半分青いネタバレあらすじ25週【涼次と再会やり直す?ユーコの死!




スポンサーリンク

半分青いネタバレあらすじ25週の内容です。

半分青い25週のあらすじについて簡単にネタバレします。



スポンサーリンク

そよ風ファンが完成し、その資金調達に楡野家を頼りますが、家族は大反対。

そのため、資金集めに悩んだ鈴愛が東京のシェアオフィスに戻ると、何と、
そよ風ファンが盗まれたと律が茫然としています。

犯人は津曲だとすぐにわかった鈴愛。

津曲がなかなか捕まりませんが、ようやく見つけ、律はスパロウリズムを手伝うように脅迫。

そして、津曲の協力のもと、そよ風ファンの完成披露会をするため、動画を作る
ことになり、鈴愛は涼次に格安で撮ってもらうよう交渉。

2人は久しぶりに再会し、涼次は花野と3人でやり直そうと言いますが、鈴愛は
断りました。

完成披露会では、たくさんの人が集まり、投資をしてくれる人もたくさんいて、
いよいよ大量にそよ風ファンを制作しようとした矢先。

東日本大震災が発生。

そよ風ファンの部品が調達できなくなり、制作は頓挫してしまいます。

しかし、鈴愛にはそれよりも気になることがありました。

それはユーコの安否です。

鈴愛はユーコの無事を祈りますが、ユーコは鈴愛の願いとは裏腹に、地震によって
亡くなっており、ユーコが携帯電話に遺したメッセージを鈴愛は聞いたことで、
元気を取り戻すのでした。

そよ風ファンが完成しますが、津曲のせいで一波乱ありそうですね。

しかし、律はそんな津曲に脅迫まがいのことをして、協力してもらったことで、
完成披露会を行うことになり、鈴愛は涼次と再会します。

鈴愛と涼次の再会シーンや、律が涼次と会うシーンはどうなってしまうのか、
どんな様子なのか、詳しくはネタバレされていないので、とても気になります。

光江も登場するようなので、とても楽しみですね。

しかし、25週ではまさかの出来事も起こります。

ユーコが東日本大震災によって命を落とすのです。

鈴愛がユーコを失った時の悲しみがどれほどのものか、私はまだ親友を
亡くしていないので、想像できませんが、きっと物凄い悲しみだと思います。

鈴愛が立ち上がるまでは一緒に泣いてしまいそうです。

では、半分青い 25週のネタバレあらすじです。

************************

鈴愛は、そよ風が出る扇風機の開発が一段落したところで実家の梟町に帰り、
晴の様子を見に行きました。

帰ってきた鈴愛に、晴は、そよ風ファンができたのかと確認。

鈴愛は、完成したそよ風ファンの写真を晴に見せた後、つくし食堂の儲けで
そよ風ファンにお金を投資してくれるよう頼みますが、晴を始め、宇太郎も草太も鈴愛の話を断りました。

鈴愛が東京のシェアオフィスに戻ると、そよ風ファンが盗まれてしまったと
律が茫然としていました。

鈴愛はすぐに、津曲のせいだと思い、津曲に何度も電話をしますが繋がりません。

そこで、妹の恵子に津曲の居場所を教えてほしいと頼みますが、恵子はいくら
何でも津曲が盗むことはないと言われます。

しかし、鈴愛は電話が繋がらないことや子どもに扇風機を作っていることを
津曲が自慢していたので、それが
原因ではないかと言いました。

一方、津曲は、やはりそよ風ファンをもって大手企業にプレゼンを行いに
出ていました。

ところが、そこに子どもから電話が掛かってきたため、プレゼンをする前に
子どものところに向かいます。

その後、津曲は律と鈴愛に謝罪し、律は子どもにこのことを暴露されたく
なかったら協力してほしいと脅迫まがいのことをします。

そこに、津曲の子どもがやってきたため、津曲が扇風機を作っていたことが
嘘だったことを打ち明け、津曲はしばらく
スパロウリズムを手伝うことになります。

スパロウリズムでは、そよ風ファンの資金調達に皆が頭を悩ませていた中、津曲が
投資家に出資してもらうために、完成披露会をやろうと提案します。

完成披露会を行うためには、投資家達を魅了する動画が必要になりますが、
鈴愛は、すぐに涼次のことが思い浮かび、涼次に頼むことを決めます。

何と鈴愛には、別れたときの借りがあるために涼次が格安で動画を作ってくれる
だろうと期待していたのです。

鈴愛は早速、光江に連絡をして、涼次と会い、涼次は仕事を受けてくれました。

そして、涼次は律にそよ風ファンの開発段階がどんな状況なのかの話を聞いて
動画を作り始めました。

迎えた完成披露会当日。

津曲がたくさんの投資家を集めてくれたことや涼次の動画の仕上がりもあり、
鈴愛達は多くの出資金を調達することができました。

そして、そよ風ファンはいよいよ大量に制作する段階に進みます。

その矢先。

東日本大震災が発生。

そよ風ファンの部品の調達は難しくなり、制作は頓挫してしまいますが、
鈴愛には、そよ風ファンよりも気になることがありました。

それは、仙台に引越して、海の見える病院で働いていたユーコのことでした。

地震が起きてから、鈴愛はユーコと連絡がとれておらず、ボクテからもユーコの
ことで連絡が入りました。

鈴愛は、テレビで見る津波の映像が怖くて仕方がなくなっていた頃、花野が突然
学校に行かず、いなくなってしまいます。

花野は鈴愛の不安を敏感に感じ、学校でお漏らしをしてしまって馬鹿にされて
いたことで、学校に行っていなかったのです。

慌てて花野を探した鈴愛が花野を見つけたのは、涼次のところでした。

鈴愛は花野を抱きしめ、転校してもいいんだよと花野の気持ちを考えて対策を
練ります。

そんな中、涼次は鈴愛に、花野と3人で家族をやり直さないかと言いますが、
鈴愛はそれをきっぱりと断りました。

鈴愛の心には涼次ではなく、律がいるからで、それは、花野もわかっていました。

一方、鈴愛の願いとは裏腹にユーコが亡くなったという連絡がボクテから来ました。

その話を聞いた鈴愛はショックで何もできなくなってしまい、そんな鈴愛の
様子を見た律は、鈴愛を心配して岐阜に帰るようにアドバイスします。

岐阜に帰った鈴愛は、部屋に引きこもり、家族との団欒もせず、部屋で
ただ天井を見上げるばかりでした。

そして、和子の遺影に手を合わせに萩尾家に行きます。

そこで会った弥一に、鈴愛は励まされますが、鈴愛の心はまだ晴れないままでした。

そして、鈴愛はユーコの家に電話をかけユーコの夫であるヨウジの仙台の家に
お邪魔することになりました。

その頃、スパロウリズムには秋風からの手紙が、律と鈴愛宛てに届きました。

その内容は、鈴愛を励ますものであり、これこそが鈴愛に伝えられる
最も大切なことだと思った律は、鈴愛の生きる力に賭けました。

一方、ユーコの家に着いた鈴愛は、遺影に手を合わせ、ユーコが亡くなった
一日を説明してもらいます。

鈴愛が到着した時にはすでに、ボクテや秋風も来ていました。

そして、ヨウジは聞かせたいものがあるとユーコが最期に持っていた携帯電話の
音声を再生します。

そこには、自分の分まで生きてほしいということや、スパロウリズムで何かを
成し遂げることを期待しているという鈴愛に対するメッセージも遺されていました。

鈴愛は、それまでの曇りがちだった気分が一気に晴れ、死んでほしくはなかったけど、
ユーコらしいと感じました。



スポンサーリンク

その日から、鈴愛はそよ風ファンを世に出すために必死で仕事に取り組みました。

そして、部品も調達でき製造販売の目途もつくことになり、その前に、梟町で
発売記念イベントを七夕の日に行うことにしました。

そこには、菜生やブッチャー、貴美香や弥一など梟町ではお馴染みの顔が
揃います。

律は仕事で遅れてくることになっていて、パーティー開始前に鈴愛は地方紙の
取材を受けることになっていましたが、何と、その取材は高校の時に鈴愛が
初デートをしたコバヤンこと小林でした。

懐かしい話で盛り上がっている最中に商品名を聞かれた鈴愛。

鈴愛は、晴がそよ風ファンに当たって髪の毛がなびいている様子を見て、商品名を「そよ風ファン」ではなく、「マザー」にしようと急いで律に電話します。

津曲もその名前の方が良いと、急いで商品名の変更をします。

すぐに、ロゴ変更にとりかかる鈴愛を手伝うため、皆はパンフレットやチラシの 作り直しを行いました。

パンフレットやチラシなども変更になりコストはかかりますが、それよりも
商品名はずっと続くものなので、急いで変更にとりかかりました。

そして、変更し終えたときにパーティーがスタート。

鈴愛が乾杯の音頭をとろうとした瞬間に律もそのパーティーへ到着します。

律のグラスにもビールが注がれ律も一緒に乾杯の音頭をとりました。

すると、突然クラッカーが鳴り2人の誕生日祝いということでケーキが、菜生や
ブッチャー達から運ばれてきました。

パーティーは盛り上がり、あっという間に終わります。

鈴愛は、小林の紹介で他の雑誌などの取材もあるため、もうしばらく岐阜に
残ると律に伝え、律はすぐに東京に戻らなければならないと言いました。

そして、律は鈴愛に誕生日プレゼントを渡します。

鈴愛は自分は何も用意していないと律に言うと、律は鈴愛がこっそり隠していた
「律が幸せになりますように」という短冊を出し、もうもらったと話します。

鈴愛が顔を赤らめながら律からのプレゼントを開けると、そのプレゼントの中身は、
傘でした。

高校時代、律に雨の音が聞こえる傘を作ってほしいと鈴愛がリクエストしたことを
律は覚えていて、それを作ってプレゼントしてくれたのです。

鈴愛は、雨の音が聞こえる傘を使うのを楽しみにしていました。

ところが、その日からなかなか雨は降らず、鈴愛が東京に帰る日にようやく、
天気雨が降っていることを晴に教えられ、鈴愛は、花野と一緒に雨の音を
全身で楽しむのでした。

*********************

ここまでが、半分青い 25週のネタバレあらすじでした。

半分青い25週のネタバレあらすじにあるように、そよ風ファンの完成披露会の
ために撮る動画を鈴愛は、涼次に格安で頼みます。

鈴愛や花野との久しぶりの再会、そして律と会った時の涼次はどんな様子なのか
注目したいです。

また、涼次との繋ぎ役として光江も登場するようですが、麦やめありなど三オバが
揃ったシーンもあるのか気になります。

完成披露会が成功し、資金を提供してくれる出資者が集まった直後、東日本大震災が
起きてしまいます。

ユーコがどうして仙台に引っ越すという描写があったのか、ずっと気になって
いましたが、まさか東日本大震災でユーコが亡くなることになるとは思いも
しませんでした。

悲しすぎますね。

かなり久しぶりに秋風も登場するようで、懐かしい気持ちになりますが、
ユーコが携帯電話に遺した最期のメッセージに涙が溢れそうな予感がします。

しかし、そのメッセージのおかげで、鈴愛はユーコの死を乗り越え、仕事に
邁進します。

そよ風ファンの発売記念イベントの七夕の日には、何とこれまた懐かしい小林が
登場するので、どんな人物になっているか楽しみです。

また、律が鈴愛のために作った雨の音が聞こえる傘がどんなものなのか、
早く見たいですね。

半分青いも残り1週。

鈴愛と律のハッピーエンドまであと少し、最後まで見届けたいと思います。

半分青いネタバレ最終回26週ノベライズ小説下より【指輪と三人で暮らす?!

 

▲半分青いの小説「下」 が発売され、最終回26週目までのネタバレが書いてあります。なんとすずめと律は最後は結ばれるのかどうかまで書いてあり、結婚という形にはならなそうな…

でもドラマの方では違う展開もあると北川さんやNHKさんがコメントしてたので私としてはキスまでみてしまっているので、
結婚式までいかなくても結婚の誓いをして最終回と期待してます!最終回と26週の詳しい内容書きたいような書きたくないような↓↓気になりすぎ!

>半分、青い。 下 (文春文庫 )

 

半分青いネタバレ最終回26週ノベライズ小説下より【指輪と三人で暮らす?!

半分青いネタバレの最終回結末いつ【離婚から再婚発明家でキスシーンを!



スポンサーリンク