半分青いネタバレあらすじ21週【仙吉と和子の死!岐阜犬の仕事を




スポンサーリンク

半分青いネタバレあらすじ21週の内容です。

半分青い21週のあらすじについて簡単にネタバレします。



スポンサーリンク

仙吉が亡くなってしまったため、つくし食堂2号店の名前を花野しか聞いて
いなかったので、鈴愛は聞き出すのに苦労しましたが、ようやく聞き出せた仙吉が
つくし食堂2号店につけた名前は、「センキチカフェ」でした。

センキチカフェのオープンの日には、楡野家を始め、西園寺家の面々、律や菜生、
貴美香など、たくさんの人が集まりました。

そんな中、貴美香は鈴愛に、和子がセンキチカフェで働ける場所を作ってあげて
ほしいと言われ、和子が家にいてできる「岐阜犬」の悩み相談を鈴愛は考え付きます。

和子はその仕事にやる気をだし、梟町からたくさんの人が「岐阜犬」に相談しに
やって来ました。

そんなある日。

和子は鈴愛に自分に何かあった時のために、律の母子手帳や育児日記を渡します。

そしてそれからしばらく後。

和子は家族に見守られながら静かに息を引き取るのでした。

20週に続き、21週も素敵なキャラとの悲しい別れがあります。

何と、和子が亡くなってしまうようですね。

鈴愛の母である晴とはまた違ったタイプのお母さん。

いつも温かく優しく律や鈴愛を見守ってくれていて、私の理想の親像だった和子。

鈴愛が幼い頃に、和子おばちゃんの子どもになる!と言って家出をしたのが
とても懐かしく感じます。

そんな和子が亡くなってしまうなんて、本当に残念で仕方ありません。

金八先生のモノマネも、もう見れないのですね…。

21週も涙なしには見れない週になりそうです。

では、半分青い 21週のネタバレあらすじです。

************************

20週終わりに花野が亡き仙吉から聞いていた、つくし食堂2号店の名前を
聞き出すための良い方法が何かないかと鈴愛は律に相談するために萩尾家に電話を
しましたが、和子の後に電話に出たのは律の妻であるより子でした。

より子が出たことに驚いた鈴愛は、うまく返せず、そのまま電話を切ってしまいます。

より子は息子の翼の教育や、律の出世ばかりを気にしていて、たまに律の実家に
来ても、いつも不機嫌な様子でした。

それから数日後。

楡野家では、花野が父の涼次からもらったぬいぐるみのココンタに携帯電話を
仕込ませて、誰もいない茶の間にセットしておきました。

しばらくして、茶の間に入ってきた花野に向かって、鈴愛が食堂の電話から
ココンタで話しかけてみると、ようやく花野は仙吉から聞いていたつくし食堂
2号店の名前が「センキチカフェ」であることを話しました。

センキチカフェ開店日。

楡野家を始め、物件を仲介してくれた西園寺家の面々、律や菜生、貴美香など
本当にたくさんの人々が集まりました。

鈴愛は仙吉から仕込まれた五平餅を焼き、皆がそれを美味しいと言って
食べていました。

そんな中、和子の往診をしている貴美香が鈴愛に和子は落ち着いているが、律は
眠れず、たまに貴美香のもとに薬をもらいに来ることを打ち明け、律を
助けられるのは鈴愛しかいないと話します。

また、貴美香は和子にも何か仕事や役割があった方が良いと言っていたため、
鈴愛はセンキチカフェのマスコットとして、大きな犬のぬいぐるみを作り、
それもココンタ同様、喋らせる『岐阜犬』というものを思い付きました。

そして、『岐阜犬』の喋る役を萩尾家にいる和子にやってもらおうと考えつきました。

カフェの宣伝にもなるため、和子には仕事として受けてもらい、少しでも給料を
支払おうと考え、律にその話をしました。

すると律は、インターネット回線とボイスチェンジャーを使う仕組みを
提案しました。

そして、鈴愛は早速、菜生に協力してもらい、ぬいぐるみの製作を始めます。

それから数日後。

センキチカフェにフクロウ会の4人と、草太、健人が、岐阜犬を完成
させるために集まりました。

鈴愛と菜生が作った岐阜犬のぬいぐるみのポケットに、律が携帯型の
インターネット電話を仕込みます。

4人は電話側とパソコン側の2手に分かれることになると、菜生は幼い頃に
やった糸電話のことを思い出しました。

律とブッチャーはパソコンを持って、楡野家に行き、ブッチャーが喋ると、
岐阜犬のポケットから声が聞こえてきて、実験は見事に成功します。



スポンサーリンク

後日、鈴愛は和子のもとを訪れ、岐阜犬の構想を話し、和子が昔から語るのが
好きで金八先生みたいだったと鈴愛に言われた和子は、岐阜犬の話に
乗り気になりました。

鈴愛の読み通り、和子の岐阜犬は評判を呼び、梟町の人々が次から次へと岐阜犬に
悩みを相談しにやって来て、和子の体調も安定していきました。

しかし数日後。

鈴愛は和子から律の母子手帳や育児日記などを預かります。

それは、自分に何かあった時に律に渡してほしいという意味でした。

和子は今、弥一や律に渡しても良いが、男は弱虫だからと鈴愛に話し、
鈴愛は和子が笑顔なのを見て、泣かずに和子の願いを了解しました。

それからしばらく後、和子は家族に見守られながら静かに息を引き取りました。

秋の気配が感じられるようになった頃、健人とブッチャーの姉である麗子が
結婚することになります。

健人はセンキチカフェがオープンの日に、麗子に一目惚れをしたようで、
それから2人は交際を開始していたのです。

麗子とブッチャーの両親である、西園寺満と富子は、センキチカフェの賃料を
安くするので、麗子をセンキチカフェで健人と一緒に働かせてあげてほしいと
頼むと、晴と宇太郎はそれを了承。

しかし、センキチカフェに従業員3人は多く、つくし食堂にも里子が手伝いに
来ているため、鈴愛はまたしても働く場所を失ってしまいます。

一方、律は翌月の人事異動で大阪へ戻ることが決まるのでした。

*********************

ここまでが、半分青い 21週のネタバレあらすじでした。

半分青い21週のネタバレあらすじにあるように、21週ではセンキチカフェのオープン、
和子の死、健人とブッチャーの姉である麗子の結婚が描かれるようです。

この中でもやはり、1番の注目するべき出来事は和子の死ですね。

私の中での理想の母親像は、いつもは温かく優しく見守りながらも、時に厳しく
怒る、まさに和子のような存在でした。

そんな和子が亡くなってしまうなんて…。

今から悲しくなってしまいます。

そして、意外だったのが、律の母子手帳や育児日記を和子が渡した相手が
鈴愛だったこと。

普通は妻であるより子に渡すところを、和子が鈴愛に渡すということは、
この時の律とより子の夫婦を和子は良い風に思っていないのかもしれません。

和子が最後に活躍する「岐阜犬」の悩み相談。

岐阜犬がどんなぬいぐるみになっているのか、現段階では全然わからないので
気になりますし、和子が皆の悩みにどう答えるのか、注目したいです。

また、岐阜犬が完成し、電話側とパソコン側に別れるシーンでは、幼い頃の糸電話を
彷彿とさせ懐かしさを感じそうですね。

小さい頃の鈴愛や律も好きだった私としては、その映像が流れるのか、楽しみです。

21週は和子の死があり、悲しい週になると思いますが、しっかり物語を
見届けたいと思います。

ネタバレあらすじ22週【津曲と岐阜犬でふぎょぎょ設立!律と抱擁



スポンサーリンク