まんぷくキャスト相関図とあらすじ【今井福子家の朝ドラキャスト相関図




スポンサーリンク

まんぷく今井福子家のキャスト相関図一覧とあらすじの内容です。

2018年下半期のNHK朝ドラは「まんぷく」です。



スポンサーリンク

今回は10月から始まる「まんぷく」のヒロインである今井福子家のキャストと
その役柄について紹介したいと思います。あらすじもNHK発表のものをのせているので一部ネタバレになりますのでご注意を!

 

まんぷく主要キャスト一覧

主要キャストですが、ヒロイン・福子を演じるのは安藤サクラさん。 存在感ある演技で数々の賞を受賞している実力のある女優です。 『まんぷく』での演技も期待できます。

今井 福子(安藤サクラ)
( https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/ より引用)

夫・萬平を演じるのは長谷川博己さん。  研究熱心で芝居に対しての熱い思いを持った方だそうです。 朝ドラで破天荒な萬平をどう演じるのか気になります。

福子の姉の長女・咲には内田有紀さん。 次女・克子には松下奈緒さん。 朝ドラのヒロインをまた別の朝ドラで見ることになるとは感慨深いですね。 福子の母・鈴には松下慶子さん。 そのほか周囲を固める役者陣も安定感のある顔ぶれとなっています。

 

まんぷく全体あらすじ 実在モデルより

朝ドラ『まんぷく』は、実在の出来事を元にしたドラマです。 インスタントラーメンの生みの親、安藤百福(ももふく)氏と その妻・仁子(まさこ)をモデルにした夫婦の物語です。 朝ドラでは百福を立花萬平、 仁子を今井福子として物語は出来ました。

まず朝ドラ『まんぷく』のあらすじを紹介します。 母子家庭の三人姉妹の末っ子としてヒロイン・福子は産まれました。 幼い頃に父親がわりの長女・今井咲を亡くしてしまいます。 頼みの綱の次女・克子は嫁に出ており、家計は苦しいものに。 その頃に「自分がしっかりしなければ」と福子は思うようになります。 そんな厳しい少女時代でしたが優しく温かい家族に囲まれ 福子はすくすくと強い女性に成長していきました。

そんな苦しい生活を送る最中に運命の人に福子は出会います。 それが青年実業家の立花萬平でした。 やがて福子と萬平の二人は恋に落ち、結婚。 しかし様々な事業を手がけていた萬平ですが成功するのは稀で、 ほとんど失敗という厳しい成果しか挙げられていませんでした。 そんな浮き沈みの激しい生活を送らざるを得なかった二人ですが、 福子は萬平を支え、商売を成功させることを目指していました。

しかし結婚後も暮らしぶりの変わらない萬平に不満を持つ者が。 それは昔気質の女性である福子の母でした。 穏やかな普通の暮らしには興味のない萬平。

そんな萬平との夫婦生活に文句をつけてくる母。 二人の間で板挟みになる福子の心労はかなりのものだったでしょう。 そんな風に福子の苦しい生活は結婚してからも続いていきます。 福子は家事や育児に追われる日々を過ごす中で、 ある技術をを身に付けることになりました。

それは究極のマネジメント能力です。 苦しい生活で鍛えられたマネジメント能力を活かし、 福子は萬平の事業と夢をしっかりと支える強い女性に成長します。 そんな中またしても事業に大失敗、 萬平は何もかもを失ってしまいました。

失意の萬平を立ち上がらせたのは福子の鍛え抜かれた究極のマネジメント能力でした。 福子から叱咤激励された萬平は再起をかけ即席麺の開発を始めます。 日夜研究に取り組む中、ついに究極の発明をするのです。 そう、世界初となるインスタントラーメンが誕生しました。

今も人々の生活に欠かせない3分でできるカップラーメンの誕生には 苦楽を共にした夫婦二人の汗と涙の物語があったのですね。

今回の朝ドラでは陰ながら支えた妻である 福子にスポットライトを当てています。 前作の『半分青い』とは違ったタイプのヒロインですが 今作も見応えがありそうで楽しみですね。

朝ドラ「まんぷく」のヒロインである今井福子家のキャスト相関図一覧

10月から始まる朝ドラ「まんぷく」のヒロインである今井福子家のキャスト相関図とその役柄についての紹介です。

************************

画像検索結果

( https://myfavoritetopics.net/archives/2953より引用)
【母】今井鈴(いまいすず)
松坂慶子(まつざかけいこ)

今井鈴は、咲・克子・福子の三姉妹の母で、感情の起伏が激しく、気位が高い
人物です。

武士の末裔であることを誇りとしていて、夫に先立たれて暮らしが傾いてからも、
品格を大事にしながら娘達を育ててきました。

非常に心配性な性格をしていて、娘達の考えや行動にとにかく口をはさみ、
壁となって立ちふさがることもしばしばあります。

戦争をきっかけに福子や萬平と一緒に暮らすようになりますが、浮き沈みの激しい
萬平の事業に不平をこぼしてばかりいるようです。

しかし萬平は、そんな鈴の不満を意に介さず突き進むので、2人の間で立ち回る
福子の奮闘ぶりが「まんぷく」のみどころの一つとなっています。

画像検索結果

( https://anincline.com/uchida-yuki/より引用)
【長女】今井咲(いまいさき)
内田有紀(うちだゆき)
NHKの朝ドラ初出演

今井咲は、福子と克子の姉で、早くに亡くなった父の代わりに、貴金属店で
働き今井家を支えてきました。

末の妹である福子の就職が決まり、婚約していた小野塚真一と結婚することを
決めます。

咲は非常に優しい性格で、優しさのあまり自分の幸せを後回しにし過ぎる
傾向があるので、周囲を心配させることもあるようです。

結婚後は真一と幸せな生活を送っていましたが、身体の調子を崩してしまい、
床に伏せってしまうようになってしまいます…。

関連画像
(http://www.matsushita-nao.com/より引用)
【次女】今井克子(いまいかつこ)
松下奈緒(まつしたなお)

今井克子は、福子の姉で咲の妹です。

画家の忠彦と恋に落ち、周りの反対を押し切って結婚。

生活は楽ではありませんが、四人の子どもに恵まれ、愛する夫と幸せな生活を
送っています。

克子は、奔放な性格ですが、姉として何かと妹の福子のことを気にかけていて、
心配性の母である鈴の言動に悩まされる福子の相談相手となります。

福子の代わりに言いにくいこともはっきり言うため、鈴と言い争いになることも
よくあるようです。

物語の始まりから終盤まで、福子達夫婦と家族ぐるみで支え合いながら暮らしていく
気風の良い姉です。

 

画像検索結果
( https://www.cinematoday.jp/news/N0098062.amp.htmlより引用)
【主人公】今井福子(いまいふくこ)
安藤サクラ(あんどうさくら)

本作「まんぷく」のヒロインで大阪出身。

3人姉妹の末っ子となっていて、貧しいながらも愛情をたくさん受けて、
おおらかに育ちます。

生まれつき楽天的な性格をしていて食べることが大好きな人物です。

父を早くに亡くしたため、貴金属店で働いて女学校に出してくれた長女の咲の
代わりに家計を支えようと、女学校卒業後にはホテルの電話交換手として働き始めます。

そんな中、あるできごとをきっかけに未来の夫となる萬平と出会います。

やがて2人は結婚することになりますが、枠にとらわれない発想で事業を
進める萬平に、福子は振り回されっぱなしになってしまいます。

初めは耐えるだけの福子でしたが、やがて夫を支え、背中を押し、引っ張って
いく強い女性へと成長していくようです。

関連画像
( http://hirata-office.jp/talent_profile/entertainment/hiroki_hasegawa.htmlより引用)
【福子の夫】立花萬平(たちばなまんぺい)
長谷川博己(はせがわひろき)
NHKの朝ドラ初出演

本作「まんぷく」のヒロインである福子と結婚する青年。

萬平は両親を早くに亡くし、各地を転々としながら成長してきました。

幼い頃から発想力と行動力に富み、25歳の時に会社を設立して事業を興します。

そんな中、ある出来事をきっかけに、萬平は福子と運命的な出会いを果たし、
2人は結婚することになります。

戦争を乗り越え、製塩や栄養食品の開発、さらには金融業など、様々な事業を
行っていきますが、その度にトラブルに見舞われ、頓挫を繰り返してしまいます。

それでも決して諦めない萬平は、全財産を失った47歳の春。

再び新たな事業を興そうと立ち上がりますが、それは世界の食文化に革命を
起こす大発明へとなるのでした。

画像検索結果
(http://artist.amuse.co.jp/artist/otani_ryohei/より引用)
【咲の婚約者】小野塚真一(おのづかしんいち)
大谷亮平(おおたにりょうへい)
NHKの朝ドラ初出演

今井家の長女である咲の婚約者。

真一は口数が少なく落ち着いた性格をしています。

大手企業に勤めているため、収入が安定しているというところを、咲の母である
鈴にとても気に入られています。

真一は器の大きな人物で、咲との結婚に関しての騒動が持ち上がっても、
泰然と受け入れます。

福子も、頼り甲斐のある優しい「お義兄さん」ができたことを何よりも喜びます。

真一は、口数は少ないながらも、重みのある言葉で福子を元気付けたりも
するようです。

しかし、太平洋戦争の終盤、外地へと出征することになってしまいます…。

画像検索結果
( https://mobile.twitter.com/kanamescafeより引用)
【克子の夫】香田忠彦(こうだただひこ)
要潤(かなめじゅん)

克子の夫であり、画家で穏やかな性格をしていますが、「画商から依頼される
ような商売用の絵は描かない」という芸術への強いこだわりを持っている人物です。

鳥を描くのが好きで、それが高じて自宅に大きな鳥小屋を作り、そこで鳥を
何羽も飼っています。

忠彦は普段からあまり感情を表に出さないタイプですが、心の中では妻の克子や
4人の子ども達、そして福子達家族への深い愛情を秘めているようです。

太平洋戦争が激化してくると、徴兵され戦地へと赴くことになってしまいます…。

関連画像
(https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E4%BA%95%E3%82%86%E3%81%8D%E3%81%AEより引用)
【福子の姪】香田タカ(こうだたか)
岸井ゆきの(きしいゆきの)
NHKの朝ドラ初出演

香田家の4人兄弟の長女で、福子の姪。

画家の父である忠彦が描く絵が大好きで、芸術家の父を尊敬しています。

妹や弟たちの面倒もよく見る家族思いの頑張り屋な人物です。

萬平が泉大津で製塩所を開くことになり、福子に頼まれて、週末だけ家事の
手伝いをすることになります。

タカはしっかり者で愛嬌もあり、従業員達の癒やしの存在となるようです。

*********************

ここまでが、 10月から始まる朝ドラ「まんぷく」のヒロインである今井福子家のキャスト相関図と
その役柄についての紹介でした。

10月から始まる次回作の朝ドラ「まんぷく」。

ヒロインを演じる安藤サクラさんを筆頭に、今井福子家のキャストは、個性的で、
豪華な俳優・女優陣が集められていますね。

私は安藤サクラさんの演技は、2016年に放送された「ゆとりですがなにか」しか
見たことがありませんが、その時の演技は強烈で忘れられません。

安藤サクラさんは、カンヌ国際映画祭の最高賞であるパルムドールを受賞した
「万引き家族」で今年、一躍有名になった女優でもありますが、朝ドラ「まんぷく」で
また有名になるのでないでしょうか。

様々な役をこなす長谷川博己さんが夫ということで、2人はどんな夫婦となって
いくのか、とても楽しみですね。

最近は若手女優がヒロインに採用されることが多かった朝ドラですが、安藤
サクラさんは、32歳であり結婚もされて
お子さんもいるママヒロイン。



スポンサーリンク

落ち着きのある演技がみどころの1つとなりそうですね。

そして、2010年に放送されたNHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」を彷彿とさせる
松坂慶子さんと松下奈緒さんの共演。

今回は親子という関係ですが、見ていて懐かしさを感じそうです。

半分青いがとても面白かったので、終わってしまうのが寂しいですが、10月から
始まる「まんぷく」にも期待したいと思います。

 

まんぷく福子に関わってくる人キャスト相関図

 

2018年下半期のNHK朝ドラは「まんぷく」です。

今回は10月から始まる「まんぷく」のヒロインである今井福子に関わってくる人物のキャストとその役柄について紹介したいと思います。

では、10月から始まる朝ドラ「まんぷく」のヒロインである今井福子に関わってくる人のキャストと
その役柄についての紹介です。

************************


( https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/ より引用)
【仲良し三人娘】鹿野敏子(かのとしこ)
松井玲奈(まついれな)

敏子は福子の女学校時代の親友で、卒業後は薬科専門学校に通っていて、
親友の福子とハナと頻繁に会っては、互いの悩みを相談し合っています。

屋台のラーメンが大好きで、福子に初めてラーメンを食べさせるようです。

戦時中に呉服屋と結婚し、池田で福子と再会します。

https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/img/cast_img_hana.jpg池上 ハナ(呉城 久美)
( https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/ より引用)
【仲良し三人娘】池上ハナ(いけがみはな)
呉城久美(くれしろくみ)

久美も福子の女学校時代の親友で、卒業後はタイピスト学校に通っていて、
親友である福子と敏子と頻繁に会っては、互いの悩みを相談し合っています。

久美もまた、屋台のラーメンが大好きで、福子に初めてラーメンを食べさせる
ようです。

戦時中に泉大津の地主と結婚し、資金繰りに駆け回る福子の助けとなります。

https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/img/cast_img_megumi.jpg保科 恵(橋本 マナミ)
( https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/ より引用)
【福子の先輩】保科恵(ほしなめぐみ)
橋本マナミ(はしもとまなみ)

恵は福子が働くホテルの先輩でフロント係。

福子をフロント係に推薦したことがきっかけで、福子の良き友人となります。

美人で華があり、男性からモテそうに見られますが、実は1度も交際経験が
ないのが悩みです。

そんな時、突然のモテ期が訪れ、複数の男性から交際を迫られる事態になり、
思いもしなかった状況に困惑した恵は、福子に相談するようですが…。野呂 幸吉(藤山 扇治郎)

https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/img/cast_img_koukichi.jpg
( https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/ より引用)
【福子の同僚】野呂幸吉(のろこうきち)
藤山扇治郎(ふじやませんじろう)

幸吉は、福子が働くホテルの厨房で働く料理人です。

福子に恋心を抱いていて、働き始めてから3年間、アプローチのつもりで厨房の缶詰を渡し続けましたが、野呂の気持ちは福子には全然伝わっておらず、
失恋してしまいます。

不器用な性格で愛情表現は苦手ですが、思いやりのある青年となっています。

その後、新たな恋の相手を見つけ、猛烈なアピールを始めるようですが…。

https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/img/cast_img_zennosuke.jpg牧 善之介(浜野 謙太)
( https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/ より引用)
【歯医者】牧善之介(まきぜんのすけ)
浜野謙太(はまのけんた)

善之助はお金持ちの歯医者で、福子の長姉である咲にずっと恋心を抱いています。

交際を申し込んだこともありましたが、背が低いことを理由に咲の母である
鈴から断られてしまいました。

相棒は白馬の”蘭丸”で、どこにいくにも蘭丸に乗って移動をします。

その後、福子が働くホテルで、運命的な出会いを果たすようです。

*********************

ここまでが、 10月から始まる朝ドラ「まんぷく」のヒロインである今井福子に
関わってくる人のキャストとその役柄についての紹介でした。

「まんぷく」のヒロインである今井福子に関わってくる人では、鹿野敏子と
池上ハナという仲の良い友人がいるようですが、演じるのは松井玲奈さん(27歳)と
呉城久美さん(31歳)です。

ヒロインの安藤サクラさんは、32歳なので、呉城久美さんとは友人に見えそう
ですが、5歳も年が離れていて、さらに童顔でもある松井玲奈さんと同級生役に
見えるのか、非常に気になりますね。

呉城久美さんは、「べっぴんさん」や「ひよっこ」にも出演経験が
あるようですが、私はあまり覚えていないので、どんな演技をされる方なのか
注目したいです。

そして、藤山扇治郎さんも私は知らないので、藤山さんの演技も楽しみです。

浜野謙太さんは「とと姉ちゃん」以来の朝ドラ出演となるようで、「とと姉ちゃん」で
その演技に注目を集め、今では様々なドラマに出演するようになった浜野さんが、
次はどんな演技を見せてくれるのか、期待しながら見たいと思います。

 

 

朝ドラ「まんぷく」の萬平に関わってくるキャスト紹介

▼萬平に関わってくる人の内容です。

2018年下半期のNHK朝ドラは「まんぷく」です。

今回は10月から始まる「まんぷく」のヒロインである今井福子の夫である萬平に
関わってくる人物とその役柄について紹介したいと思います。

では、10月から始まる朝ドラ「まんぷく」に登場する萬平に関わってくる人物の
キャストとその役柄についての紹介です。

************************

世良 勝夫(桐谷 健太)https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/img/cast_img_katsuo.jpg
( https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/ より引用)
【商社経営】世良勝夫(せらかつお)
桐谷健太(きりたにけんた)

世良は個人で商社を経営している人物で、上昇志向が強く、自信家で押しが
強い性格をしています。

元は幻灯機を作る技術屋でしたが、福子の夫である萬平の優れた技術と才能に
圧倒され、「作る方」から「売る方」に転身し、販売の道を突き進んでいきます。

常に損得勘定で行動し、親しくないにも関わらず、萬平を「親友」と呼んだり
しますが、自分にとって得にならないと分かると、あっさり見捨てたりする
こともあるようです。

要領が良く、状況を判断する力に長けたたくましい男性。

https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/img/cast_img_shigeru.jpg
( https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/ より引用)
【萬平のパートナー】神部茂(かんべしげる)
瀬戸康史(せとこうじ)

神部は、戦争で家も母も失い、天涯孤独となった青年。

復員後、仕事もなく金も尽きてしまってヤケになって盗みに入った家で、福子と
萬平に出会います。

事情を聞いて許してくれた福子達に感謝し、恩返しをしようと今井家に押しかける
ようにして一緒に住み始めます。

少しとぼけた性格をしていますが、実は名門大学を卒業した秀才で、萬平を慕い、
従業員をまとめるリーダーとなり、萬平の事業を支えるため尽力する人物です。

 

加地谷 圭介(片岡 愛之助)

( https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/ より引用)
【共同経営者】加地谷圭介(かじやけいすけ)
片岡愛之助(かたおかあいのすけ)

加地谷は、営業担当として、萬平と会社を共同経営しています。

どこか気取った雰囲気があり、「世の中の役に立つ仕事をしたい」と理想に燃える
萬平を冷ややかに見ている人物です。

会社の共同経営者でありながら、萬平に対して上から目線で指図することも。

そんな中、軍に気に入られようと、戦争に使う新型兵器を作るように萬平に
指示するようですが…。

https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/img/cast_img_kosuke.jpg
( https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/ より引用)
【従業員】岡幸助(おかこうすけ)
中尾明慶(なかおあきよし)

岡は、萬平が後に開く製塩会社で働く従業員で、出征前は乾物屋で奉公を
していましたが、空襲で店が燃え、路頭に迷っていたところ、製塩所の人手を
集めていた神部から声を掛けられます。

真面目な性格ではあるものの、自尊心が高く、血の気が多いため、同僚と
ぶつかることもしばしばあります。

時に騒ぎを起こして会社に迷惑をかけることもあるようです。

https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/img/cast_img_ryozo.jpg
( https://www.nhk.or.jp/mampuku/cast/ より引用)
【大阪経済界重鎮】三田村亮蔵(みたむらりょうぞう)
橋爪功(はしづめいさお)

三田村は、阪商工会の会長で実業界の大物。

面倒見がよく、人望が厚い人物であり、大阪の経済を支える立役者です。

誰もが一目置く大人物でありながらも、性格は温厚で、困っている人を
見ると放っておけず、ついつい情にほだされてしまう一面があります。

ある出来事をきっかけに福子と知り合い、萬平の危機を救うため、一肌脱いで
くれることになるようです。

*********************

ここまでが、 10月から始まる朝ドラ「まんぷく」に登場する萬平に関わってくる人物の
キャストとその役柄についての紹介でした。

長谷川博己さん演じる萬平に関わってくる人物を演じるのは、すでに有名な
俳優さんばかりですね。

桐谷健太さんや瀬戸康史さん、中尾明慶さんはタイプの違う俳優なので、
視聴者の女性はお気に入りのキャラができそうですね。

桐谷健太さんは、最近、auのCMの浦ちゃんのイメージが強いですが、
「まんぷく」でもクセのありそうなキャラクターなので、浦ちゃんとはまた違う
一面が見れると思うとワクワクします。

瀬戸康史さんは私がこの中でも1番好きな俳優なので、少しでも活躍してくれたら
嬉しいです。

中尾明慶さんのキャラクターは、真面目だけど喧嘩っ早いとのことで、2008年に
放送されて大ヒットとなったた「ROOKIES」で中尾さんが演じたキャラクターと
重なるところがありそうですが、今の中尾明慶さんはどんな風に岡幸助を演じるのか
注目したいですね。

そして、片岡愛之助さんや橋爪功さんという重鎮も登場するので、2人の独特な
深みのある演技に安藤サクラさんや長谷川博己さんを始め、若手の俳優達が
どの様に2人の演技に返していくのかも見応えがある要素となりそうですね。

半分青いが終わってしまうのは寂しいですが、新しい「まんぷく」が始まるのも
待ち遠しいです。

 

まんぷくナレーションは最年少 芦田愛菜さん

そしてナレーションを担当するのは女優の芦田愛菜さん。 朝ドラ全編を通したナレーションでは最年少の14歳です。 女優業だけでなくナレーションでの活躍にも 意欲を示しているようでいつまでも目が離せませんね。芦田 愛菜

『まんぷく』はナレーションにも期待が高まります。 元になった実話の安藤百福さんはよくテレビや雑誌でも取り上げられており、 児童向けの伝記も出版されているようです。 カップラーメンの生みの親、安藤百福という 激動の時代の偉人を支えた妻・安藤仁子の物語を 平成の終わりに観て、時代の移り変わりを感られそうですね。



スポンサーリンク