あさが来たネタバレあらすじ1週【あさ初恋・新次郎のプロポーズ




スポンサーリンク

あさが来た 1週目のネタバレになります。

ノベライズを読んでみての感想も含めてファンブログになってます。
ネタバレにもなるかもしれないので読む方はご注意を!



スポンサーリンク

1週目では、あさが初恋をし、新次郎さんがプロポーズを
さらっといいます。でもこの展開にドキドキしてしまいました!

玉木さんが朝からこんなシーンを作ってくれたら朝から元気がでそうですね

あさが来た ネタバレあらすじの1週

1901年 の4月に この春に東京都の目白に開校したばかりの
初の女子大学「日の出女子大学校」の創立に尽力してきた白岡あさは
感激の思いで祝辞でのべてます。

入学式に並んでいる学生は口々に
「あの方が女性としてはじめて大学をつくられた人なんですね」

このシーンからあさが来た1週目初日ははじまるようです。

そしてだいぶ前の幕末にもどります。
1849年に京都一と言われている両替屋(のちの銀行となるものです。)
今井家の次女として主人公あさは生を受けます。
男子との相撲が好きだったり、木にのぼったり
男子では学問や商人に必要なそろばんをならいますが、
この時代では女子はそれらは必要なく、女子としての裁縫や家事、
お稽古ごとを優先して習わせます。

しかし、あさが女の子だからそのようなことをしなくてはいけないと
言われ、いつも「何でですの?」と問い聞き返します。

反対に姉のはつはお琴や裁縫など得意で女性らしく、
静かであさとはまるで対照的な性格に育っていきました。

二人の姉妹は仲が良く、大阪へ嫁ぐ前に顔をだした夜も
二人で並んで寝て、お互いのことを思いやったり、これからの不安を
泣きながらも慰め合っていました。

はつは眉山家へ、あさは白岡家へ嫁ぐと決まっていましたが、
実ははじめは反対に嫁ぐ予定だったのです。

あさの性格をみた眉山家の姑さんは大事な跡取り息子への嫁は
はつの方が良いと白岡家に提案していたのでした。

白岡家の旦那さんも反対してましたが、
新次郎の一言で納得し、いまの嫁ぎ先が決まったのでした。

眉山家の惣兵衛(はつの未来の旦那さま)は気難しそうな方で
貧乏ゆすりがくせで、無愛想ではつは
嫁ぐ前に悩みます。しかし、自分たちの将来は決まってしまってると複雑な思いです。
はつはそのことは妹のあさにだけ話し、両親には言わず心にしまっておきます。



スポンサーリンク

一方あさの未来の旦那様の新次郎は一見おちゃらけなようで気遣いでできる方でした。

急にあいさつだけでふらっと芸をみてくると自分だけでていってしまったと思ったら、
急にあさの家に訪問し、この前のお詫びと赤いそろばんをあげたりします。

そろばんはあさが興味をもって、しかし普通に使うのでなく楽器のようにならして
踊っているのを新次郎は以前に偶然にみてしまったのでした。

でもその姿を覚えていて、「よく考えてそれでも嫁入りしたかったら
仲よくしようね」とあさの気持ちも考えての言葉も投げかけます。

はじめは戸惑いながらもそんな新次郎の言動に少し心が和らぎ、
嫁いりへの不安が和らいでいくのでした。

************************
あさが来た あらすじネタバレの1週はここまでです。

 



スポンサーリンク