですね。

このことが鈴愛の人生の後半にいきてくることになりそうなので、その辺りにも
注目して半分青いを見ていきたいと思います。

 

半分青いネタバレあらすじ17週【涼次の初映画監督デビューか!



スポンサーリンク