半分青いあらすじネタバレ20週118話119話120話




スポンサーリンク

 

半分青いあらすじネタバレ20週118話119話120話の内容です。

半分青い20週 118話と119話と120話について簡単にあらすじネタバレします。



スポンサーリンク

仙吉が花野にだけこっそりとつくし食堂2号店の名前を教えてから、仙吉は
眠るように息を引き取りました。

楡野家の面々は、仙吉がつけたつくし食堂2号店の名前を唯一知っている花野から、
どうにか店名を聞き出そうとしますが、花野は仙吉との約束だからと決して
誰にも話そうとしません。

困り果てた鈴愛でしたが、ふと花野が涼次からもらったお気に入りのぬいぐるみである
ココンタを使って店名を聞き出すことを思いついた鈴愛は、律に電話でそのことを
話そうと萩尾家に電話を掛けますが、電話に出たのは思いがけない人物でした。

仙吉とのお別れがついにやって来てしまいました。

五平餅を孫の鈴愛に伝授して、ひ孫の花野につくし食堂2号店の名前をこっそり
教え、あとはつくし食堂2号店の開店を待つばかりでしたが、それを見ずに
亡くなってしまいます。

しかし、花野にだけしか話さなかったつくし食堂2号店の名前は花野は大じいじとの
約束だから内緒だと聞き出すのに鈴愛も楡野家の面々も苦戦してしまうようです。

花野には仙吉が亡くなったから、つくし食堂2号店の名前を代わりに発表しなきゃ!
とはまだ思えませんもんね。

約束だから話さない、口が羽根より軽い鈴愛の娘とは思えません。

では、半分青い20週 118話のあらすじネタバレです。

************************

花野は鈴愛が初めて描いてくれた絵に大喜びして、皆に見てもらおうと、保育園に
行く前に花野は、萩尾家に寄って、朝早くから律を呼び出します。

鈴愛はつくし食堂2号店の看板商品となるために、仙吉から五平餅づくりを懸命に
教えてもらいました。

つくし食堂2号店の開店準備は、不動産主であるブッチャーにも協力してもらいながら、
着実に進んでいきました。

そんなある日。

今までの人生でことごとく、何かに名前をつけることができなかった仙吉が、
つくし食堂2号店の名前のアイデアをこっそり”ここだけの秘密”として、花野に
そっと打ち明け、花野は仙吉のつけたつくし食堂2号店の名前をかっこ良いと
言いました。

一方、鈴愛は自分の作った五平餅を若い草太と健人に食べてもらいました。

すると、2人は五平餅の美味しさを大絶賛してくれたので、五平餅の師匠である
仙吉に味見してもらおうと鈴愛は五平餅を持っていきます。

仙吉の上に重なるように花野が寝ていましたが、その様子が何だか気になり、
鈴愛は声を掛けます。

花野はすぐに目を覚ましますが、仙吉はいくら声を掛けても、目を覚ますことは
ないのでした。

ここまでが118話のネタバレで、

次から119話になります。

**************

仙吉の葬儀が厳かに行われていますが、花野の姿がなく、楡野家の面々は
どこへ行ったのかと心配していると、仙吉の死が理解できない花野は、なんと
仙吉の遺体の中に潜っていました。

喪が明けてから、律と和子がお参りにやって来て、和子は仙吉が鈴愛に五平餅の
作り方を教えてから亡くなったように、自分も何かやってみたいと話しました。

つくし食堂2号店は、ほとんど完成しましたが、店名がまだ決まっていませんでした。

宇太郎は仙吉に名前をつけてほしいと思っていましたが、仙吉は亡くなってしまい、
仙吉がつけたつくし食堂2号店の名前は花野しか知りません。

鈴愛はどうにかして、花野から仙吉がつけま店の名前を聞き出そうとしますが、
花野は仙吉との約束だから内緒だと、決して誰にも仙吉がつけた店の名前を
言おうとはしませんでした。



スポンサーリンク

仙吉はつくし食堂2号店が完成した時に、満を持して明かそうと思っていたようですが、
そんな大人の事情を知らない花野は、鈴愛がどんな手を使っても話そうとしません。

困り果てた鈴愛は、律に電話をして、花野から聞き出してほしいと頼んでいると、
花野が側に来たので、鈴愛が花野に受話器を渡すと律はつくし食堂2号店の名前を
聞き出そうとするのでした。

ここまでが119話のネタバレで、

次から120話になります。

**************

つくし食堂2号店のオープンを間近に控え、仙吉が花野にこっそり教えた
つくし食堂2号店の名前を聞き出そうと、楡野家の面々は、あの手この手を
花野に使いますが、花野は大じいじとの
約束だからと決して話そうとしません。

晴は、仙吉が店の名前を遺言か何かに書き遺しているのではないかと思い、
家中をあちこち探し回りますが、それらしいものを仙吉は遺していませんでした。

楡野家の面々が様々なことを考えても打開策は見つからず、時間だけが過ぎてしまいます。

そんな時、ふと鈴愛は花野がお気に入りの涼次からもらったぬいぐるみである
ココンタを使って、花野から店名を聞き出そうと思いついた鈴愛は、律の家に
電話します。

しかし、その電話に出たのは、思いがけない人物なのでした。

*********************

ここまでが、半分青い20週 118話と119話と120話のあらすじネタバレでした。

あらすじネタバレにあるように、半分青い20週 118話と119話と120話では、
仙吉が鈴愛に五平餅の作り方を伝授して、こっそり花野につくし食堂2号店の
名前を教えてから眠るように息を引き取ります。

仙吉らしい穏やかな亡くなり方でしたね。

しかし、仙吉がつくし食堂2号店の名前を教えたのは花野だけ。

それが鈴愛や楡野家の面々に大変な苦労をかけてしまいます。

鈴愛が思いついたココンタを使って、花野から店名を聞き出す作戦は、
果たしてうまくいくのでしょうか。

そして、鈴愛が律に知らせようと電話をしますが、そこで電話に出たのは、
おそらく律の妻のより子だと考えられます。

鈴愛は、きっと動揺してしまうでしょうね。

より子も鈴愛からの電話を面白く思わないはずですし…。

鈴愛と律のこれからはどうなっていくのでしょうか

 

 

半分青いネタバレ最終回26週ノベライズ小説下より【指輪と三人で暮らす?!



スポンサーリンク