半分青いあらすじネタバレ24週142話143話144話晴ガン手術成功!生存あと5年




スポンサーリンク

半分青いあらすじネタバレ24週142話143話144話の内容です。

半分青い24週 142話と143話と144話について簡単にあらすじネタバレします。



スポンサーリンク

晴の病室で律が言った”鈴愛と会社を立ち上げた”という言葉。

その後、実際に律は鈴愛を誘い2人の会社「スパロウリズム」を立ち上げます。

それから2人は東京に戻り、そよ風扇風機の開発を続けますが、なかなか良い
アイデアが浮かばないままでした。

晴の手術は成功しましたが、医師からは癌が進行しており、晴の5年生存率が
50%という診断結果を言い渡されてしまいます。

心配した鈴愛が花野を連れて再び岐阜に戻ると、晴は歩けるくらいに回復したし、
毎日が幸せと話します。

そんな中、晴が押し入れから取り出した昔懐かしいゾートロープをしまおうと
押し入れに入った鈴愛はそこであるものを見つけ、かつて100円ショップ大納言で
働いていた時に店長の田辺から言われたそよ風扇風機を作るヒントとなる
ある言葉を思い出すのでした。

律の命名した「スパロウリズム」という会社名。

とても素敵な名前ですね。

「株式会社ふぎょぎょ」とは、鈴愛には失礼ですが大違い。

律と鈴愛は、結婚こそ現在まではしていないものの、小さい頃からのパートナー。

ようやく2人が一緒にものづくりを始めてくれますね。

しかし、最終回まであと2週間しかありません。

最後まで話は盛り込めるのでしょうか。

では、半分青い24週 142話のあらすじネタバレです。

************************

晴の病室で律がとっさに口にした”鈴愛と一緒に会社を立ち上げた”という言葉は、
晴をすっかり安心させました。

それを聞いた鈴愛は、本当にそれで良いのかと律に尋ねると、律は一緒に
やらないか?と返してくれたので、鈴愛は律と一緒なら楽しいとすぐに承諾。

その後、晴の手術は無事に成功し、鈴愛は宇太郎達に見送られ、東京へと戻ります。

その頃の東京では、離れて暮らしている息子の修次郎が津曲のことを訪ねて
やって来ます。

津曲は、修次郎に会社が倒産したことを伝えておらず、カフェでラーメンを作って
いると言い出せないまま、どうにか会話を成立させようと頑張りますが、修次郎との
会話はなかなか弾みませんでした。

一方、岐阜から東京に戻ってきた鈴愛と律は、来る日も来る日もそよ風扇風機の
ことばかり考えていましたが、なかなか良いアイデアが浮かんでこないのでした。

ここまでが142話のネタバレで、

次から143話になります。

**************

晴の手術は成功したものの、医師からは癌が進行しており、晴の5年生存率が
50%という診断結果を言い渡されてしまいます。

晴のことを心配した鈴愛は、花野を連れてまた岐阜に帰りました。

晴は医師の診断結果に腹を立てるわけでもなく、落ち着いた様子で、手術は
怖かったが、歩けるくらいまで回復したから毎日が幸せで仕方がないと話します。

一方、東京のシェアオフィスのカフェで扇風機の改良に余念がない律は、不眠不休で
改良を重ねているものの、なかなか良いアイデアが浮かばず、パソコンと
にらみ合いをしている状態のようです。

そんな律に、津曲がコーヒーを淹れて大丈夫かと尋ねると、律は自分の開発している
扇風機について語り始めます。

律の状況はわかったが、少しは休んだ方が良いと津曲は律に言うのでした。

ここまでが143話のネタバレで、

次から144話になります。

**************

晴は医師から手術後に5年生存率が50%という話を聞いた時、左耳が
聞こえなくなった鈴愛が、心配している晴のために律と作ってくれたゾートロープを
思い出し、押し入れから取り出しました。

そして、晴は懐かしそうにその頃の鈴愛の思い出話をし、どんなことがあっても、
それが自分の人生なのだと続けました。

鈴愛はゾートロープを押し入れにしまおうとすると、押し入れであるものを
見つけました。

そのあるものから、昔、100円ショップ大納言で働いていた時、店長の田辺が
話していた、扇風機の壁に当てると風がやわらぐと言って、扇風機の向きをあえて
壁側に向けていたことを鈴愛は思い出しました。



スポンサーリンク

そして、すぐに鈴愛は東京で実験を繰り返している律に電話を掛けて、このことを
話しました。

律は鈴愛の言うように改良してみると、風の感触がそよ風に近い感じに
なることを実感し、その風の計測を始めました。

その時、事務所の扉をノックする音が聞こえたので、律は扉を開けると、そこには
懐かしい人物が立っているのでした。

*********************

ここまでが、半分青い24週 142話と143話と144話のあらすじネタバレでした。

あらすじネタバレにあるように、半分青い24週 142話と143話と144話では、

晴の病室で言った言葉により、律は鈴愛と一緒に会社をやっていくことになります。

しかし、晴に言ったから仕方なくというよりは、律は心のどこかで最初から鈴愛と
やっていこうと思っていたのかもしれませんね。

そして、そよ風扇風機の開発について、100円ショップ大納言で店長の田辺が
言っていたことが、ここでヒントになります。

何気ない会話の中で、得たヒント。

鈴愛の人生に無駄なことは、何もないようですね。

一方、気がかりなのは晴の生存率。

5年生存率が50%というのには驚きでした。

しかし、晴はそのことを聞いてもしあわせ病と言って、笑顔でいます。

晴は病を受容とまではいかないかもしれませんが、ある程度受け入れているの
かもしれません。

しかし、この姿を見ていると、私たちは涙が出てきてしまいそうですね。

半分青いも144話の放送が終われば残すところあと2週間。

これからの展開でわかっているのは、東日本大震災が物語の中で描かれるという
ことです。

あと2週間でどこまで展開が用意されているかわかりませんが、もしかしたら
半分青いのノベライズ同様、鈴愛と律の
関係がはっきりしないまま、終わってしまう可能性も出てきました。

2人の関係を放送の中で決着させてくれたらと願ってやみません。

半分青いネタバレあらすじ25週【涼次と再会やり直す?ユーコの死!

次回作まんぷくもお届けしていきます↓

まんぷくキャスト相関図とあらすじ【今井福子家の朝ドラキャスト相関図

まんぷくあらすじネタバレ1−13週14週−最終回まで

 



スポンサーリンク