まんぷくネタバレキャスト愛之助−加地谷の実在モデルとは裏切りの人!




スポンサーリンク

〈まんぷくネタバレキャスト片岡 愛之助さん演じる加地谷圭介について〉

萬平と共同経営者の加地谷圭介は、残っている資料には情報が少ないです。
しかし残っている資料には安藤百福さんが憲兵に逮捕された事実もあります。
また安藤百福さんには共同経営者がいたのも資料には残っています。



スポンサーリンク

どうやら加地谷圭介の実在モデルは、実在していたようです。
残念ながら加地谷圭介の実在モデルの資料は、少なく名前は不明です。ただMのつく苗字か名前の可能性が高いと言う事は、わかっています。NHK朝ドラマ「まんぷく」は、現在残っている資料を再現しています。だとすると加地谷圭介は、お金にかなり執着心が強い人物です。

お金の為には手段選ばずの人物と思えます。
朝ドラマでは片岡愛之助さんは、かなりの意地悪な加地谷圭介を演じています。その意地悪振りをお話したいと思います。

〈まんぷくネタバレキャスト愛之助の実在モデル加地谷圭介に関して〉

萬平は、技術者としては優れていますが性格的に社交が苦手でした。萬平は、職人タイプのおとなしい男性でした。
折角良い技術の商品を開発しても販売が苦手で営業や経営等は、苦手な萬平でした。加地谷が現れて萬平と共同経営をするようになりました。社交的な性格の加地谷が営業を担当しました。営業が苦手な萬平にとって加地谷の存在は有難かったです。

2人の会社の共同経営は、軌道に乗りました。肩書きでは加地谷が社長でした。
しかし会社の業績は、萬平の開発した商品のお蔭でした。萬平の開発力のお蔭で会社は、成長しました。どちらか言えば加地谷より萬平のお手柄で会社があるような感じです。しかし謙虚な萬平は、加地谷を尊敬していました。

しかし加地谷は、自分が社長だと威張り出します。萬平に対して社長である自分の言うことが絶対正しいと傲慢になりました。
ビジネスの考え方も萬平や加地谷では全く異なりました。萬平は、世の中の役に立つような物を作りたいと思っていました。加地谷は、利益をばかり追求しました。
時は、太平洋戦争の最中でした。加地谷は、欲に走り戦争に使う新型兵器を作るように萬平に言いました。

太平洋戦争は、激しくなって来ました。
資材は、政府から支給されました。政府から支給されていますので納入数も政府が管理しています。

軍事用品ですので資材の紛失や数が合わないと大変な事になります。政府から支給される資材の管理には細心の注意を払いました。
福子との関係は、福子の姉の咲が結核になり亡くなるまで萬平とは疎遠になっていました。

咲が亡くなりやっと会えるようになったある日、福子が萬平の会社を訪ねました。
久し振りに会えたと言うのに福子の目の前で突然萬平が憲兵達に逮捕されました。容疑は、「軍需物資横領」でした。前から萬平は、資材の数が合わないと不審に思い憲兵に相談していました。萬平には身に覚えがないのに自分が突然逮捕されるなんて何の事かわかりませんでした。

萬平は、憲兵達に殴られて連行されていました。
萬平は、毎日自白しろと憲兵に言われて連日暴行を受けてひどい目に遭いました。
しかし萬平の逮捕に共同経営者なのに加地谷は、冷たい態度でした。
萬平が連行された後に福子は、理創工作社に電話をして加地谷から事情を聞きました。

福子は、加地谷から「軍の統制品であるジュラルミンが大阪港の倉庫に隠されているのが見つかり、捕まった闇業者が萬平から買い取ったと証言した」と聞きました。
確かにジュラルミンは、理創工作社が軍に納める「根菜切断機」の材料でした。もし萬平が横流ししたとなれば重罪でした。

福子にはこの話が信じられませんでした。萬平がそんなことをするなんてと信じられませんでした。しかも闇業者は、自殺して真相が闇に包まれていました。加地谷は、一方的に萬平が金目当てでやっただろうと決めつけていました。

しかし加治谷が憲兵と萬平を犯人に仕立てあげていました。加地谷は、憲兵と一緒に食事をしている時に世良が後ろで偶然食事をしていました。その時に世良は、耳を疑う事を聞いてしまいました。その内容は、加地谷の口から憲兵に「人を殺す道具を作ったら大きくお金儲けできた。しかし萬平が強く拒否したから大きくお金儲けができなかった。だから憲兵に逮捕されるようにした。」と言ったのでした。

福子は、何が何でも萬平を助けたいと必死でした。
まず世良に頼みましたが断られました。
商工会の三田村会長にも福子は萬平を助けて欲しいとお願いをしました。その時に偶然にも世良も三田村会長を訪ねて来ました。福子が三田村会長に萬平を助けて欲しいとお願いをしているのを見て世良は、「僕が憲兵と交渉します。」と言いました。



スポンサーリンク

世良は、福子が一度お願いした時には断り三田村会長の前なら「僕が助けます。」と言うなんて世良もかなりの曲者です。商工会の三田村会長と世良が元陸軍大将に萬平を助けてもらうようにお願いをしました。世良は、萬平の部下の竹ノ原から、ジュラルミンの横流しを行ったのは加地谷圭介の可能性が高いと聞いた証言も元陸軍大将に話ました。

萬平は、濡れ衣を着せられて本当の犯人は加地谷圭介である事も話しました。その甲斐があり萬平は、釈放されました。憲兵は、加地谷圭介が真犯人とわかると加地谷圭介を探し始めました。しかし加地谷は、今度は自分が憲兵に追われると知ると行方をくらましました。

 

〈まんぷくネタバレキャスト愛之助に対しての感想〉

藤原紀香さんのご主人の片岡愛之助さんが加地谷圭介を演じる点でも注目されています。名前等の詳細は、不明ですが加地谷圭介の実在モデルは実在していたようです。

加地谷は、お金儲けしか考えない人だったようです。世良商事の世良とは、ライバルでした。加地谷は、世良を一方的に嫌っていました。萬平と共同経営をしていた理創工作社は、大和精機と言う軍事工場がモデルです。

理創工作社のモデルの大和精機は、川西航空機の下請けで軍用エンジンの部品を作っていました。

世良商事は、商社でした。
世良商事のモデルは、三菱商事、伊藤忠商事、東京食品のいずれかです。加地谷は、有名商社の社長の世良をライバル視するぐらい肩を並べるぐらいの実力があったと思います。加地谷は、相当な営業上手なやり手の人物と思われます。

加地谷は、お金に執着心強く自分が儲ける為には人を殺す機械を作りたかったのでした。萬平は、世の中に役立つ仕事をするのが理想でした。大和精機は、根菜裁断機が代表的な商品でした。戦争が激しくなるにつれて軍事系しか商売にはなりませんでした。

萬平は、世の中の役に立つ仕事をしたいと言う理想が有ったので内心戦争関連の軍事用エンジンの部品を作るのにも抵抗があったと思います。当時の日本では憲兵に逮捕されたら世間から白い目で見られました。福子の母親の鈴も萬平の事を憲兵に逮捕された人だからと福子との交際すら大反対でした。

それでも福子は、萬平を信じて商工会の三田村会長に萬平を助けて欲しいと直談判したなんて本当に愛の力は、凄いと思います。

また偶然にも福子が商工会の三田村会長に萬平を助けて欲しいと直談判している時に世良が現れたのも単なる偶然と言うより運命的な物を感じます。商工会の三田村会長に良い顔をしたい面子からにしても世良が憲兵との交渉役を引き受けたのも単なる偶然ではないように思えます。

加地谷圭介は、手段選ばす主義でお金の勘定しか見えない人間だったみたいです。
いつの時代も悪い事をしてもバレルと言う事を加地谷圭介が物語っていると思います。

 

まんぷくモデル福子のモデル安藤仁子さん!夫の百福と台湾妾に3人子供が!



スポンサーリンク